宮崎市佐土原町  耐震&リノベーション進行中!!

 

 

屋根を除いた建物全周に住宅の構造を水気・湿気から守るために「透湿防水シート」の施工を行います。

●防湿コンクリートを流し込みます

古い住宅は土の上に直接家が建てられケースが多い為、床下の湿気がこもりやすく、また断熱等の問題が出てきます。今回は防湿コンクリートを流しこみそれらの問題を解決!!これによりまた耐震性も確保できます。

 

 

●床断熱工事

 床断熱材施工することによって、床下からの冷気の侵入を抑え、底冷えを防止します。隙間なくを隙間なく充填していく事が大切です。

特に間仕切壁の周辺は隙間ができやすいでの注意して施工していきます。

●こちらは耐震工事

土台や筋交い、柱などの接合部に耐震金物を取り付け、建物の強度を補強することで耐震性がアップします。

地震に耐える壁が少ない場合や壁の配置バランスが悪い場合、壁に筋交いを設置し、耐震性を増すことで倒壊などの危険を防ぎます。

    既存建築物の耐震改修工事が設計図書通り施工されていることを第三者の立場から工事検査を行い、耐震改修工事検査済書を発行いたします。

家の基盤が少しづつ出来上がってきました!

次はいよいよ内装工事へ入ります!!