【きっとあなたの役に立つ資料請求】千人の家造り・魅力が満載!!

千人の家造りや魅力を多くの皆様に知ってもらうために、ご希望の資料を無料でお届けしております!!
内容は以下の通りです。

1 宮崎の木でリフォーム Make Happys 幸せを作るリフォーム読本 Reform Book(宮崎県木材振興課 発行)

当社の木造りの家がたくさん載っています!

 

2 長生きに効く住まいの取扱説明書

 

3 人生100年時代を元気に暮らすための「住まいといのちのかかわり」のエビデンス(根拠)ノート

 

4 癒し育む家。

 

5 癒し育む家。Vol.2

 

6 癒し育む家。Vol.3

6つの資料からお好きなものをお選びください。一括請求もできますよ。

▼電話でのお問合せはこちらからどうぞ▼
☎フリーダイヤル 0120-1000-76
都城店 TEL 0986-26-1000
営業時間 8:00∼19:00 年中無休(※土日祭日は17:00まで)

▼メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ▼

 

 

 

【社員旅行】沖縄社員旅行

沖縄の旅

今年の社員旅行は沖縄~!!
ということで、宮崎店・都城店・協力会社さんと沖縄に行ってきました。

主な見学地
●おきなわワールド/玉泉洞・王国村
●守礼門/首里城正殿
●美ら海水族館
●パイナップルハウス

 

 

●おきなわワールド/玉泉洞・王国村

おきなわワールド 記念写真

●玉泉洞・王国村

玉泉洞 鍾乳洞

●守礼門
首里城の大手門として知られる守礼門(しゅれいもん)。門の上に書かれてある扁額(へんがく)の「守禮之邦」とは「琉球は礼節を重んずる国である」という意味なんだそうです。

守礼門

守礼門まえにて記念撮影

●首里城正殿
中国と日本の建築文化を融合した独特の様式や技術が高く評価され、
2000年に首里城跡は世界遺産に登録されました。

首里城正殿 首里城正殿 正面

▼2階の正殿内です。大庫理(ふうぐい)と呼ばれ、日常的には王妃や身分の高い女官たちが使用した空間です。
椅子に国王が座り正月の儀式の時など御庭に並ぶ諸官の謁見を受けていたそうです。椅子の存在感が凄いです。再現されたものになりますが、琉球王国が繁栄していたことが伝わってきます。周りの装飾も豪華で美しいです。

首里城正殿内首里城正殿内首里城正殿 出口首里城正殿 出口

 

昼食をはさんで・・・

昼食

 

●美ら海水族館

海洋博公園美ら海水族館美ら海水族館シーサー

●パイナップルハウス

パイナップルハウス

 

夕食は和琉会席料理と琉球舞踊を楽しみました。

琉球舞踊琉球舞踊昼食夕食

最後に皆さんで記念撮影~♪

味と踊りの竜宮城 うらしま
沖縄社員旅行 1班
味と踊りの竜宮城 うらしま
沖縄社員旅行 2班

 

 

社員も協力会社さんも終始沖縄を楽しまれたようです☆

沖縄の景色

2日間とも予報は雨でしたが、お天気にも恵まれ各地を巡る事が出来ました。
沖縄の伝統文化、歴史に触れ、風景や町並に感動し、美味しい物を食べ・・・色々なものが新鮮に感じた沖縄の旅になりました。

 

【新築】施工の様子② 宮崎市月見ヶ丘 K様邸

基礎から棟上げと順調に進んでいる宮崎市K様邸です。次に外壁・断熱工事に入りました。

外壁に張っている白いシート。お家を建てている現場に行かれた方は目にした事があるはず。これは「透湿(とうしつ)防水シート」と言いいます略して防水シートと呼ばれています。このシート、何かご存知ですか?

これは・・・家を雨水や湿気から守ってくれる優れもののシートです。水を通さず、湿気(水蒸気)を透してくれます。壁全体に貼っていきます。外壁材を張ってしまえば見えなくなてしまいますが、家の中をずっと快適にする為に無くてはならないシートです。

 

▼防水シートを張り終えた後、外壁材を貼ります。

▼外壁が仕上がりました!

 

▼次に構造補強の為に欠かせない金物(かなもの)です。

▼火打梁(ひうちはり)

木造建築の床組みや小屋組みが、地震や台風などの災害によって変形することを防ぐために斜めに組まれた梁のことです。1本木材を入れる事で三角形を作り、水平面をがっちり固めます。

▼短冊金物

横架材(横梁)同士の継ぎ手補強に使います。

▼筋交いプレート

柱と柱の間に斜めに入っている木材の部分を筋交いと言います。筋交いは地震の時に建物が壊れないようにする為に大切な部分です。筋交いプレートはその木材の端をしっかりと固定する為に使います。地震が起きても耐えられる構造壁にするためです。

▼床断熱材を敷きます。

 

▼壁に断熱材を入れます。

隙間が無いようにしっかりと断熱材をはめます。

天井にも全体に敷き詰めます。

▼屋根裏の様子です。
断熱材により寒さ・暑さから家を守ります。

▼玄関の破風(はふ)です。

 

風を破(やぶ)ると書く破風(はふ)は、その名の通り風が屋根内部へ侵入することを防ぎ、雨水が侵入する事を防ぐ役割を持ちます。

当社では木の文化・日本の伝統文化を大切にしており、ヒノキで作る破風の良さを広めていきたいと考えています。

破風
風が破られし処。船のへさきにも
似て乱気を砕き、鎮め、澄まし、
人の営みを平安ならしめる縁。
人の想いが集合し至りうる端。
人と風土が接合し交歓する境。
人と天が感応し、人と神が相まみえる際。
端正にして秀麗なれば
家運長久が約束されし験。

 

お家を見た時、一番初めに目が行くであろう破風。当社では二重に板を付け破風を作ります。これを二段破風と呼んでおり、少し内側に破風を収め、雨・風を防ぐよう設計しております。

木の温もりや柔らかさが伝わってきますね。

次回は内装工事に入ります。

【広告】宮日新聞に掲載しました!

補助金のお知らせを宮日新聞に掲載しました!

追記:2次募集期間が決まりました!

2次募集が始まります
期間:2019年8月5日から9月13日

▶▶補助金についての詳細はこちら

広告 宮日なびぷら

興味をお持ちの方、詳しく知りたい方はお電話ください!

☎フリーダイヤル 0120-1000-76
宮崎南店 TEL 0985-54-1600 都城店 TEL 0986-26-1000
営業時間 8:00∼19:00 年中無休(※土日祭日は17:00まで)
お気軽にお問い合わせください。

>>千人の家造り
>>千人の施工実績
>>千人の長生きするリノベーション
>>千人のお客様の声