天神山公園でお花見会

前回の都城でのお花見につづき今回は宮崎店でお花見が行われました!!

協力会社の皆様と千人スタッフとのコミュニケーションの場として毎年お花見を開催しています。

 

  

  

七輪で焼きました。やっぱり焼肉は最高~!!お酒が進んで話に花が咲きます!

宮崎の協力会社の皆様ありがとうございました。新年度を迎え気持ちを新たに、協力会社の皆様と一緒にお客様に満足いただけるよう、より一層頑張ってまいりますのでよろしくお願い致します。

 

【新築】都城市高崎町K様邸 施工の様子②~深軒の屋根~

着々と工事も進み、K様邸の外観が出来上がってきました!

しっかりと家を守ってくれる立派な屋根です。このように千人では日本伝統の深軒屋根を作ります。当社の目指す家づくり工法「深軒の家」です!

軒とは…外壁より外側に出た屋根の部分の事です。

 

日本では雨が多いため古来より「深い軒」の家がつくられてきました。

なぜ「深軒」なのか。

それには理由があります。

深軒の屋根にすると

①外壁の保護をしてくれる…軒が深い事で雨風や紫外線の影響を受けにくく、外壁の劣化を防ぎます。

②日差しの調整が出来る…夏は直射日光を遮り、冬は日差しを取り込むので、夏は涼しく、冬は暖かくなります。

③雨よけになる…軒が深いので雨が家の中に入り込むのを防ぎます。

他にも効果があります。詳しくはこちらをご覧ください→【深軒の魅力と七つの効果とは…】

宮崎県は雨の多い県ですね。年間降水量は全国ランキング1位の2721.5㎜でした。(参照:e-stat 政府統計の総合窓口 2017年度)宮崎県は梅雨前線と台風の影響を受けやすい位置にあります。梅雨の季節には梅雨前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込むため、その空気が山地にぶつかって多量の雨を降らせます。夏にはゲリラ豪雨もやってきます。

そんな雨の多いここ宮崎県に適しているのが深軒の家です。

軒下から見た様子です。軒が深く出ており、迫力があります。多少の雨なら濡れません。

わが社の目指す深軒の家とは、自然エネルギーを享受し、それらの恩恵を頂いて「自然との共生」を目指す家づくりです。

次回は内装工事についてお伝えします。

 

 

上米公園でお花見会

春と言えばやっぱり桜ですよね。お花見の季節がやってきました!!

千人では日頃お世話になっている協力会社の皆さんや大工さんとのコミュニケーションの場として毎年お花見を開催しています。

上米公園 桜

代表挨拶を頂き乾杯~!宴会が始まりました。美味しいお肉とお酒で皆さん話が弾みます!

お花見 お花見

お花見 お花見

お花見 お花見

お花見 お花見

協力会社の皆様、参加して頂きありがとうございました。お客様により良い住まいを提供できるのも、皆様のおかげです。感謝しております。今後もより多くのお客様にご満足いただけるよう、千人スタッフ一同邁進してまいりますのでこれからもよろしくお願い致します。

【新築】都城市高崎町K様邸 施工の様子

上棟式も無事終わり、工事も順調に進んでおります。K様ご家族です。素敵な笑顔のお写真です。今回は、K様邸の施工の様子をご紹介させて頂きます!

上棟式
上棟式

上棟式が終わった後次に取り掛かるのが屋根仕舞いです。

屋根を取り付ける時に下地となる板(野地合板)の上に”防水ルーフィング”というシートを敷きます。この防水ルーフィングには家をつくる際にとっても重要な役割があります。

それは

雨漏りを防ぐことです。

強い雨風を受けるとその隙間から雨水が染み込んでいき、雨漏りが発生してしまいます。それを防ぐためにシートを敷くのです。その上から屋根を取り付けることによって、雨漏りを防ぐことが出来ます。

防水ルーフィングを丁寧に重ねながら敷き終え、屋根を取り付けていきます。

筋交い(すじかい)が入りました。

外壁にもシートを張ります。外壁には”透湿(とうしつ)防水シート”を使います。透湿防水シートとは、水は通さず湿気(水蒸気)を透すシートのことです。外壁材の内側に貼ります。外壁表面で防ぎきれなかった雨水や内部に溜まった湿気を外に逃がす大切な役割があります。

外壁を仕上げていきます。

壁や天井、床に断熱材を取り付けていきます。

今回は特別にK様邸では、床断熱材に気密性の高くて、吸湿しにくい高性能の建材を使っています。

隙間なく断熱材が入っています。このように密閉性を高める事で断熱材の効果が発揮されます。室内の熱が逃げないので冬は温かく、外の熱が室内に侵入しにくくなるので夏は涼しくなります

 

次回は千人の家づくりの特徴である、深軒の屋根についてお伝えします!

