【地鎮祭】宮崎県三股町T様邸 地鎮祭が滞りなく終了いたしました

2019年9月14日 地鎮祭

9月14日、大安吉日。

三股町にてT様邸の地鎮祭が執り行われました。
お施主様ご家族とそのご両親の方々が参加され、とどこおりなく終えることができました。

 

これはT様の夢のマイホームを建てる「始まりの儀式」です。

 

お家を建てられた方はご存知だと思いますが、始まりの儀式~地鎮祭とはその土地の守護神をまつり土地を利用させてもらうことの許しをえるという意味があります。

 

またその土地の守護神に許可をもらって、工事の安全を願う意味もこめられています。

 

御祈祷がはじまりました。

宮崎市T様邸 地鎮祭

 

穿初の儀(うがちぞめのぎ)

お施主様が「えい、えい、えい」と声を出しながら盛砂に三回鍬(くわ)を入れて砂を壊していきます。

宮崎市T様邸 地鎮祭 穿初の儀(うがちぞめのぎ)

 

堀初の儀(ほりぞめのぎ)


施工者が「エイ、エイ、エイ」と声を出しながら、盛砂に三回鋤(すき)を入れ、盛砂を均らしていきます。

 

玉串奉奠(たまぐしほうてん)

安全を祈ってその思いを玉串(榊に紙垂をつけたもの)によせ、神前に捧げます。

宮崎市T様邸 地鎮祭 玉串奉奠(たまぐしほうてん)

 

御祈祷が終わり
最後に皆さんで記念撮影です。素敵な笑顔です!

宮崎市T様邸 地鎮祭 記念写真

この日は担当のマネージャーと大工さんなど工事関係者がお施主様と顔合わせをしました。

 

大工さんとは工事がスタートするまではなかなかお会いすることがないので、お施主様と信頼関係を築くよい機会でもあります。

 

いよいよT様邸の新築工事が始まります。T様の大切な住まいを社員一同心を込めて工事させて頂きます。

 

基礎が固まれば、つぎに上棟式が行われます。上棟式は、建築工事の中で最も重要な儀式の一つです。

 

次回、上棟式の様子もお伝えしたいと思います!楽しみですね☆

都城市高崎町 K様邸にて地鎮祭が行われました!!

我が社で新築工事をさせて頂いているK様邸にて地鎮祭が行われました。

地鎮祭とは…その土地に住む神様を祝い、地を鎮める祭りで

神様に対し「ここに家を建てさせてください」とお願いをする儀式です。

工事の着工にあたり、神職をお招きして神様にお供え物をし、祝詞(のりと)

をあげ、お祓いをして清め、最初の鍬(くわ)入れや鋤(すき)入れをして

これからの工事の安全と家の繁栄を祈願します。

 

地鎮祭 ①

 

地鎮祭②

お施主様が鍬入れをしている所です。

 

地鎮祭③

この日は天候にも恵まれ、無事に地鎮祭を終えることが出来ました。

さあ、これから家造りが始まります。ワクワクしますね。

我が社もこれから安全に気を引き締めて家造りをして参りますので、

K様これから宜しくお願い致します!!

新富町K様邸 地鎮祭が行われました!

ちょうど台風が九州の横を通過中でしたが、

台風の影響を受けることなく、

地鎮祭を執り行う事が出来ました。

地鎮祭
海の幸、山の幸、米、酒などをお供えします

 

 

 

 

 

 

 

 

地鎮祭とは、別名(とこしずめのまつり)と言います。

その土地の守護神である産土(うぶすな)神や地霊に土地を利用させて

頂く為の許しを乞う神事です。

同時に、工事の着工にあたり、神職をお招きして神様にお供え物をし、

祝詞をあげ、お祓いをして浄め、最初の鍬や鋤を入れ、工事の安全を

祈願します。

 

 

 

 

 

「えいっ!えいっ!えいっ!」の掛け声で鋤入れをします

 

 

 

 

 

 

 

昔は、鎌で草を刈り、鍬で土地を掘り起こし、鋤で土地を均して初めて

家を建てることができたので、この鍬入れには家を建てる前の儀式として

重要な役割があります。

敷地の四隅に塩を撒いて清めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に皆さんで記念撮影♪

 

 

 

 

 

 

最後まで心を込めて、工事させて頂きますので、

どうぞ宜しくお願い致します。

何もない場所から、どんな家ができあがっていくのか、

今後も家が形になっていく様子を

随時ブログにアップしていきますので、お楽しみに♪

 

グランデ川東様 ~地鎮祭~

来年完成予定の住宅型有料老人ホーム 「グランデ川東」様の工事が

始まろうとしています。

台風接近中で、雨が降ったり、止んだり、晴れたり、

変わるがわるのお天気でしたが、無事、地鎮祭が執り行われました。

 

 

 

 

 

地鎮祭とは、、、

土木工事を行う際や建物を建てる際に、工事の無事や安全と建物や家の繁栄を

祈る儀式のことを言います。

「鎮」の字にはしずめる、落ち着かせるといった意味があります。

工事の着工にあたり、神職をお招きして神様にお供え物をし、祝詞をあげ、

お祓いをして浄め、最初の鍬や鋤を入れ、工事の無事を祈ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

施設長が鍬入れをします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千人社長も参加です

 

 

 

 

 

無事完成を祈ります

 

 

 

 

 

最後、皆さんで記念撮影♪

 

 

 

 

 

 

 

グランデ川東様は大掛かりな新築工事になります。

安全第一に、完成まで社員一同、

気を引き締めて取り組んでまいります。

これからも工事の様子を発信させて頂きますので、

どうぞ宜しくお願い致します。

↑こちらが今現在の計画案です↓