三股町樺山 M様邸 新築工事順調に進んでおります。①

<断熱材>

<↑床や屋根に断熱材が入りました↑>
<↑床や屋根に断熱材が入りました↑>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「断熱材」とはその内部に気体を含むことで熱を伝えにくくするものです。動かない空気の層を作ることで、外気温から建物内の熱伝導率を低くしているという仕組みです。

断熱をすることで、冷たい空気の侵入を防ぐだけではなく、暑い空気の侵入を防ぐという効果もあり、そのため、少しエアコンをかけるなどすれば、すぐに過ごしやすい環境を作ることができます。

【断熱材のメリット】

■冷暖房費の削減

■一年中、快適な室温の中での生活

■結露減少により、カビやダニの発生抑制

■内部結露の減少により、家そのものの劣化の抑制

上記以外にも防音などのメリットもあげられており、多くの快適さを感じられます。

 

 

 

 

 

 

 

<↑外観です↑>
<↑外観です↑>

 

<↑破風です↑>
<↑破風です↑>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2MGblog

 

 

 

 

 

 

 

以前のブログでも紹介していますが、破風は、「風を破る板」とあるように、もともとは屋根裏へ風の侵入を防止するためのものでした。
屋根は上から吹き付ける風に対して強い耐性を持っていますが、下や横から吹き込む風に対しては意外と脆いとも言われています。

hafuita_1

 

 

 

 

 

【破風板の主な役割】

■暴風・防水

■防火

■雨どいの下地

このように、家は様々な機能性やメリットを持ち合わせながら作られていきます。

お客様の大切な家の完成まで、現場スタッフも一丸となって、責任ある作業をすすめます。

次回は一段と完成に近づいたM様邸をどうぞお楽しみに!!

 

家づくりで、お困りではありませんか?

都城市にて創業し40年以上、地域密着の小さな会社でありますが、今まで小さなリフォームを始め、伝統工法による注文住宅、商業施設の新築、そして古民家再生など多くのお客様のニーズを形にしてきました。お困りのことがあればお気軽にご相談ください。

>> 千人の家づくり
>> 千人の施工実績
>> 千人の長生きするリノベーション
>> 千人のお客様の声