深軒の家 自然との共生を目指して

自然との共生 ― 持続する社会をめざして

かつて日本の家は低く深い軒を持っていました。それが、近代化の名のもとに経済主義やグローバル化が浸透するにつれて、その軒先は浅く高くなっていったといわれています。

昨今では、軒も庇もまったく見当たらない家もあるほどです。しかし、雨も降らず木陰も必要のない国のことならいざしらず、夏はアジアモンスーン、冬はシベリア寒気団、亜熱帯に近いおびただしい雨量、日本有数の日照、高温に多湿といった、
この南九州地方の風土にあっては、はなはだ無謀極まりない家だと言わざるを得ません。これは日本や自分たちの地域文化をないがしろにして、欧米の文化を無節操に受け入れてしまった結果だということに尽きると思います。

もともと日本の家は日本独自の『自然との共生』という民族的体質の上に成立し、進化してきました。
自然を受容し、同調し、それを日常にたくみに取り入れ、生活文化という領域にまで昇華させてきたのです。
だからこそ伊勢の神殿はパルテノンに比肩し、桂離宮はヴェルサイユ宮を悠々と超えることが出来るのです。

かつて日本の文化と建築に多大な影響を受けたアメリカの世界的建築家 
F・Lライトは、『日本人は地上のどの文明人種にも先がけて、その住居では数百年も前から有機的建築の理想に
近づいている※1』と言っています。

『有機的』つまり言い方を変えれば『自然との共生』ということになります。
F・Lライトが言及し評価した有機的つまり『自然との共生』という、「どの文明にも先がけた建築の理想」は、
いまや見る影もありません。その民族が長い歴史の中で築き、つみ重ねてきた『家』や『住』の伝統や木の文化を、
これほど短期間に放棄しようとしている民族を私達は知りません。

たぶん、欧米の文化の流入とともに、『経済主義というグローバル化』という見えないブルドーザーが日本を一律に均(なら)していったのは間違いありません。
その結果、この地域の風土自然にも背を向けた、どこか無国籍風であじけない、
まるで映画の仮設スタジオのようによそよそしい虚構的な町並みが、日本のあちこちに出現するに至ったのです。室内環境にしても、ほとんどが機械的設備に中毒的にたよっているのが実態です。

そのような現実から、私たちはこの地にもう一度F・Lライトの言う『有機的』、
つまり自然と共生する住まいをつくることをめざそうと考えました。居丈高に自然と立ち向かう家ではなく、
身の丈を低くして大地や風景にとけこむような家。天に聳え立つ破風を仰ぎ見る家ではなく、人や自然や周辺に手を差しのべたような深い軒(のき)をもつ家。近隣に異彩や個性を放つ家ではなく、まるで、この土地の風土自然から生え出たような簡素な家。
室内の環境についても、機械的設備になるべくたよらず、自然の摂理や地域や土地や環境が持つ微細な特徴や微気候※2までも、持続可能な設計技術により、ここちよい住まいとして、その効果をつくり出していく。つまり夏には涼しい緑陰を、冬には陽だまりのような暖かさを、可能な限り内部環境に取り入れていき、かつて
『どの文明人種にも先がけた建築の理想』
を再びめざしていく・・・。

そのような家づくりを総称して『深軒の家-ふかのきのいえ』と私たちは名付けました。
なぜ深軒なのか、それが『自然との共生』やF・Lライトの言う『建築の理想』とどのように繋(つな)がっていくのか、少し整理してお話し、既に家を建てた方には再確認を、これから家を建てようとする方には、少しでも地域における家づくりへの
理解を深めていく縁(よすが)となればそれに尽きることはありません。

※1 『ライトの生涯』、オルギヴァンナ・L・ライト著 遠藤楽・訳P.77
※2 微気象(びきしょう)・地表に起こる大気の現象や地表面での熱の出入りなどの状態。

住まいの7つの効果

1.空調効果-それは自動的空調装置

2.風通し(換気・除湿効果) 衛生維持装置

3.多目的効果 現代の縁側 家と庭をつなぐもの

4.風化劣化抑止効果 持続可能な性能を補完するもの

5.つば(鍔)効果 もしくはハイビジョン効果

6.親和力効果

7.外観のメリハリ効果

1.空調効果-それは自動的空調装置(バッシブコンディショナー)

