中学生による職場体験

11月8日より3日間にわたって、市内の中学2年生2名の職場体験の受け入れがありました。

男子、女子1名ずつの今回の受け入れということで、弊社の方でスケジュールを作り、それに沿った流れで過ごした3日間でした。

それでは、早速、3日間の様子を。。。

【1日目】

オリエンテーションや会社概要、仕事内容、スケジュールの説明に始まり、午後からは製図の作成スタート。2人には「自分が住みたい家」と題し、イメージ作りからの開始でした。

DSCN2108
<↑住みたい家のイメージ作りは、まず手書きによるスタート↑画像無断転載禁止🚫>

 

 

 

 

 

 

 

あっという間に初日を終え、清掃や日誌を記入して終了。

日誌には、「設計時に、日当たりの工夫をしていることを学んだ」などと書かれており、真剣な取り組みがうかがえました。

 

【2日目】

この日も午前中は製図に励みます。

DSCN2115
<↑手書きのイメージは、パソコンによってより具体化されていきます↑画像無断転載禁止🚫>

 

 

 

 

 

 

 

午後からは武田マネージャーに連れられての現場見学。製図のデスク作業とは全く違った外の空気です。

DSCF4233
<↑大工さんに教えてもらいながら筋交いプレートのビス止め↑画像無断転載禁止🚫>

 

 

 

 

 

 

 

さすが男の子です。緊張しながらも上手に作業することができました。口数が少なくおとなしい2人でしたが、現場での作業も真剣そのもの、興味深く取り組んでいました。

この日の日誌の中で「家を地震の揺れから守るために、木の組み方や釘の打ち方を工夫していることがわかった。」「現場では一人や少人数での作業もあり、自分の判断で行動しなければならない」等とあり、話を聞き、目で見て得る事のできる生きた学習そのものではなかったかと感じられます。

 

【3日目】

いよいよ最終日です。この日は、それぞれの思いを込めた製図が完成!!

全く違う間取りの家となりました。

20171116154925060-3

 

 

 

 

 

 

 

20171116154925060-2
<家の中の様子まで詳しく書けました>

 

 

 

 

 

 

20171116154925060-1
<こちらもしっかりと書けています>

 

 

 

 

 

 

製図の経験をした2人からは、達成感とうれしさが伝わってきました。

2人の日誌には家具の配置や工夫にだいぶ悩んだようで、「製図の難しさ」が書かれていましたが、短い時間の中での頑張りが製図完成に繋がっているようです。

午後からはショールームの見学や現場の後片付けをしてこの三日間を終えました。

それぞれ、学校準備の履歴書内には2人の志望の動機がつづられていましたが、志望理由には、”建設関係の仕事に就きたい”、”インテリアコーディネーターになりたい”と、将来の明確なビジョンがしっかりと書かれており、その夢が叶う日を応援するばかりです。

ぜひとも夢実現に向かって頑張ってほしいと思います。

 

浴室・風呂の浴室暖房などのリフォームを行いました。

我が社は様々な工事をしております。
先日、浴室リフォーム工事をさせて頂きました!

「浴室が寒い、広々と湯舟に浸かりたい。」という

お客様のご要望から、

↑Before↑
↑Before↑

TOTOの最新型バスルームへ♪

↑After↑
↑After↑

 

 

 

 

 

 

ドアにはレバーンドルが付き、開閉しやすくなり、
壁には手すりが各所に付いているので、お年寄りの方も安心です。
狭かった浴槽も広々と足が伸ばせるようになりました!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

床はTOTOの『ほっカラリ床』。使用後もカラッとすぐ乾きますし、
ふんわりとした踏み心地なんです!
今までヒヤッと冷たく滑りやすいタイルから、やわらかくてホッと暖かい

床に変わり、浴室へ1歩踏み出す時の抵抗感ゼロです!
浴室暖房も付いているので、ヒートショック防止にもなります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

壁もタイルの目地がなくなり、浴室のお手入れがし易くなりました。

今までの浴室は寒く、狭い浴槽で不便でしたが、今回のリフォームで
広々と湯舟に浸かるもでき、最高に気持ちいいです!とお客様も大喜びでした!!

浴室は体の汚れを落とすと共に、一日の疲れを癒すリラックスする場所。
最高に気持ちいい♪と思える快適なバスルームっていいですよね!

 

都城市 安久町 M様邸 上棟式が行われました!

先日、都城市 安久町 M様邸 上棟式が行われました!

あいにくの雨でしたが、思った以上の方々に来て頂きました!!

