【内窓キャンペーン】「昭和の家」が今危ない!!全体の76%が断熱が不十分な家でした。

人生100年時代長生きする家

今回は高齢者にオススメするリフォーム&リノベーションの紹介です。

9月16日は敬老の日ですね。日頃の感謝の気持ちを込めて、ご両親や祖父母に内窓+断熱リフォームをプレゼントされてはいかがでしょうか。

「昭和の家」が今危ない !

グラフ断熱性能の現状

日本の住宅の断熱性能の現状は、国交省「既存住宅のストックの現状H24」によると、断熱不足の住宅が昭和55年「省エネルギー基準」が制定される前に建てられた無断熱の家と平成4年改正前までに建てられたほぼ無断熱の家で全体の76を占めており、平成4年「新省エネ基準以降に建てられた家と平成11年「次世代省エネ基準」以降に建てられた家は全体の24でした。

 

全体の76%の家が今の断熱基準に対応していないことになります。

これは衝撃の事実です!

そんな無断熱の家とほぼ無断熱の家に高齢者が住み続けるとどうなるでしょうか。

<目次>

 

人生100年時代の長生きする家 リフォーム&リノべ

人生100年時代を生き抜くために
お住まいのリフォーム&リノベーションをおすすめします!

私たちは高齢者の方が快適に生活をしてもらえるようにリフォーム&リノベーションすることを強くオススメしています。人の体は高齢化と共に暑さや寒さに対する感覚が鈍くなります。体力も落ちてきます。年をとるごとに生理機能が低下するのは仕方のないことですが、家が断熱されてないばかりに、病気になったり、命を落とす方もいます。

「若さ」でしのいでこられた働き世代の家も、年をとってからの無断熱の家は命や健康の障害になりかねません。

働き盛りの家

老後の家

あなたのお家は断熱されていますか?大抵の方は自分の家がどの程度の断熱か分からないと思います。では、断熱されていない家とはどんな特徴があるのでしょうか。

無断熱の家とは?

・夏暑く、冬寒い家
・一年中エアコンの効きが悪い家
・冬、足元が寒く体調不良の原因

など、健康的な温度を保てない家のことです。このまま昭和の家(無断熱の家)に住み続けると急激な温度変化に体が対応できなくなるかもしれません。夏は暑いし、冬は寒いのも当たり前だと思っている方、それは昔の考え方です。今の建築技術では夏涼しく冬暖かい家が建てられます!

例えば、エアコンを使用せず

家の中が熱すぎると・・・熱中症になります。

熱中症1

熱中症は本当に怖いです。倒れるまで自覚症状がありませんし、最悪命を落とす危険もあります。

こちらでも熱中症について記事を載せています▽▽

【内窓キャンペーン】なんと、屋内で50%!!

特に問題は冬の寒さです。寒さはあらゆる病気を引き起こします。特に免疫力の低下による感染症、アレルギー症、ちょっとした風邪から肺炎を起こしてしまうなど高齢者にとって致命症になります。

家の中が寒すぎると・・・

血圧が高くなり、心筋梗塞脳梗塞の他、呼吸器系などの病気の発症を高めます。低体温症のリスクも高めます。

心筋梗塞

ヒートショックを引き起こします

暖かい部屋から寒い部屋に移動する際に起こる温度変化は人体に大きな影響を及ぼします。

特に急激な温度変化は血圧が急変動し、ヒートショックを引き起こす可能性が高まります。

入浴中のヒートショック死・・・19,000人
(平成25年厚労省研究班推移)

交通事故死の約5.3倍です(平成30年比)

ヒートショック死

このうちは65才以上の高齢者で、11月から3月の5か月間に7割が集中しています。しかもここ10年で1.7に増えています。

※これは高齢者が対策をすることなくいまだ「昭和の家」に住み続けていることが原因です。

この状況が改善されない限り、高齢者のヒートショック死は今後も増え続けていくことが予想されます。

健康的な温度を保てる家それが長生きする家です。

長生きする

そこで皆様に長生きするためのリフォーム&リノベーションのご案内をさせて頂きます。

100才まで元気に過ごす
大メニュー

その1 暖かい家に住もう
  • 冬、寒い家には孫も寄り付かないだけでなく、免疫力の低下を招き、感染症を始め様々な病気のもとを作り出します。そうならないためには、いつもいる部屋(居間)は暖かくすること。

 

