都城市 三股町 M様邸 新築工事順調に進んでおります。②

三股町、M様邸のその後です。

M様邸は、店舗や事務所を持ち合わせた大きな家。

着々と夢実現に向かって作業はすすんでおります。

前回のブログでは、むき出しのスジカイや柱が目立った内部も下地が貼られて、一段と「家」らしくなってきました。

<↑天井や壁はボード下地が貼られています↑>
<↑天井や壁はボード下地が貼られています↑>

 

 

 

 

 

 

 

M様邸のリビングとダイニングは、「スキップフロア」です!!

 

 

<↑スキップフロアをつなぐ階段は、大工さん造作、県産の杉板を使用!!↑>
<↑スキップフロアをつなぐ階段は、大工さん造作、県産の杉板を使用!!↑>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”スキップフロア”とは、1.5階や2.5階、いわゆる「中二階」「中三階」
を設ける作り方です。

床の一部に高低差を設け、数段の階段でつなげます。

同じフロアで視界が平坦に通るよりも、数段の差がつくスキップフロ

アは、視覚的に広く見える効果があり、スペース同士(M様邸の様

に、リビングとキッチン)を数段の階段で上下にスライドさせ

ると、視界がずれるために、実質同じ階でありながらもまるで別の部

屋にいるような気分になれます。

スキップフロアのすぐそばには、二階まで伸びる立派な大黒柱が設置されています。

<↑大黒柱↑>
<↑大黒柱↑>

 

 

 

 

 

 

 

2階の廊下(吹き抜け部分)からは、1階のダイニングキッチンを見下

ろせます。

<↑ここからDKを見下ろせます↑>
<↑ここからDKを見下ろせます↑>

 

 

 

 

 

 

<↑天井部分は完成, 2階の床が1階の天井を兼ねています。↑>
<↑天井部分は完成,
2階の床が1階の天井を兼ねています↑>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

随所にみられるM様邸のこだわり。

 

次回のブログも是非お楽しみに!!

 

都城市 安久町 M様邸 新築工事順調に進んでおります。①

安久町 M様邸の工事の様子です。

まずは床下の様子からどうぞ。

 

【床下の作業】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当社のどの現場でも言えますが、度重なる厳しい検査チェックをしながらの作業です。

 

【柱やスジカイ】
<↑タスキ掛けのスジカイです↑>
<↑タスキ掛けのスジカイです↑>

 

 

 

 

 

 

柱と柱の間に斜めに渡す補強材であるスジカイは、地震や台風などの際、横からかかる負荷を軽減してくれる重要な役割を持っています。

スジカイは大抵、この上から壁材が貼られ、その姿をあまり目にすることはありません。このようにしっかりと設置されていれば、いざという時にとても安心です。

 

【屋根部分】
<↑ルーフィングを貼る作業↑>
<↑ルーフィングを貼る作業↑>

 

 

 

 

 

 

屋根部分の野地板に防水用のシート建材(このシートをルーフィングと言います。)が屋根からの雨漏り防止のために貼られていきます。

一般的には、屋根材で雨漏りを防止していると思いがちですが、実は、「雨漏り防止=ルーフィング」とも言われるほど、ルーフィングの役割は重要です。

この後、手際のよいルーフィング貼りの作業から、一気に屋根が仕上がりました。

<↑屋根工事の仕上げ作業↑>
<↑屋根工事の仕上げ作業↑>

 

 

 

 

 

 

M様邸の夢現場も着実に完成へと近づいています。

次回のブログもどうぞお楽しみに!!

 

 

 

 

小学生の「まちたんけん」より。

上長飯小学校2年生の社会科見学「まちたんけん」で当社訪問があり、朝から引率の先生とたくさんの小学生がやってきました。

社会科授業の中の一環で、学校の近隣の会社を見学。

大きな声であいさつの後会議室へ移動し、岩川チーフによりプロジェクターで会社や作業の様子を案内します。

<↑会議室は一気に満席↑>
<↑会議室は一気に満席↑>

 

 

 

 

 

 

まだまだ小柄で、みんな可愛らしい。しかし、本当に元気の良い2年生。。。

プロジェクターで次から次に映し出される新築やリフォームの写真もですが、自分たちにとって身近な「家」だけでなく、店舗や病院も手掛けている話も、興味深そうに聞いています。

しばらくすると、質問タイムのスタート。

<↑質問タイムスタート>
<↑質問タイムスタート>

 

 

 

 

 

 

 

 

事前の授業の中で、統一の質問事項をまとめているようでした。小学2年生らしい、率直な質問が飛び交い始めると、これもまた2年生。。。隣り同士の座席での雑談も賑やかに始まります。

内容はシンプルですが、これまた2年生に解るように「ゆっくりと」「優しい言葉」で伝えなければなりません。大人同士の会話のようにはいきません。。。難しいです。。。

■なぜ、「千人力」という社名なのですか?

【1000人分の力に相当する力強い会社のイメージを意味しています。】

■今、どんな家をつくっていますか?