【新築】新富町K様邸 完成致しました!

11月に上棟式が行われた新富町のK様邸が完成致しました!!

外観
外観
玄関
玄関

外観は白をベースに黒のラインをアクセントにしたモダンなお家になりました。

玄関庇は、深軒で雨の日も濡れにくいです。

玄関ホール
玄関ホール

玄関も広く、明るい空間が広がっております。

玄関納戸
玄関納戸
玄関納戸
玄関納戸

玄関ホールから続く納戸は、家族の靴の他にもたくさんの物が収納できるようにしました。ご主人の趣味である釣り道具も収納する予定です。

また、小窓の下には郵便受け口があり、新聞や郵便物が届くと下の棚に落ちる仕組みになっておりわざわざ外に取りに行かなくても良いのでとても便利です。

⑥リビングダイニング
リビングダイニング
⑦ダイニング
ダイニング

リビングは天井が高く作られており、開放的な空間になりました。また、収納スペースも2か所設けられ、充実した収納スペースになっています。

洗面近くの天井にはトップライトがあり、柔らかい陽の光が差し込んできます。

ダイニング
リビング

天井は杉板を使用しており木の温もりを感じる空間になっています。

リビング
リビング

キッチンは対面式で、家事をしながら家族の様子を見たり会話をしたりと家族の団らんを楽しむことが出来ます。ダイニングは天井が少し低く設計されています。低くすることにより食事や家族の会話に集中することができるのです。

キッチン
キッチン

 

キッチン納戸
キッチン納戸

キッチン納戸も収納をたっぷり確保しました。

主寝室
主寝室
主寝室クローゼット
主寝室クローゼット

主寝室のウォークインクローゼットは家族みんなの洋服を収納出来そうです。

子供部屋
子供部屋
子供部屋
子供部屋

子供部屋はお子さんが小さいうちは広々と、成長したら仕切りを作り独立した部屋にすることが出来ます。

和室
和室

和室で外を眺めたりゆっくりとした時間を過ごすことも出来ます。

洗面
洗面所

洗面所にもトップライトを設け、日中は電気を付けなくても十分に明るくなります。

浴室
浴室
トイレ
トイレ

小さいお子さんがいらっしゃるとどうしてもお子さんの洋服が増えたり、おもちゃが増えてしまい収納に困ってしまいます。一番の悩みどころが収納スペースです。今回、お施主様は適在適所に収納のある家をご希望でした。リビングも収納がたっぷり作られているのでスッキリ片付けられ、お子さんものびのび遊ぶことが出来ると思います。ご希望通り、適在適所に収納を設けた子育てしやすい家になりました。

これからK様ご家族の新しい生活が始まります。これからたくさんの思い出を作っていって欲しいと思います。

 

太郎坊町T様邸 完成

太郎坊町T様邸が完成致しました!

【外観】
【玄関】
【玄関ホール】

温かみのある雰囲気が特徴のナチュラルカントリー調を感じさせる

ご自宅に完成しました。部屋は明るく、風通しも良く、

動線をシンプルにしたいとのT様のご希望でした。

杉材を多く使っている為、湿度が程良く保たれます。

【キッチン&ダイニング】

ダイニング天井をリビングよりも低くし、板張りにしました。

天井が高いと空間が広がって解放感がありますが、

和室など座ってくつろぐ空間は、天井が高いと落ち着きません。

ダイニングは皆が座って食事を頂く場所。落ち着いた空間であり、

温かみのある場所でテーブルを囲って食事をしたいものですよね。

【キッチン】

キッチンは対面式で、リビングダイニングだけでなく、

すべての部屋の出入り、外の様子まで、全体が把握できるように

まさにベストポジションになっています。

【キッチン納戸】

これだけの収納スペースがあれば、キッチンにモノが

溢れる事はありません。いつもスッキリの状態でキッチンを

使う事が出来ますね。

【トイレ】
【洗面所】

洗面所にはトップライトを設け、暗くなりがちな洗面所を

明るくしています。

 