その2 見通し、風通しのよい家に住もう
  • 思い切って小間仕切りの部屋をLDKのワンルームにし、隣り合わせにとびっきりの日当たりのよい要介護になった時のための部屋を1つ増やすこと。

 

その3 認知症になりにくい家に住もう
  • 家の中は動きやすく、玄関やアプローチを出かけやすくすること。筋肉を使うことで認知症が抑制されます。

 

この3つのメニューを踏まえた内窓+断熱のすすめをご紹介します。

人生100年時代長生きする家

【 内       窓 】

内窓とは・・・
今ついている窓の内側にもう一つ付ける窓のことです。

暑い夏、家の中に入ってくる熱の73が開口部(玄関ドアや窓)からです。逆に寒い冬、温められた熱の58が開口部から逃げていきます。この開口部の断熱性を高める事が、暮らしやすい住まいを実現するポイントになります。

壁を断熱するように窓も断熱をしましょう。リフォームで窓を断熱するには内窓がオススメです。内窓をつけて快適空間を手に入れましょう。

 

※内窓キャンペーン価格です(2019年12月末まで有効)
材料・施工費込みの値段です。

内窓料金

断熱効果、遮熱効果、結露軽減、防音効果が期待できます。

【 断       熱 】

断熱とは・・・
窓を始め、壁、床、天井からの熱の流入流出を最小化することです。

断熱工事をして健康で快適な100年長生きする家を手に入れましょう。

 

※内窓キャンペーン価格です(2019年12月末まで有効)
材料・施工費込みの値段です。

断熱料金1

断熱料金2 断熱料金3

断熱することで、省エネ効果(電気代の節約など)も期待できます。

2019年「次世代住宅ポイント」がもらえます!

次世代住宅ポイント チラシ

次世代住宅ポイントがもらえます!

リフォームの場合・・・最大30万ポイント~60万ポイントもらえます。

ポイントの交換期間は2019年10月1日~2020年6月30日(予定)
1ポイントあたり1円相当の商品と交換できます。

詳しくはこちらをご覧ください>>次世代住宅ポイントについて

カタログもありますよ。

次世代住宅ポイント制度LIXILカタログ

☎フリーダイヤル 0120-1000-76
宮崎南店 TEL 0985-54-1600 都城店 TEL 0986-26-1000
営業時間 8:00∼19:00 年中無休(※土日祭日は17:00まで)
お気軽にお問い合わせください。

>>千人の家造り
>>千人の施工実績
>>千人の長生きするリノベーション
>>千人のお客様の声

 

【リノベーション】宮崎市恒久K様邸の大規模リノベーションがはじまりました。まずは間取りの変更に伴う耐震補強から着手です。

②添え桁-添え梁

K様邸は若夫婦と同居のための大規模なリノベーション(間取りの変更)です。この場合、一番重要なことは間取りの変更に伴う耐震補強です。

これが単なるリフォームとは違って技術と経験がものをいいます。
それでは、K様邸のリノベーションに伴う耐震補強のオンパレードをご覧ください。

1階はご夫婦、2階に若夫婦とお子様が住まわるための二世帯リノベーションです。K様は家の強度を上げたいとご希望されていましたので、地震に備えて耐震補強工事を行います。

 

K様邸リノベーションは

<目次>
1. 解体
2. スケルトン(躯体)
3. 木工事
3-1 防湿シート
3-2 床
3-3 耐震補強
4. 断熱工事
5. 内装工事
6. 増設工事
7. 外壁工事
8. 建具造作
9. 完成

 

という流れになっています。

今回は1.解体~3.木工事までをご紹介致します。

1. 解体

 

解体作業に入りました。

リノベーション解体作業

 

リノベーション解体作業

 

リノベーション解体作業

1階部分はリビング、キッチン、和室、洗面室、浴室、トイレになっていましたが一部増築して、

対面式のキッチンリビング、トイレ、お風呂とご夫妻のプライベートスペースを作ります。

リノベーション解体作業 お風呂

リノベーション解体作業 お風呂

 

▼2階は和室と子供部屋がありました。ここに若夫婦のプライベートスペースを作ります。

リノベーション解体作業 二階

 

2. スケルトン(躯体)

 

解体作業が終わりました。天井や壁を取り払うと骨組みが残ります。

リノベーション解体作業終了 スケルトン

▼ここにはキッチンとリビングがありました。床下はこのようになっていたのですね。ここには2つ目の玄関ができます。

リノベーション解体作業終了 スケルトン

 