【「木」をたくさん使った、キレイでしっかりとした家をつくっています。】

■仕事をしていてどんな時が楽しいですか?

【お客様が喜んでいる様子を見たり、「ありがとう!!」と言ってもらえた時などです。】

 

質問の返答が伝言ゲームのように、書くスピードが追い付かない子供に伝えられていく様子は、見ていてとても微笑ましかったです。

1時間ほどで、そのすべてを終了し、元気よく学校へ戻っていきました。

子どもたちの帰宅後に、少しでも「千人」での様子が夕ご飯時にでも話されるといいなぁ。。と感じます。

 

千人の「人こよみ」を10名様にプレゼント!!

日めくり一ヵ月分が1冊になった「人こよみ」。

<↑これが「人こよみ」です↑>

 

 

日々の短い言葉に

考えさせれられたり

共感したり、元気づけられたり。。。

 

そんな「人こよみ」を作りました。

 

新しい月のスタートは

再び最初のページからめくっていきます。

本日のひとことを読みながら

スタートさせる一日も良いものですよ!!

 

例えば。。。

■小さな手間を省く人のところには幸せはやってこない

■第一印象は二度と訪れない

■今日という日は残された人生の最初の日

などなど。

 

是非この機会に

”読んでみたい!!”

”見てみたい!!”

という方(先着10名様限定)にプレゼント。

 

下記宛にお電話お待ちしています。

㈱千人

☎0986-26-1000(「人こよみ」プレゼントの件とお申し出下さい。)

尚、送料は弊社負担、おひとり様1冊のお申し込みとさせて頂きます。

 

 

三股町樺山 M様邸 新築工事順調に進んでおります。①

<断熱材>

<↑床や屋根に断熱材が入りました↑>
<↑床や屋根に断熱材が入りました↑>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「断熱材」とはその内部に気体を含むことで熱を伝えにくくするものです。動かない空気の層を作ることで、外気温から建物内の熱伝導率を低くしているという仕組みです。

断熱をすることで、冷たい空気の侵入を防ぐだけではなく、暑い空気の侵入を防ぐという効果もあり、そのため、少しエアコンをかけるなどすれば、すぐに過ごしやすい環境を作ることができます。

【断熱材のメリット】

■冷暖房費の削減

■一年中、快適な室温の中での生活

■結露減少により、カビやダニの発生抑制

■内部結露の減少により、家そのものの劣化の抑制

上記以外にも防音などのメリットもあげられており、多くの快適さを感じられます。

 

 

 

 

 

 

 

<↑外観です↑>
<↑外観です↑>

 

<↑破風です↑>
<↑破風です↑>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2MGblog

 

 

 

 

 

 

 

以前のブログでも紹介していますが、破風は、「風を破る板」とあるように、もともとは屋根裏へ風の侵入を防止するためのものでした。
屋根は上から吹き付ける風に対して強い耐性を持っていますが、下や横から吹き込む風に対しては意外と脆いとも言われています。

hafuita_1

 

 

 

 

 

【破風板の主な役割】

■暴風・防水

■防火

■雨どいの下地

このように、家は様々な機能性やメリットを持ち合わせながら作られていきます。

お客様の大切な家の完成まで、現場スタッフも一丸となって、責任ある作業をすすめます。

次回は一段と完成に近づいたM様邸をどうぞお楽しみに!!

 

中学生による職場体験

11月8日より3日間にわたって、市内の中学2年生2名の職場体験の受け入れがありました。

男子、女子1名ずつの今回の受け入れということで、弊社の方でスケジュールを作り、それに沿った流れで過ごした3日間でした。

それでは、早速、3日間の様子を。。。

【1日目】

オリエンテーションや会社概要、仕事内容、スケジュールの説明に始まり、午後からは製図の作成スタート。2人には「自分が住みたい家」と題し、イメージ作りからの開始でした。

DSCN2108
<↑住みたい家のイメージ作りは、まず手書きによるスタート↑画像無断転載禁止🚫>

 

 

 

 

 

 

 

あっという間に初日を終え、清掃や日誌を記入して終了。

日誌には、「設計時に、日当たりの工夫をしていることを学んだ」などと書かれており、真剣な取り組みがうかがえました。

 

【2日目】

この日も午前中は製図に励みます。

DSCN2115
<↑手書きのイメージは、パソコンによってより具体化されていきます↑画像無断転載禁止🚫>

 

 

 

 

 

 

 

午後からは武田マネージャーに連れられての現場見学。製図のデスク作業とは全く違った外の空気です。

DSCF4233
<↑大工さんに教えてもらいながら筋交いプレートのビス止め↑画像無断転載禁止🚫>

 

 

 

 

 

 

 

さすが男の子です。緊張しながらも上手に作業することができました。口数が少なくおとなしい2人でしたが、現場での作業も真剣そのもの、興味深く取り組んでいました。

この日の日誌の中で「家を地震の揺れから守るために、木の組み方や釘の打ち方を工夫していることがわかった。」「現場では一人や少人数での作業もあり、自分の判断で行動しなければならない」等とあり、話を聞き、目で見て得る事のできる生きた学習そのものではなかったかと感じられます。

 

【3日目】

いよいよ最終日です。この日は、それぞれの思いを込めた製図が完成!!

