地鎮祭が行われました!!

 

先日、晴天の中 北諸県郡三股町長田にて地鎮祭が行われました!!

地鎮祭をよくしているのを見かけてる方もいらっしゃると思いますが、地鎮祭は家を建てるにあたり大切な行事になります

地鎮祭とは

地鎮祭とは、土木工事や建築などで工事を始める前に行う、その土地の守護神を祀り、土地を利用させてもらうことの許しを得ると同時に、建物を建てる際に工事の安全と無事完成をお祈りする儀式のことです。

特に重要な地鎮の儀(鍬入れの儀)

今のように重機のない時代、昔は家を建てるための土地を均す作業を人の手で行っていました。その時に鍬は、土地を掘り起こすために使う重要なものでした。このことから、地鎮祭での鍬入れは施主または施工者が初めてその土地に手を付けるという意味があり、土を掘り起こして起工の始まりを印してします。また「エイ、エイ、エイ」と声を掛けながら行いますがこれもこれからも栄えていってほしいという願いを込めた掛け声だと言われています。他には神様の前で鍬を入れることで、この土地の利用の許しを得るという意味もあるそうですよ。

 

お施主様も無事に地鎮祭も終わりほっとされておりました。       地鎮祭おめでとうございました。(❁´◡`❁)
ここから工事が始まります。
完成まで引き続きよろしくお願いいたします✨