ここには階段がありました。新しい手すりが取り付けられます。

リノベーション解体作業 階段

 

リノベーション解体作業終了 二階

 

▼1階から上を見上げると、2階に続く階段が目に入ります。複雑に入り組んでいて迷路のようです。

リノベーション解体作業終了 階段

 

3. 木工事

 

3-1防湿シート

防湿シートとは壁や床において、湿気や水蒸気の透過を防ぐために用いられるシート(層)のことです。

 

シートの必要性
従来、木造住宅の外壁の防水シートとしては、アスファルトルーフィングフェルト等が使用されていました。近年の住宅の高気密高断熱化に伴い、室内で発生した湿気が壁体内に滞留し結露を起こす事が指摘されるようになってきました。そこで1980年代になり、外壁材と断熱材の間に通気層を設け、壁体内に侵入した湿気を通気層を通して外部に放出する通気層工法が北海道を中心として普及し、建物外部からの雨水の浸入を防止する防水性と壁体内に生じる湿気を外部に逃がす透湿性を兼ね備えた透湿防水シートが使用されるようになりました。
1990年代になって、全国的に使用されるようになりました。

日本透湿防水シート協会

 

▼以前バルコニーだった所です。ここを広げて新たに洋室を作ります。この外側に防湿シートとサッシを取り付けました。

防湿シートは家内の結露を発生させない為に今やなくてはならないものです。

防湿シート設置前 防湿シート設置後

 

外から見るとこんなかんじです。皆さんも見たことがありませんか?

防湿シート設置後 外からの様子

 

3-2床

元々収納スペースだった所を取り払い、廊下にして、隣にウォークインクローゼットを作ります。板を張っているところが廊下になります。

リノベーション 床  リノベーション 床

▼柱が建てられました。

リノベーション 床

 

3-3耐震補強

耐震補強とは建物の耐震性を高めるために主要な構造部分を補強する工事のことです。

 

【問題】これはいったい何でしょうか?

耐震補強の柱

アルファベットの「I」のようなこの柱。

実はこれ、新たに間取りの変更に伴って柱を撤去して足りない箇所に移し変えるための柱です。

地震が来て家が揺れても心配しないように耐震補強をします。

 

▼木材(枕木)にほぞの穴を開け、新しい柱をはめ込みます。
これを当社では”枕木工法”と呼んでいます。

耐震補強用枕木 耐震補強用枕木 枕木工法

⑦
(上部)
耐震補強用枕木 枕木工法
(下部)

柱の付け替えをします。

熊本地震の倒壊した建物の教訓にて、筋交いはなるべくこまめにバランスよく入れようにしています。そうすることで耐震性が高まります。

耐震補強用枕木 枕木工法 耐震補強用枕木 枕木工法

構造補強-筋交い施工前 構造補強(完工)筋交い(小分けに入れる事が重要です)

筋交い

筋交いをし、さらに金物プレートで補強します。金物プレートがより頑丈に筋交いを固定してくれます。

耐震補強 筋交い 金物プレート

耐震補強 筋交い 金物プレート

耐震補強 筋交い 金物プレート

耐震補強 筋交い 金物プレート

 

隅々までしっかりと補強をします。

耐震補強 筋交い 金物プレート 耐震補強 筋交い 金物プレート

 

続いて梁の補強です。
大空間を作るための構造補強をしています。

耐震補強 梁

 

▼柱を抜いた部分に梁を新たに設置してボルトや金物で連結し構造補強しています。白く見える木材(梁)がそれです。こうすることで上からかかる力を両脇に分散しています。

耐震補強 梁

 

耐震補強 梁

柱 耐震補強 梁

 

▼火打ち梁も設置します。火打ち梁とは、台風や地震などの災害によって木造建築の床組みや小屋組みが、水平方向に変形することを防止するために斜めに組まれた横木、梁のことです。金属の火打ち梁を追加して補強しています。

火打ち梁

 

以前の構造体には補強がされていませんでした。この四隅にも火打ち梁を追加し補強します。

火打ち梁 四隅

家が完成すると見えなくなる箇所ですが、火打ち梁は木造建築の構造材として非常に重要な部分となっているためこうして耐震補強を行います。

 

次回は 4. 断熱工事~ 8. 建具造作までをご紹介いたします。

 

 

☎フリーダイヤル 0120-1000-76
宮崎南店 TEL 0985-54-1600 都城店 TEL 0986-26-1000
営業時間 8:00∼19:00 年中無休(※土日祭日は17:00まで)
お気軽にお問い合わせください。

>>千人の家造り
>>千人の施工実績
>>千人の長生きするリノベーション
>>千人のお客様の声

【広告】宮日新聞に掲載しました!