そもそも上棟式とは?・・・『上棟式とは、建物の守護神と匠の神を祀って、

棟上げまで工事が終了したことに感謝し、無事、建物が完成することを

祈願する儀式』を言います。

東に向かって、二礼二拍手一礼をします。
東に向かって、二礼二拍手一礼をします。
餅まき開始です!!
餅まき開始です!!

IMG_3025

お施主様が餅まきをします。
お施主様が餅まきをします。
皆さん、取るのに夢中です!
皆さん、袋を片手に取るのに夢中です!
こちらがお施主様、親子3世代です。
こちらがお施主様、親子3世代です。

 

IMG_3011

我が社の家づくりの特徴である、「深軒」の家。

日本の気候には深い軒が一番合っています。

夏場は、深い軒により窓ガラスや外壁に直射日光が当たらないので、室温が

上がる事なく、涼しく過ごせることができ、冬場は軒があっても日射角度が低

くなるため、日差しを遮ることはありませんので、室内に日光が入り、

温かく過ごせます。

深軒の詳しい説明はこちら・・・

 

DSCF4456
こんなに軒が長いのです!

IMG_3013

 

これからも完成まで引き続き心を込めて工事させて頂きます。

またブログでも工事過程を随時アップしていきますので、

よろしくお願い致します!

 

 

都城市 安久町 M様邸 上棟式を行います!!

地鎮祭も終わり、上棟へ向けての先行工事も着々と進んでおります。

我が社では、『そうじ、片付け、養生、あいさつ。』を心掛けて

現場に取り組んでおります。

DSCF4422s

土台になる木材が緑色になっているのがわかりますか?

これは木材が腐っているわけではなく、防腐・防シロアリ効果のある薬剤が

注入された木材なんです!

非常に高い防腐・防シロアリ効果を長期間にわたって持続してくれます。

木造住宅は、木が腐るという心配と、シロアリ被害の不安がありますが、

これなら安心ですね!

 

3日(金)に上棟式を行います!!

3日の天候はあいにくの曇り。でも、雨の心配は無さそうです!

当日無事に行われるよう、協力会社さん、担当マネージャーを始め着々と

準備を始めております。

当日の様子はまたブログで報告致します!

『宮崎市・加江田の家 新築見学会』が終了致しました!

21、22日に行われた『宮崎市・加江田の家 新築見学会』が無事、

終了致しました!

杉をふんだんに使ったリビング
杉の木をふんだんに使ったリビング
ダイニングから続くキッチン
ダイニングから続くキッチン

台風の影響を心配しておりましたが、多くのお客様にご来場頂きました!

お足元が悪い中、ご来場頂きありがとうございました!そして、見学会の会場

を提供して頂いたお施主様にも本当に感謝しております!

IMG_2962s

DSC04388
家の構造について真剣に聞いていらっしゃいます。
家の構造に興味深々です。
家の構造に興味深々です。

今回は、「木のぬくもりを感じられる家・コア収納の家」ということで、

木の風合いを気に入られた方や家の中央にあるコア収納に興味を

持たれたお客様が多かったです。

コア収納や玄関入ってすぐにある取りつき洗面など、生活しやすい工夫が

されていたという声もありました。

こちらのコア収納の引き戸も風通しをよくする工夫(武者窓といいます)が

されています!

DSC04347
DSC04346
DSC04348
こちらをスライドすると風が通るようになっています。

杉の木をふんだんに使った『宮崎市・加江田の家』、

木のあたたかみと落ち着いた雰囲気、生活しやすい空間が

感じられたと思います。

また不定期ではありますが、今後も見学会を行う予定です!

その際はまたブログでもお知らせいたしますので、是非、

千人の家づくりを体感してください!

IMG_2986s
DSC04337

 

 

『宮崎市・加江田の家 新築見学会』 開催致します!!

10/21(土)、10/22(日)の2日間にわたり、

『宮崎市・加江田の家 新築見学会』が行われます!

今回の見どころは「コア収納の家、木のぬくもりを感じられる家」です。

完成した一部をお見せします!

エントランス
エントランス
エクステリア⑸つくばいs
日本庭園の特徴である「つくばい」

エクステリア⑶アプローチ1s今回の加江田の家は外構もこだわっております。是非、味わって御覧下さい♪

玄関
玄関
リビング
リビング
取りつき洗面
取りつき洗面
サニタリー
サニタリー
浴室
浴室
コア収納
コア収納・・・家の中心にある収納のことをいいます。

新築見学会の詳細はこちらになります。

現在台風21号が九州に近づいていますが、今のところ両日とも開催予定です!

どうぞお気を付けてお越し下さい。

 

専属大工さんの紹介

我が社には千人専属大工さんとして頑張ってくれいている大工さんがいますが、大工以外に細かな工事なども臨機応変に対応できる技術の持ち主さんばかり。本当にその対応力にはビックリです!!