:持ち出された深軒が室内への直射日光を防止するだけでなく、壁、窓からの熱の貫流を抑止します。また、軒下及び壁からの輻射熱も抑え温気の室内への侵入を防ぎます。 雨天時においても深い軒のために雨が家の中に降り込むことはなく、開口部(窓)からの通風や除湿が可能です。勾配軒天の陰影が涼感を室内に呼びこみます。


:深軒でも日照角度が低いので日光は充分に差し込んで直接部屋を暖めます。また、軒下や壁を暖めた熱が壁内に蓄熱されて室内を保温するだけでなく、輻射熱となって深い軒下に蓄えられて、日中の冷たい外気温の室内への影響を受けにくくしてくれます。

※深軒がもたらす年間を通じた空調効果を、機械的エネルギーで補おうとする
コストは限りなく大きいと言わざるを得ません。


日照角度と軒の効果(宮崎市) 参考:表:各地の日照角度と年間雨量及び年間平均気温
権現町の家外観パース写真
権現町の家外観パース(宮崎市)

2.風通し(換気・除湿効果) 衛生維持装置(サニタリーエレメント)

『通風がよい』建物の場合、風が吹き込むからではなく、気圧による吸出し効果によるものだとされています。

また開口部を開放した場合、一般には陸屋根(水平屋根)より勾配屋根の ほうが吸出し効果がよいことはデーターによって証明されています。つまり風通しのよしあしは、様々な要因が複雑にからみ合う吸出し効果によるものです。
『深軒の家』は夏の季節風や卓越風(たくえつふう:地域特有の風)が、当たる側(南側)の懐の深い勾配軒天が風をためる役割を担い、反対側(北側)の低い軒天がより減圧効果を生じさせて、もう一方のたまった風を吸いだす役割をし、風が家の中を吹きぬける(風洞)効果を生み出し、『自然に風通しのよい家』になっているのです。


風の通り詳細図

※機械的空調はこの自然な通風換気以上の効果を補えるものではありません。自然通風は一年を通じて空気のよどみ、湿気カビ、ダニ、ハウスダスト抑止や様々な病原菌(ウィルス)の殺菌までして人の健康に大きく貢献しているのです。


風の通り詳細図


3.多目的効果 現代の縁側 家と庭をつなぐもの

『深軒の家』の深い軒下空間は室内、屋外のどちらにも属さない中間領域(インターフェイス)です。
どちらにも属さないということはどちらにも利用できるということです。その選択肢が折々の住まい方、
暮らし方のバリエーションを拡げます。

私たちは通常ここは奥行き一軒巾(1.8m)以上のさらし縁にし、庭に降りやすくするための階段(ステップ)を設けます。
そこに好きな椅子でも持ち込んで庭を眺めるのもよし、降りて庭仕事をするもよし、そのような『家』と『庭』、『人』と『季節』をより身近にさせ、橋渡しする効果もこの中間領域が果たす、大切な役割です。家と庭が橋渡しされ、四季おりおりに住まいとして機能して初めてそれは『家庭』となるのですから。

もちろん格好の洗濯物干し場になることはあえて付け加える必要のないことだと思います。



4.風化劣化抑止効果  持続可能な性能を補完するもの

持ち出された深い軒が風雨や熱射、紫外線などの影響を受けにくくすることによって土台や柱、外壁等の劣化を抑止します。『深軒の家』はいわば家自体が深軒という形態をとって、自然風化劣化から自己防衛し、持続可能な性能たらしめている、たのもしい姿なのです。当然メンテナンス費用(補修や塗装)も半減します。

逆に軒が浅かったり庇がないために劣化が著しく進み、定期的に多額のメンテナンス費用を余儀なくされている例を私たちはたくさん見てきました。また、壁や軒下が雨などで濡れないために湿気が生じにくく、土台、柱、床下廻りにシロアリや百足(ムカデ)などの害虫や、カビなどの雑菌、腐朽菌をよりつきにくくさせるだけでなく、室内の環境にも健康障害となる湿気を呼び込みません。