補助金のお知らせを宮日新聞に掲載しました!

追記:2次募集期間が決まりました!

2次募集が始まります
期間:2019年8月5日から9月13日

▶▶補助金についての詳細はこちら

広告 宮日なびぷら

興味をお持ちの方、詳しく知りたい方はお電話ください!

☎フリーダイヤル 0120-1000-76
宮崎南店 TEL 0985-54-1600 都城店 TEL 0986-26-1000
営業時間 8:00∼19:00 年中無休(※土日祭日は17:00まで)
お気軽にお問い合わせください。

>>千人の家造り
>>千人の施工実績
>>千人の長生きするリノベーション
>>千人のお客様の声

【リノベーション】宮崎市生目台K様邸 完成致しました!!

今回宮崎市生目台K様邸でリノベーションをさせて頂きました。
では、ご紹介していきます!

 

キッチンです。

キッチン
キッチン

壁には収納がたくさん作られ、新しく取り付けられた窓からは明るい日の光がキッチンを照らしてくれます。白くなった壁が、開放感を演出してくれます。

システムキッチンはTOTOの『THE CRASSO(ザ・クラッソ)』を採用。

タッチスイッチ水ほうき水栓、スクエアすべり台シンク、きれい除菌水、フロアキャビネットなどキッチンワークを楽しくする機能を備えているのが特徴です。

 

ダイニングです。

ダイニング
ダイニング

飾り棚が取り払われ、代わりに後ろにバック棚(自社オリジナル設備)を設けたので前方の空間が広くなりました。新しいキッチンになり、お料理の時間も楽しくなりそうです。

小さなところにもデザインを施しています。

 

食品庫
食品庫

キッチンの横には食品庫もできました。食材やストックををたくさん買っても、ここがあれば大丈夫ですね!

リビング
リビング

 

リビング
リビング
吹き抜けの窓もペアガラスになっています。

 

ウォークインクローゼット
ウォークインクローゼット

 

洗面所です。

洗面所
洗面所

洗面台と洗濯機がスッキリと収まりました。

洗面台はTOTOの『オクターブ』を採用。

ラクラクスマート水栓、すべり台ボウル、きれい除菌水、ワイドLED照明などの機能を備えています。鏡裏に収納スペースがあり、日常的に使用するものを収納するのに便利です。

 

浴室です。

浴室
浴室

浴室はTOTOの『sazana(サザナ)』を採用。

ほっカラリ床、魔法びん浴槽、エアインシャワーなどの機能を備えています。ほっカラリ床はクッション性に優れておりひざをついても痛くありません。柔らかいので滑りにくくて安心です。

 

1Fトイレです。

1Fトイレ
1Fトイレ

タイル張りだったトイレは見違える姿になりました。面積も広くなり、おしゃれな、そして落ち着く空間になりました。

TOTOの『NEOREST(ネオレスト)』を採用。

こちらはタンクレストイレです。シンプルでスッキリとしたデザインが特徴です。除菌水が汚れを付きにくくしてくれて、お掃除の頻度が減りキレイな状態をを保ってくれます。

2Fのトイレです。

2Fトイレ
2Fトイレ

こちらもトイレが広くなり、窓が大きくなりました。木目調のデザインが癒されます。

 

今回のお施主様は、古くなったのでリノベーションをしたいとのご要望でした。

外壁や床やクロスの張替えなど、ほとんどの部分をリノベーションし、光が入り明るく木の温もりを感じる素敵な空間になりました!

これからK様ご家族が使いやすく過ごして頂けたら、嬉しいです。

 

家づくりで、お困りではありませんか?

都城にて創業43年目。地域密着の小さな会社ではありますが、今まで小さなリフォームを始め、伝統工法による注文住宅、商業施設の新築、そして古民家再生など多くのお客様のニーズを形にしてきました。お困りのことがあればお気軽にご相談下さい。

>>千人の家造り
>>千人の施工実績
>>千人の長生きするリノベーション
>>千人のお客様の声

90歳でリノベ挑戦!! ついに完成❕

姫城町にお住いのT様。御年90歳!