全く違う間取りの家となりました。

20171116154925060-3

 

 

 

 

 

 

 

20171116154925060-2
<家の中の様子まで詳しく書けました>

 

 

 

 

 

 

20171116154925060-1
<こちらもしっかりと書けています>

 

 

 

 

 

 

製図の経験をした2人からは、達成感とうれしさが伝わってきました。

2人の日誌には家具の配置や工夫にだいぶ悩んだようで、「製図の難しさ」が書かれていましたが、短い時間の中での頑張りが製図完成に繋がっているようです。

午後からはショールームの見学や現場の後片付けをしてこの三日間を終えました。

それぞれ、学校準備の履歴書内には2人の志望の動機がつづられていましたが、志望理由には、”建設関係の仕事に就きたい”、”インテリアコーディネーターになりたい”と、将来の明確なビジョンがしっかりと書かれており、その夢が叶う日を応援するばかりです。

ぜひとも夢実現に向かって頑張ってほしいと思います。

 

浴室・風呂の浴室暖房などのリフォームを行いました。

我が社は様々な工事をしております。
先日、浴室リフォーム工事をさせて頂きました!

「浴室が寒い、広々と湯舟に浸かりたい。」という

お客様のご要望から、

↑Before↑
↑Before↑

TOTOの最新型バスルームへ♪

↑After↑
↑After↑

 

 

 

 

 

 

ドアにはレバーンドルが付き、開閉しやすくなり、
壁には手すりが各所に付いているので、お年寄りの方も安心です。
狭かった浴槽も広々と足が伸ばせるようになりました!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

床はTOTOの『ほっカラリ床』。使用後もカラッとすぐ乾きますし、
ふんわりとした踏み心地なんです!
今までヒヤッと冷たく滑りやすいタイルから、やわらかくてホッと暖かい

床に変わり、浴室へ1歩踏み出す時の抵抗感ゼロです!
浴室暖房も付いているので、ヒートショック防止にもなります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

壁もタイルの目地がなくなり、浴室のお手入れがし易くなりました。

今までの浴室は寒く、狭い浴槽で不便でしたが、今回のリフォームで
広々と湯舟に浸かるもでき、最高に気持ちいいです!とお客様も大喜びでした!!

浴室は体の汚れを落とすと共に、一日の疲れを癒すリラックスする場所。
最高に気持ちいい♪と思える快適なバスルームっていいですよね!

 

都城市 安久町 M様邸 上棟式が行われました!

先日、都城市 安久町 M様邸 上棟式が行われました!

あいにくの雨でしたが、思った以上の方々に来て頂きました!!

そもそも上棟式とは?・・・『上棟式とは、建物の守護神と匠の神を祀って、

棟上げまで工事が終了したことに感謝し、無事、建物が完成することを

祈願する儀式』を言います。

東に向かって、二礼二拍手一礼をします。
東に向かって、二礼二拍手一礼をします。
餅まき開始です!!
餅まき開始です!!

IMG_3025

お施主様が餅まきをします。
お施主様が餅まきをします。
皆さん、取るのに夢中です!
皆さん、袋を片手に取るのに夢中です!
こちらがお施主様、親子3世代です。
こちらがお施主様、親子3世代です。

 

IMG_3011

我が社の家づくりの特徴である、「深軒」の家。

日本の気候には深い軒が一番合っています。

夏場は、深い軒により窓ガラスや外壁に直射日光が当たらないので、室温が

上がる事なく、涼しく過ごせることができ、冬場は軒があっても日射角度が低

くなるため、日差しを遮ることはありませんので、室内に日光が入り、

温かく過ごせます。

深軒の詳しい説明はこちら・・・

 

DSCF4456
こんなに軒が長いのです!

IMG_3013

 

これからも完成まで引き続き心を込めて工事させて頂きます。

またブログでも工事過程を随時アップしていきますので、

よろしくお願い致します!

 

 

都城市 安久町 M様邸 上棟式を行います!!

地鎮祭も終わり、上棟へ向けての先行工事も着々と進んでおります。

我が社では、『そうじ、片付け、養生、あいさつ。』を心掛けて

現場に取り組んでおります。

DSCF4422s

土台になる木材が緑色になっているのがわかりますか?

これは木材が腐っているわけではなく、防腐・防シロアリ効果のある薬剤が

注入された木材なんです!

非常に高い防腐・防シロアリ効果を長期間にわたって持続してくれます。

木造住宅は、木が腐るという心配と、シロアリ被害の不安がありますが、

これなら安心ですね!

 

3日(金)に上棟式を行います!!

3日の天候はあいにくの曇り。でも、雨の心配は無さそうです!

当日無事に行われるよう、協力会社さん、担当マネージャーを始め着々と

準備を始めております。

当日の様子はまたブログで報告致します!