Life Asist Comany 千人

ブログ

上棟式が行われました!

先日、都城市志比田町にて上棟式が行われました!

上棟式とは?!

住宅の骨組みは、屋根のもっとも高い部分に横たわる「棟木(むなぎ)」を取り付けることで完成しますが、この最後の作業を「棟上げ(むねあげ)」と呼び、「上棟式」を開催してお祝いします。家屋の守護神と大工の神を祀って、棟上げを無事に終えられたことに感謝するとともに、最後まで工事の安全を祈る儀式です。神恩に感謝すると同時に、施主は建築現場の関係者に料理やお酒をふるまったり、手土産やご祝儀を渡したりするなどして、労いの気持ちを表します。

棟木とは、母屋や桁と平行に取りつけられる屋根の一番高い位置にある部材です。

上棟式の流れ

上棟式の流れ

  • 棟梁が棟木や祭壇に、御幣や棟札を飾る
  • 「四方固めの儀」棟梁と施主が家の四隅に酒・米・塩などをまく
  • 無事に工事を進められるよう祈願し、二礼二拍手一礼をする
  • 施主が挨拶をしてから乾杯する
  • 場合によっては、餅や銭、お菓子などをまく
  • 手締めを行う
家族みんなで記念写真。素敵なご家族(*^^*)これから楽しみですね。

今後とも安全第一に工事を進めさせて頂きます。引き続きS様宜しくお願い致します✨

お住まいのことで、「お困りごと」はございませんか?

「ライフ」つまり住まいづくりを通して人の「いのち・くらし・あした」を支える会社です。
お住まいで、「お困りごと」はありませんか?
都城にて1976年創業。地域密着の小さな会社ではありますが、メンテナンス、リフォームとリノベーションから始め、伝統工法による注文住宅、医院、介護施設、商業施設の新築、そして古民家再生など多くのお客様のニーズを形にしてきました。どんな小さなことでもお住まいに関してお困りのことがあればお気軽にご相談下さい。

この記事を見た人は、次の記事もチェックしています。

お問合せ 資料請求 相談する