今日はその中の一人、松尾大工さんをご紹介します。

ブログ1

高校を卒業してから大工さん一筋25年で千人では今年で15年目のベテラン大工さんです。

現場での状況判断が早く、マネージャーからの信頼もあり、千人で一番若手の大工さんです。

ブログ3ブログ2

 

 

 

 

 

最近はなかなか行けなくなったそうですが、魚釣りが趣味で志布志の枇榔島に出かけることもあるそうです!!

これからも身体に気を付けて、千人大工としてよろしくお願いします。

ブログ4

住まいと収納について

住まいのダイエットをしてみてわかった!(朝日テレビ調査)

片付け苦手な主婦が口にする、多い言い訳ベスト3

  1. 物がすてられない
  2. 仕舞う場所がないから
  3. いつか使う時がくるから

だそうです。

片付けが苦手な方(私もですが・・)皆さんの心当たりあるのでは?

そして住まいのぜい肉になりやすいものベスト3

  1. 洋服
  2. マグカップなどのコップ類
  3. フライパン&鍋

だそうです。

確かに洋服は何年も着ていないものや、マグカップはあまり可愛くない景品などのマグカップなどが奥に溜まってるな・・・と思いました。(”Д”)

みなさんはどうですか?!

洋服は2年着ていないものは、その先、着る事はないそうです。「ヒト」は「モノ」をため込む事で安らぐ動物なのです。いつまでに着なかったら、使わなかったら・・と、めどを決めて処分すると決めてみるとよいかもしれません。

我が社では住まいの中の『収納』は快適な住まいを保つ為にも、そしてヒトの健康寿命にも繋がる程大事なアイテムの一つだと考えております。

~我が社で独自にまとめた「収納計画の7つのポイント」も参考にしてみてください~

収納について

すまいは「ヒト」と「モノ」の居場所から成り立っています。快適な住まいは、このバランスがうまく保たれています。 しかし、住まいのアンケートで、今の不満を聞くと決まって第一位なのは「収納」です。 時代や暮らし向きとともに、「ヒト」の欲望と心情を映し出すこの収納の問題は「ヒト」が理想的な住まいを求め続ける限り、永遠のテーマかもしれません。

収納計画の7つのポイント

1.一目瞭然が収納の基本

どこに何があるのかが一目で判れば・・・
イ)探し物をしない → 時間のゆとり
ロ)二度買いをしない → お金にゆとり

2.「適・材・適・所」を考える

必要な所に必要な「モノ」と必要な量の収納を。使う場としてしまう場所の動線を最短に。

3.収納計画は現状収納の1.5倍以上に

「ヒト」と「モノ」をためこむことで安らぐ動物です。増えることはあっても減ることはありません。

4.出しやすさよりも、しまいやすさを優先

収納計画の重要なコンセプトに、「ヒトは恐ろしくナマケモノである」というのがあります。
この、ものぐさでめんどくさがり屋さんに、いかに片付けてもらうかが収納計画のダイゴミの1つです。

5.ゴールデンゾーンに使用頻度の高いモノを

「ヒト」が立ったまま手の届く範囲をゴールデンゾーンといいます。
利用する人の身体条件に合わせて、ゴールデンゾーンをレイアウトすることも大切です。

6.踏台を利用する場所には収納しない

特に高齢になっていくにつれて危険です。高いところは、仕舞いっぱなしになります。

7.見せる収納と隠す収納の調和を

見せる収納が多いと雑然として、隠す収納が多いと殺風景です。この辺のバランスは半々が無難でしょう。

 

 

 

宮崎市加江田 M様邸 新築工事順調に進んでおります②

宮崎市加江田 M様邸 新築工事順調に進んでおります!

こちらのお家はプレカット(機械によるカット)が主流のなか、職人による手刻みによるカット、そして建築の一部を金具等を使わずに木組みだけで組み立てる本来の家造りに沿った『伝統的構法』の技術で建築されています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
我が社の特徴である深軒きです。
こちらリビングから見たダイニングキッチン①
こちらリビングから見たダイニングキッチン①
リビングから見たダイニングキッチン
リビングから見たダイニングキッチン②
こちらは約10帖のリビング
こちらは約10帖のリビング

 

また、こちらの家は天井・床共に宮崎県材である杉の木をしており、木のぬくもりや味わいを空間として体感できる家造りとなります。

日本人は家では靴を脱いで歩いたり、座ったり、寝転んだり・・・人の肌が直接触れ合う機会が多いからこそ、ぬくもりのある肌触りの良い素材は心地よいものとなります。

これから少しづつ家として形になっていくのが楽しみですね☆彡

引きつづきレポートしますのでお楽しみに!