「あと10年は生きたい」という希望を

このたび、千人が後押しする仕事をさせて頂きました。

・和室からキッチンに行くのに廊下を通らなければならず面倒

・和室から直接トイレに行けるようにしたい

この2点を改善点として工事を進めていきました。

まずは寝室。

畳張りの押入のある和室でした。

6/30 着工前 寝室

 

6/30 着工前 寝室

 

天井の長押しや子壁がないだけで

天井の高さが感じられ、とても広くなりました。

窓ガラスもペアガラスに交換したことで

断熱効果が期待できます。

        11/16 完成 寝室

 

  11/16 完成 寝室 キッチンへ繋がります

     11/16 完成 寝室

 

 

次にキッチン。

コンロやシンクの場所は変えずに新しいものに取り換えました。

6/30 着工前 キッチン

11/16 完成 キッチン (左端に見えている部屋が寝室)

 

ベッドルームからキッチンに

自由に行き来できるようになっただけじゃなく

収納も確保したので

「物があふれてどこに行ったか分からない!」

なんてこともなくなりそうです。

11/16 完成 キッチン (右のガラス戸反対側が廊下)

 

 

今回、わが社では初となる90代のお客様のリノベーションでした。

—-まさに「人生100年時代」を地で生きる挑戦—-

T様の希望に沿ってお仕事させてもらえたことは

我々千人社員にとっても感慨深い出来事となりました。

これからもT様の元気な姿を見守っていきたいと思います。

 

 

 

都城市・T様邸 増築

 

 

築30年の平屋に「増築を」というご要望を頂きました。

定年退職を機に

自分の時間をゆっくり過ごす空間が欲しいとのことでした。

増築前

 

もともと木が植栽してあった場所を切り開いて

ご主人様の寝室と並ぶ和室の横に新しく2部屋設けました。

 完成がコチラ!!

完成後外観

ご主人様のこだわりは

・冬温かく、夏涼しい室内(従来より高い水準の断熱性を実現)

・床に桧フローリング、杉板の板張り天井、腰壁に杉板

(木をふんだんに使用し、室内にいても自然を感じる空間)

・オープンの可動棚(必要に応じて高さを自由に変更できる)

・調湿機能付きの空調(いつでも湿度を管理)

仕切りの引き戸を全開にして2部屋を1部屋として使用可能です。

オープン可動式の収納棚

 

洗面台

 

トイレ

ご家族が帰って来られた時に

自由に使ってもらえるようにとおっしゃられていました。

トイレと洗面台も設置し、気を遣わずに使って欲しいという

ご主人様の優しさが伝わってきますね。

明るい空間にご家族皆さん揃われると

とても賑やかになりそうです。

これからまたゆっくり新しい時間を重ねて欲しいと思います。

 

 

90歳でリノベ挑戦!!

 

 

————「あと10年は生きたい」

 

このたび、姫城町(都城市)のT様が

90歳ながらご自宅のリノベーションに着工しました。

当社の42年の歴史の中でも最高齢のリノベーションです。

(過去に83才で新築がありました。)

 

まさに「人生100年時代」を地で行くような挑戦です。

 

リノベーションの内容は

なるべく人の世話になりたくないということで(お一人住まい)

台所、居間、寝室、トイレが

廊下を挟んで別々にあったものを

「リビングベッドルーム」※にして、

他のそれぞれの部屋に

直接往来できるようにするものです。

10月15日に着工して、完成予定は35日後です。

 

 

※リビングベッドルームとは

リビングとベッドルームを一緒にしたもの。

使い勝手の良さが高齢者に受け入れつつある。

 

 

 

 

 

「長生きリノベ」の現場より 宮崎市本郷 M様邸③

宮崎市本郷 M様邸リノベーションの

続きです。

前回までの記事はコチラから
http://www.senninriki.jp/blog/?p=2871

 

今回は断熱工事の様子です。

経年した日本の住宅は

断熱材が不十分だったり

床断熱が全く施されていないなど

家の中の寒さや

床の冷たさの大きな原因です。

 

前回のブログでお伝えした

木工事で張った根太に

床断熱を設置します。

【断熱工事1 床断熱施工】

【断熱工事2 床断熱施工】

【断熱工事3 床断熱施工】

 

