Life Asist Comany 千人

ブログ

住み継ぐリノベーション。介護しやすい家

こちらは高鍋町の住み継ぎリノベーション🏠

お母様と娘さんご夫婦、お孫さんと三世代が住むということで生活スタイルを考慮し部屋の間取りを設計、と同時に耐震工事・断熱・内窓の施工!

また建具やカウンター等の資材は再利用したいとのご要望もありそれにあわせてリノベーションをさせて頂きました!!

間取り

before

after

断熱は家全体の床・壁・天井にグレード4の断熱工事を施工!リフォームでは国が定めた住宅性能表示制度上の最高ランク!!また内窓や断熱窓も設置しました!

施工前

キッチン&ダイニング&和室

完全独立型のキッチン。手前のダイニングへの出入りが出来ない間取りでした。キッチン全体へも光が入りずらく全体的に暗い印象のキッチンでした。

ダイニング1(奥がキッチン) ダイニンング2

施工後キッチン

キッチン

対面式のキッチン!シックな色合いに仕上がりました✨
窓からの光も入り全体的に明るくなりました

キッチン納戸

キッチン納戸

広々キッチン納戸も完備!(約3帖)
背面収納も完備!キッチン窓には内窓を設置。その他の各部屋にも内窓を設置し断熱効果を高めました!

内窓について詳しい内容はこちら・・

リビング&ダイニング

ダイニングに連なる和室を洋室に変更し、LDKともに約23帖の広さになりました✨✨

お施主様のご希望で今回のリビングのライトは他の部屋に使用していたものを使用しました。
白を基調とした明るい雰囲気と、木の柱や扉が温かみをかんじますね☺リビングは南側に面している為、家族が一番長くいるこの部屋は日中は日当たりもよく、明るい空間へとなりました。

またリビングまえの縁側も無くした事で、リフォーム前より中まで光が入りやすくなりました!!

老後の生活しやすい間取りに・・・

そして今回お母様のお部屋(東側カド部屋)の近くに水廻りの設置をご提案させて頂きました。というのは、お母様は以前お父様の介護の御経験があり、介護の大変さを話してくださいました。

もし、将来自分がそうなったら・・・自分自身にも、そして子供たちになるべく介護の負担をかけないようにしたい・・・その想いがありました。

将来万が一の事を見据えた時、介護の中で最も大変なトイレ・入浴等がしやすいようにお部屋の近くに設置することで老後も負担なく行き来しやすいように、また介護する際の負担が減らせるのではないかと、部屋全体バリアフリーも含めて今回ご提案させて頂きました。

after お母様のお部屋

こちらの机も以前の物を再利用!

こちらのお部屋から納戸を通ると洗面台、トイレ、脱衣所、浴室へと繋がります。

またこちらの障子も以前和室にあったものを再利用させていただきました😃


こちらのランマは以前和室にあったものを再利用!

➡限りある資源を大切にしました 😊

洗面台・トイレ・浴室

洗面台

奥の扉はトイレ 扉は引き戸にすることで開閉の際場所を取らず、車いすでも不便ではありません。

トイレ

トイレはタンクレスですっきりしました!広さも車いす対応の広さです!

トイレのカウンターも以前の物を再利用させて頂きました!

浴室

今回、水廻り全体を車いすでも通れるように広さを確保。部屋全体もバリアフリーにしました。

脱衣所、お風呂にも内窓を設置!浴室や脱衣所の寒さの大きな原因は「窓」から熱が逃げて行く・冷気が伝わることです。「内窓」を設置することで冷気が伝わりにくくなり気密性もアップするので、室内の温度が保たれるようになります。ヒートショック防止にもなります。

今回は三世代が住む間取り。リビングを境にそれぞれの空間をわけプライバシーを保ちました。
また水廻りをお母様のお部屋を中心に置くことでご高齢でも負担なく行き来しやすい間取りとなりました!

きっとリビングはお母様と娘さん家族の二つの暮らしが向き合う大切なお部屋になりそうですね😊

床面積 165.61㎡(50.13坪)収納率14.99%

お住まいのことで、「お困りごと」はございませんか?

「ライフ」つまり住まいづくりを通して人の「いのち・くらし・あした」を支える会社です。
お住まいで、「お困りごと」はありませんか?
都城にて1976年創業。地域密着の小さな会社ではありますが、メンテナンス、リフォームとリノベーションから始め、伝統工法による注文住宅、医院、介護施設、商業施設の新築、そして古民家再生など多くのお客様のニーズを形にしてきました。どんな小さなことでもお住まいに関してお困りのことがあればお気軽にご相談下さい。

この記事を見た人は、次の記事もチェックしています。

お問合せ 資料請求 相談する