夢を形にされたT様、完成したご自宅で、

たくさんの思い出を刻んで欲しいと思います。

 

 

千人力三意会 新年会 

今年も年始めの千人力三意会新年会が

開催されました。

宮崎店・都城店合同で総勢83名の

盛大な新年会となりました。

【新年会は都城店・宮崎店合同です】

【世話人代表挨拶 都城 いけだ設備様】
【平成31年度方針説明の様子】

今年も例によって優良業者様への褒賞が行われました。

いずれも賞状+金一封(商品券)が渡されました。

ベスト業者賞

都城:加治佐建築板金様

宮崎:㈲小村建築板金塗装店様

ベスト職人賞

都城:新地電気 新地和伸様

宮崎:花見商会 谷川稿志郎様

ベスト社員賞

都城:㈱アサヒ建材 山角和之様

特別賞

都城:永野建築様

 

2019年、我が社の今年のテーマは、、、

価値共有(情報共有)

です。

今年もこのテーマのもとに社員一同

より一層頑張ってまいります。

今年もどうぞ宜しくお願い致します!

 

 

 

新富町 K様邸 上棟式

秋晴れが広がる心地よい風が吹く中、 新富町にありますK様邸の、上棟式が執り行われました。
11/4 上棟式
昔の様に完成までに災いが起きないように 願いを込めて行うだけではなく、 最近は工事関係者(棟梁や大工さん達)に 感謝の気持ちを表す「おもてなしの心」が とても強くなっていると感じます。
家を建てるということは、 大きな厄災を伴うことでもあり、お金や餅をまいて 持ち帰ってもらうことで、厄災を分散する為に行うそうです。 最近よく見られる上棟式は略式という簡単なものになっていますが 建物の四方にお神酒、塩、米をまいてしっかりと祀って清めます。
他の県によっては 棟上げ、四方祓い、もち巻き、よも祓いと呼ばれる儀式ですが 宮崎県では「せんぐまき」と呼ばれています。
たくさんの方に来ていただきました
ご主人様も自然と笑みがこぼれます
K様ご家族と千人の職人
来て頂いたK様親族、ご近所の方々、ありがとうございました。 雲一つないお天気にも恵まれ、とても良い一日となりました。 これからどんな形になっていくのか我々も楽しみです。

90歳でリノベ挑戦!! ついに完成❕

姫城町にお住いのT様。御年90歳!

「あと10年は生きたい」という希望を

このたび、千人が後押しする仕事をさせて頂きました。

・和室からキッチンに行くのに廊下を通らなければならず面倒

・和室から直接トイレに行けるようにしたい

この2点を改善点として工事を進めていきました。

まずは寝室。

畳張りの押入のある和室でした。

6/30 着工前 寝室

 

6/30 着工前 寝室

 

天井の長押しや子壁がないだけで

天井の高さが感じられ、とても広くなりました。

窓ガラスもペアガラスに交換したことで

断熱効果が期待できます。

        11/16 完成 寝室

 

  11/16 完成 寝室 キッチンへ繋がります

     11/16 完成 寝室

 

 

次にキッチン。

コンロやシンクの場所は変えずに新しいものに取り換えました。

6/30 着工前 キッチン

11/16 完成 キッチン (左端に見えている部屋が寝室)

 

ベッドルームからキッチンに

自由に行き来できるようになっただけじゃなく

収納も確保したので

「物があふれてどこに行ったか分からない!」

なんてこともなくなりそうです。

11/16 完成 キッチン (右のガラス戸反対側が廊下)

 

 

今回、わが社では初となる90代のお客様のリノベーションでした。

—-まさに「人生100年時代」を地で生きる挑戦—-

T様の希望に沿ってお仕事させてもらえたことは

我々千人社員にとっても感慨深い出来事となりました。

これからもT様の元気な姿を見守っていきたいと思います。