Life Asist Comany 千人

ブログ

2024年最新版!『住宅省エネ2024キャンペーン』始まります!

2023年11月10日、令和5年度補正予算案が閣議決定され、2024年も省エネリフォームに対する大型補助金が継続されることになりました!

今年はな、なんと!環境省・経済産業省・国土省合わせて4,215億円の過去最大規模の予算が閣議決定されました。これは知らなきゃ損損!!リフォームチャンスの到来です!

子育てエコホーム支援事業

制度の目的

エネルギー価格などの物価高騰の影響を受けやすい子育て世帯・若者夫婦世帯※による高い省エネ性能を有する新築住宅の取得や、住宅の省エネ改修等に対して支援することにより、子育て世帯・若者夫婦世帯等による省エネ投資の下支えを行い、2050年カーボンニュートラルの実現を図る。

※子育て世帯:18歳未満の子を有する世帯若者夫婦世帯:夫婦のいずれかが39歳以下の世帯

補助対象

高い省エネ性能を有する住宅の新築、一定のリフォームが対象(事業者が申請)録が必要。※経済対策閣議決定日(令和5年11月2日)以降に、新築は基礎工事より後の工程の工事に、リフォームはリフォーム工事に着手したものに限る(交付申請までに事業者登録が必要)。

子育て世帯・若者夫婦世帯による住宅の新築

対象住宅補助額

①長期優良住宅 ②ZEH住宅

(強化外皮基準かつ再エネを除く一次エネルギー消費量▲20%に適合するもの)
※対象となる住宅の延べ面積は、50㎡以上240㎡以下とする。
※土砂災害特別警戒区域又は災害危険区域(急傾斜地崩壊危険区域又は地すべり防止区域と重複する区域に限る)に立地している住宅は原則除外とする。

※「立地適正化計画区域内の居住誘導区域外」かつ「災害レッドゾーン(災害危険区域、地すべり防止区域、土砂災害特別警戒区域、急傾斜地崩壊危険区域又は浸水被害防止区域)内」で建設されたもののうち、3戸以上の開発又は1戸若しくは2戸で規模1000㎡超の開発によるもので、都市再生特別措置法に基づき立地を適正なものとするために行われた市町村長の勧告に従わなかった旨の公表に係る住宅は原則除外とする。
①100万円/戸②80万円/戸
ただし、以下の(i)かつ(ii)に該当する区域に立地している住宅は原則半額
(i)市街化調整区域

(ii)土砂災害警戒区域又は浸水想定区域(洪水浸水想定区域又は高潮浸水想定区域における浸水想定高さ3m以上の区域に限る)

住宅のリフォーム*1

対象工事補助額
①住宅の省エネ改修

1開口部の断熱改修
2外壁、屋根・天井又は床の断熱改修
3エコ住宅設備の設置
——————————————————-


②住宅の子育て対応改修、バリアフリー改修、空気清浄機能・換気機能付きエアコン設置工事等(①の工事を行った場合に限る。)*2
リフォーム工事内容に応じて定める額※
・子育て世帯・若者夫婦世帯:上限30万円/戸

・その他の世帯:上限20万円/戸

※子育て世帯・若者夫婦世帯が既存住宅購入を伴う場合は、上限60万円/戸

※長期優良リフォームを行う場合
・子育て世帯・若者夫婦世帯:上限45万円/戸
・その他の世帯:上限30万円/戸

*23省連携事業により住宅の省エネ改修を行う場合は、①の工事を行ったものとして②の工事のみでも補助対象とす

*1「断熱窓への改修促進等による住宅の省エネ・省CO2加速化支援事業」(環境省)、「高効率給湯器の導入を促進する家庭部門の省エネルギー推進事業費補助金」(経済産業省)及び「既存賃貸集合住宅の省エネ化支援事業」(経済産業省)(*2において「3省連携事業」という。)とのワンストップ対応を実施。
*23省連携事業により住宅の省エネ改修を行う場合は、①の工事を行ったものとして②の工事のみでも補助対象とする。

対象者

令和5年11月2日以降に「リフォーム工事」に着手し、申請した方

受付期間

令和6年3月中下旬~予算上限に達するまで(遅くとも令和6年12月31日まで)※申請はリフォーム事業者を通じて行います。お早めの申請をおすすめします。

子育てエコホーム支援事業の詳細はこちら

先進的窓リノベ

制度の目的

断熱窓への改修を促進し既存住宅の省エネ化を促すことで、エネルギー費用負担の軽減、健康で快適なくらしの実現及び家庭からのCO2排出削減に貢献するとともに、断熱窓の生産効率向上による関連産業の競争力強化と成長を実現する。

補助制度

高い断熱性能を持つ窓や玄関ドアへの改修※に関する費用。窓に関しては1/2相当等を定額補助(一戸あたり最大200万円)(リフォーム事業者が申請し、住宅所有者等に全額還元)

2024年度は予算規模過去最大1,350億円となっています!