※1300年もの年月を経てなお、法隆寺の五重の塔が建ち続けているのは、まさに床面積の約4.5倍にも及ぶ屋根の広さによるものです。 つまり『深軒の家』は建物の構造性能をまぎれもなく補完するものなのです。


まなび野の家外観パース



5.つば(鍔)効果   もしくはハイビジョン効果

帽子に『つば』がついているように『深軒の家』にも『つば』がついていると考えてください。
この『つば効果』は散乱光を防ぎ、室内から眺める外の風景をはっきりと見せてます。特に勾配軒天がつくるシャープな見切り線と陰影は、室内からの外の風景を額縁のように引き締める効果と、望遠鏡のように遠景を引き寄せ、借景化してくれます。

さらに身近な庭の自然をより身近に引き寄せよせ、引き立たせる効果を持っております。
庭と家との一体感、連続感の創出は日本建築の伝統的手法であり、自然との共生をめざす住まいとしては極めて大切なことです。また、帽子の『つば』同様に夏の日差しも和らげられ、柔らかな光を部屋の 奥にまで運んでくれる効果があります。加えて良いことは、雨の日など窓ガラスに雨がかかりにくいので、外の風景をそのまま表情豊かに見せてくれます。同じようにガラスや窓枠や壁などにも雨が かからないので、ホコリや水あかがつきにくく、掃除の手間が省けるなどいいことずくめの効果なのです。

6.親和力効果

深軒はおのずと低い軒になっています。所によっては軒や天井が手を差しのべた高さになります。
特に玄関は人が寄りつきやすい低さや奥行きを推し測っています。つまり人が家により親しみをもてるようにヒューマンスケールを意図したものになっています。訪れる人に不用意な威圧感を与えないためです。

また脚立程度のもので屋根の上に簡単に登れるので、気が向けば屋根上探索もできます。夜の星空や花火を子供と一緒に見上げるのもまた一興かもしれません。

また、低いところから張上がっていく大屋根は住む人にシェルター(保護機能)としての家と、『同じ屋根の下に住む』という家族の一体感を強く意識させ、家をかけがえのない身近なものに感じさせてくれます。


吉村町の家

7.外観のメリハリ効果

モノの形は光と影によって認識されます。
その形にメリハリがつくのはまさに、その光と影の コントラストの度合いによるものです。外から眺めた時、『深軒の家』には深い勾配軒裏によって 出来る深い影が差しかかります。それが外観にまとまり(統一感)と奥行きを作り出します。 いわば彫りの深い人の顔が陰影によって引き締まって見える原理とおなじです。(ちなみに レンブラントやフェルメールの絵の美しさは、まさにこの光と陰のメリハリ効果の極地とも言うべきものです。)

そして、それは一日の日の高さや空模様、或いは四季おりおりのお天とう様の方位高度に
よって家に差しかかる光と影の具合で微妙に変化します。それは時に光や風と同調し、季節と呼応しながら自然と同化しようとする意思さえ感じられる程に、美しくその姿を見せてくれるのです。


江南の家外観パース

以上が、『深軒の家』が人と自然の共生をめざす理由です。
この7つの効果がF・Lライトが評価した『有機的建築の理想』により近づき、人と家と自然との、ただでさえのっぴきならなぬ関係をより明らかに緊密にし、それによって家を建てた人が、その家を愛(め)で、家族をいつくしみ、地域に親しみ、郷土を愛し、人生そのものを大切にしていく。そしてそこに家が在り続ける限り、私たちは作り手としてその家に関わり、自然との共を検証し、修正し、進化させ、またそれを家づくりに具体的に反映させていく。

その循環と継続の中にこそ共生の持つ命題、すなわち『持続する社会』に、それは応えてゆくものではないだろうか、と私たちは考えます。

お客様の声 夢現場ブログ
ページトップへ
Copyright by Sennin Corporation All rights Reserved.