都城市 安久町 M様邸 新築工事順調に進んでおります。①

安久町 M様邸の工事の様子です。

まずは床下の様子からどうぞ。

 

【床下の作業】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当社のどの現場でも言えますが、度重なる厳しい検査チェックをしながらの作業です。

 

【柱やスジカイ】
<↑タスキ掛けのスジカイです↑>
<↑タスキ掛けのスジカイです↑>

 

 

 

 

 

 

柱と柱の間に斜めに渡す補強材であるスジカイは、地震や台風などの際、横からかかる負荷を軽減してくれる重要な役割を持っています。

スジカイは大抵、この上から壁材が貼られ、その姿をあまり目にすることはありません。このようにしっかりと設置されていれば、いざという時にとても安心です。

 

【屋根部分】
<↑ルーフィングを貼る作業↑>
<↑ルーフィングを貼る作業↑>

 

 

 

 

 

 

屋根部分の野地板に防水用のシート建材(このシートをルーフィングと言います。)が屋根からの雨漏り防止のために貼られていきます。

一般的には、屋根材で雨漏りを防止していると思いがちですが、実は、「雨漏り防止=ルーフィング」とも言われるほど、ルーフィングの役割は重要です。

この後、手際のよいルーフィング貼りの作業から、一気に屋根が仕上がりました。

<↑屋根工事の仕上げ作業↑>
<↑屋根工事の仕上げ作業↑>

 

 

 

 

 

 

M様邸の夢現場も着実に完成へと近づいています。

次回のブログもどうぞお楽しみに!!

 

 

 

 

家づくりで、お困りではありませんか?

都城にて創業43年目。地域密着の小さな会社でありますが、今まで小さなリフォームを始め、伝統工法による注文住宅、商業施設の新築、そして古民家再生など多くのお客様のニーズを形にしてきました。お困りのことがあればお気軽にご相談ください。

>> 千人の家づくり
>> 千人の施工実績
>> 千人の長生きするリノベーション
>> 千人のお客様の声