【ビフォーアフター】増築・LDK・バス・トイレのリノベーション都城市Y様邸

都城市Y様邸のリノベーションです。

今回、Y様の息子様ご夫婦と一緒に住まわれるために増築とLDKと水廻りのリノベーションをしたいとのご要望をお客さまよりいただきました

 

リノベーション工事が始まりました

以前は倉庫だった所をなくし、増築します。

増築前 庭 増築 基礎づくり

 

型枠にコンクリートを流して基礎を作ります。

コンクリートが固まったら、型枠を外します。これで基礎ができました。

増築 基礎型枠 増築 基礎完成

 

 

基礎ができたら次は土台を敷きます。

土台を敷くときに床下の通気を確保するために基礎パッキン(黒い板のようなもの)を一緒に敷くのですが、

その結果土台(木部)を乾燥させ、湿気をため込まないようにするためのもので、とても大事な作業です。その上に柱を組み立て、屋根になる部分の骨組みを作ります。

増築 土台 柱

 

筋交いや火打ち梁をし、地震が来ても倒れないように補強をします。

増築 筋交い 火打ち梁

 

筋交いは、土台に少し切込みを入れてからはめます。こうすると地震などで建物がゆれてもズレにくくなり、しっかりと土台と柱を支えることができます。

筋交い

 

この家の二間の和室の窓際には真ん中に柱がありましたが、窓を新たに設置するために梁をかけ、柱を2本建てました。

その端と端に筋交いをして耐震補強を行います。

耐震補強 梁 柱

耐震補強 筋交い

 

筋交いをし、さらに金物(筋交プレート)で筋交いの補強をし、柱接合金物で土台と柱の強化をします。

耐震補強 筋交いプレート

増築の部分も同じように金物プレートと柱接合金物で強化します。

耐震補強 柱接合金物

 

 

空間を広くする為に真ん中の柱を抜く作業をしています。真ん中の柱を少しずらして大きな梁をかけている所です。

柱を抜くため梁を追加

 

 

梁がかかったら、真ん中の柱を完全に抜きます。そして、ボルトで固定します。これで上からの荷重を支えることができます。

柱を抜くため梁を追加

 

 

つづいて、断熱を行います。
昭和55年頃の日本の断熱というのは十分にほどこされていませんでした。

断熱をしっかりほどこすことによって冬は暖かく、夏は涼しく過ごしやすい空間へと生まれ変わります。

人生100年時代を元気に生きぬくための対策として、断熱工事は一番効果があります。

 

床に断熱材を敷きます。

断熱 床断熱 断熱 床断熱

 

壁にもしっかり断熱材を入れます。

断熱 壁断熱 断熱 壁断熱

 

もちろん、天井にもお風呂場にも断熱材を入れていきます。とても大事な作業なので、3日かけて作業をしていきます。

断熱 天井断熱 断熱 お風呂の壁断熱

 

断熱工事が終わったら、いよいよ内装工事に入ります。

天井や壁にクロスをはり、床材を敷き建具を完成させます。

内装工事 内装工事

内装工事

さて、どのようにリノベーションされたのでしょうか。

完成(ビフォーアフター)

それでは完成したY様邸のリノベーションを見ていきましょう。

リノベーション ビフォーリノベーション アフター

 

ビフォー 玄関

アフター 玄関

玄関はLIXILのリシェント玄関引戸を使用。

この玄関引戸は断熱仕様になっています。外部からの熱気や冷気を優れた断熱性で、室内の快適空間を保つことができます。

高い防犯性を誇るロックシステムを標準装備しており、防犯対策もばっちりです。

 

 

アフター 和室1

 

アフター 和室2

増築した和室です。襖で仕切ることも出来ます。

 

ビフォー 和室

アフター ダイニング

ダイニングです。キッチン横の和室は壁と柱を抜いて一つの空間にしました。

壁が無くなるだけ広がりのある空間になりましたね。周りを見渡せるのでキッチンでお料理を作りながら庭を眺める事もできます。収納部分には洋服をかけたり、生活雑貨を収納できます。

 

ビフォー キッチン

アフター ダイニングキッチン

 

アフター キッチン

壁付けタイプのキッチンから対面式のキッチンへ変わりました。

木の風合いを感じるダークブラウンの床が印象的です。白い壁と床の色で落ち着いた印象を受けます。

キッチンはLIXILのリシェルSIを使用。

リシェルSIは高級感のある最新のシステムキッチンです。特徴は『てこの原理』を応用し楽に引き出せる「らくパッと収納」、熱や衝撃に強い「セラミックトップ」、センサーが物や手の位置と動きを感知して、吐水も止水も自動で行う「ハンズフリー水栓」などです。

床の色ともマッチして統一感がありますね。

 

ビフォー 洗面脱衣室

アフター 洗面脱衣室

洗面化粧台はLIXILのピアラを使用。

ピアラの特徴は大きくて広い「ひろびろボウル」と、使いたい位置に吐水口を可動することができる「くるくる水栓」です。「ひろびろボウル」は吐水口が壁面に設置されているのでバケツなどの大きいものの出し入れもしやすく、「くるくる水栓」は吐水口が左右に振れるので、2人で同時に手洗いをしたり洗顔時も気にせず使えて便利です。

 

ビフォー お風呂

アフター お風呂

 

浴室はLIXILのアライズを使用。

アライズは時間がたってもあたたかいお湯を保つ「サーモバスS」、スポンジでお掃除ラクラクの「キレイサーモフロア」、強い渦が汚れを流す「くるりんポイ排水溝」などの特徴があります。疲れて帰ってきても追い炊きせずに暖かいお風呂に入ることができ、お風呂の汚れが付きにくくお掃除が楽なのって魅力的ですね。

 

ビフォー トイレ

アフター トイレ

トイレはLIXILのサティスSを使用。

なんと世界最小のタンクレストイレです。奥行きが狭くコンパクトサイズなので空間を広々と使うことができます。

新素材のアクアセラミックや便器のフチが丸ごとなくなったフチレス形状をしているのでお手入れがとても楽。

おまけにプラズマクラスターイオンがニオイを消臭、空間全体を快適にしてくれます。日頃の掃除が減って、ちょっとしたことでも自由な時間ができるのがいいですね。

 

いかかだったでしょうか。増築とLDK・バス・トイレのリノベーションを希望されたY様。特に水まわりをすべて替えたいと希望されていました。住宅設備はオールLIXIL。洗面脱衣所や浴室にもしっかりと断熱を行っております。これから寒くなりますので、断熱性能の良さを肌で感じて頂けると思います。

Y様の理想の住まいづくりのお手伝いを出来た事を嬉しく思います。

 

 

 

お住まいで困っていることはありませんか。
リフォームやリノベーションのこと、
修理・メンテナンスのことまで
何でもご相談ください。

ご案内

☎フリーダイヤル 0120-1000-76
宮崎南店 TEL 0985-54-1600
都城店 TEL 0986-26-1000
営業時間 8:00∼19:00
年中無休(※土日祭日は17:00まで)
お気軽にお問い合わせください。

 

 

>>千人の家造り
>>千人の施工実績
>>千人の長生きするリノベーション
>>千人のお客様の声