壁や天井の断熱工事です。

暖かい空気は上に流れるので

断熱性が低いと

熱は天井から抜け暖房効果も減少。

また、暖房器具を止めると

すぐに寒さを感じるようであれば

壁の断熱が不十分。

M様邸の天井や壁は

写真の通り

しっかりと工事が施されています。

【断熱工事4 天井断熱施工】

【断熱工事5 天井断熱施工】

【断熱工事6 壁・天井断熱施工】

【断熱工事7 壁・天井断熱施工】

【断熱工事8 壁・天井断熱施工】

冬場の暖房器具のみの寒さ対策は

コストがかかるばかりで

解決は難しいですが

断熱材をしっかり設置することで

器具の使用やコストを軽減できます。

夏場の暑さにも同じことが言えます。

 

浴室の気流止め工事の様子です。

【床施工】

【気流止め1】

【気流止め2】

気流止めにより

壁体内の空気の流れを止め

浴室の断熱効果が得られます。

断熱性能を上げることは

快適さや省エネにもつながると

言われます。

 

次回のM様邸のリノベーションの様子も

どうぞお楽しみに!

 

「長生きリノベ」の現場より 宮崎市本郷 M様邸②

宮崎市本郷 M様邸リノベーションの

続きです。

前回の記事はコチラから
http://www.senninriki.jp/blog/?p=2788

 

木工事の様子です。

床組部分を乾燥した状態に保ち

腐朽やシロアリを防ぐ為だけではなく

湿気によるカビ・ダニの

健康被害を防ぐために

「床下防湿シート」を張ります。

 

【①木工事 床下防湿シート張り1】

【②木工事 床下防湿シート張り2】

 

床板を受ける横木

「根太(ねだ)」を張ります。

【③木工事 根太張り】

【④木工事 根太張り】

【⑤木工事 根太張り】

 

構造補強のための

「筋交い(すじかい)」です。

地震や台風の横揺れ・強風は

建物に対して

横からの力を加えますが

筋交いの入った「耐震壁」は

建物の倒壊を防げます。

【⑥木工事 構造補強筋交い1】

【⑦木工事 構造補強筋交い2】

リノベーション前後の図面から

耐震補強の様子がわかります。

【リノベーション前後の図面】

 

建物の外側の

「防湿シート」です。

外部からの水分を抑え

内部からの湿気を通し

住まいを結露から守ります。

【⑧木工事 防湿シート張り1】

【⑨木工事 防湿シート張り2】

 

構造補強のための

添え梁と挟み梁の設置。

【⑩木工事 構造補強添え梁】

【⑪木工事 構造補強挟み梁設置】

 

構造補強のための金物プレートや

火打ち金物も

しっかりと設置・固定します。

【⑫木工事 構造補強補強プレート1】

【⑬木工事 構造補強金物プレート2】

【⑭木工事 構造補強金物プレート3】

【⑮木工事 構造補強火打金物設置4】

【⑯木工事 挟み梁火打金物5】

 

外からは見えない内部の

防災対策や耐震性の補強で

M様ご家族にも安心してもらえると

嬉しく思います。

 

次回は断熱工事をお伝えします。

お楽しみに!

「長生きリノベ」の現場より 宮崎市本郷 M様邸①

【着工前 外観】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宮崎市本郷のM様邸は築45年。

「長年住んでいなかった家を新築の様にしたい」と

ご主人の退職を前に

リノベーション(長生きリノベ)しています。

 

「リノベーション」はリフォームと違い

既存の設備の取替や模様替え、修復が中心ではなく

間取りの変更を中心に住まいの性能・機能や

価値を高める工事でリフォームより大規模になります。

なかでも「長生きリノベ」は健康寿命にシフトした

住まい改善改良のためのリノベーションです。

「長生きリノベ」に関する詳しい内容はコチラ
http://www.senninriki.jp/technology/renove/

 

着工前の様子です。

【着工前 外観】

【着工前 外観】

【④着工前 リビング】

【⑤着工前 キッチン】

【⑥着工前 和室】

【⑦着工前 洗面】

【⑧着工前 浴室】

【⑨着工前 トイレ】

 

天井や壁床を解体していきます。

【解体中①】

【解体中②】

【解体中③】

【解体中④】

【解体中⑤】

【解体中⑥】

 

ここからさらに

柱や梁の構造材のみを残し

骨組みだけを残して

スケルトン状態へ。

【解体後スケルトン①】

【解体後スケルトン②】

【解体後スケルトン③】

次回は木工事からの様子をおとどけします。

どうぞお楽しみに!