※経済対策閣議決定日(令和5年11月2日)以降に対象工事(断熱窓への改修を含むリフォーム工事全体をいう)に着手したものを対象とする。なお、窓の改修と同一契約内でドア(開口部に取り付けられているものに限る)についても断熱性能の高いドアに改修する場合には、補助の対象とする。

補助額の例

工事内容グレード大きさ区分

(2.8㎡~)

(1.6㎡~2.8㎡)

(1.6㎡未満)
内窓SS112,000円76,000円48,000円
S68,000円46,000円29,000円
A52,000円36,000円23,000円
カバー工法SS220,000円163,000円91,000円
S149,000円110,000円74,000円
A117,000円87,000円58,000円

今年はカバー工法(既存のサッシの上から新たな窓枠を被せるの補助額が増額!

工事内容 グレード 面積 主な商品
大(2.8㎡以上)
(1.6㎡以上2.8㎡未満)
小(1.6㎡未満)
ドア交換 SS 220,000円 163,000円 109,000円 S: リクシルリシェント高断熱性仕様ハイグレード
A: リクシルリシェント高断熱性仕様
S 149,000円 110,000円 74,000円
A 117,000円 87,000円 58,000円

※2024年度は対象商品に断熱ドアが追加されました!(窓改修併用の場合のみ

対象者

令和5年11月2日以降に「リフォーム工事」に着手し、申請した方

受付期間

令和6年3月中下旬~予算上限に達するまで(遅くとも令和6年12月31日まで)※申請はリフォーム事業者を通じて行います。お早めの申請をおすすめします。

千人の内窓参考価格

千人は2023年リクシル内窓工事数九州の工務店で第一位になりました!

先進的窓リノベの詳細はこちら

給湯省エネ事業

補助制度

家庭で最大のエネルギー消費源である給湯器の⾼効率化を支援する補助⾦を新たに創設。⾼効率給湯器(ヒートポンプ給湯機、ハイブリッド給湯機、家庭⽤燃料電池)が対象。※省エネ法に基づくトップランナー制度における省エネ基準を満たすもの等に限る。

ヒートポンプ給湯機
(エコキュート)
ハイブリッド給湯機家庭用燃料電池
(エネファーム)
補助額(予定)最大13万円/台最大15万円/台最大20万円/台
※機能・性能で補助額が変わります。

対象者

令和5年11月2日以降に「リフォーム工事」に着手し、申請した方

受付期間

令和6年3月中下旬~予算上限に達するまで(遅くとも令和6年12月31日まで)※申請は工事請負契約等を結ぶ販売店、工務店等を通じて行います。お早めの申請をおすすめします。

給湯省エネ2024の詳細はこちら

賃貸集合給湯省エネ事業

補助内容

既存賃貸集合住宅において、一定の基準を満たしたエコジョーズまたはエコフィールに取り替える※場合、機能ごとに設けられた定額を支援。※従来型給湯器からの取替に限る。

補助金は、給湯器の交換を行う事業者等の申請に基づき、賃貸オーナー等に補助金全額が還元されることを条件に、当該事業者に対して交付

追焚機能無し追焚機能有り
補助額5万円/台7万円/台

対象

令和5年11月2日以降に「リフォーム工事」に着手し、申請した方

受付期間

令和6年3月中下旬~予算上限に達するまで(遅くとも令和6年12月31日まで)※※申請は工事請負契約等を結ぶ販売店、管理会社等を通じて行います。お早めの申請をおすすめします。

賃貸集合給湯省エネ事業の詳細はこちら

———————————————————————————

2023年度の大型補助金が2024年も継続されることが決定いたしました。2023年度に間に合わなかった方必見です!!

2024年補助金に関しましては千人岩川までご連絡ください!

0120-1000-76

お住まいのことで、「お困りごと」はございませんか?

「ライフ」つまり住まいづくりを通して人の「いのち・くらし・あした」を支える会社です。
お住まいで、「お困りごと」はありませんか?
都城にて1976年創業。地域密着の小さな会社ではありますが、メンテナンス、リフォームとリノベーションから始め、伝統工法による注文住宅、医院、介護施設、商業施設の新築、そして古民家再生など多くのお客様のニーズを形にしてきました。どんな小さなことでもお住まいに関してお困りのことがあればお気軽にご相談下さい。

0120-1000-76 受付時間:9:00-18:00

この記事を見た人は、次の記事もチェックしています。

お問合せ 資料請求 相談する