【内窓キャンペーン】なんと、屋内で50%!!

なんと、屋内で50%!!


これは、室内で熱中症になった
高齢者(65歳以上)の割合
です。

50%以上の方が屋内の特に自宅で熱中症になっています。
高齢者の方は温度に対する感覚が弱くなるため、室内でも熱中症にかかりやすいといわれています。

意外な数字に驚かれた方も多いのではないでしょうか?

実は窓が原因です!

高齢者の熱中症

※熱は窓から入ってきます!!

住まいが外気から影響を受ける割合を100%で表すと窓などの開口から入ってくる熱は73%を占めています。従って窓から入ってくる熱を抑えることが居心地のよい住まいの条件になります。
参照:(一社)日本建材・住宅設備産業協会HPより

熱の伝わり方

そこで
対策として内窓をつけると・・・

単板ガラスの窓に内窓をつけると
断熱性能が2等級からいきなり4等級

ペアガラスの窓に内窓をつけると同じく
断熱性能が2等級からいきなり5等級(最上級)になります!!

※断熱性とは、熱が移動するのをどれくらい抑さえる事ができるかを表す性能です。
※JIS等級では等級が大きいほど断熱性が高いことを表します。

 

熱の出入りが大きいのが「窓」です。内窓をつけると開口部の断熱性と遮熱性が上がり、夏は涼しく快適な室内環境の中で過ごすことができます!

内窓とは?

今ついている窓の内側にもう一つ付ける窓のことです。

内窓

 

\ 内窓の効果 /

 突然死 熱中症対策

カビダニ対策冷暖房費節約

 

 

室内の熱中症対策は”窓”からです!室内の温度を上げないためにも「内窓」が効果的です。

夜の熱中症にご注意を!!

夜の室内でも熱中症になる事があります。昼間に、壁や天井に蓄えられた熱が、夜になって室内に流れ込んで室温が上がる、というものです。

熱中症を予防するには?

・エアコンはタイマーをかけずにつけっぱなしにしておく

・足は冷やさないようにし、手は出しておく

・タオルケットではなく掛け布団で温度調整する

夜間熱中症にも十分注意しましょう!

 

只今内窓キャンペーン中です!!

詳しくはコチラ!

国の補助金や0%金利ローンも使えます。ぜひご検討下さい。

☎フリーダイヤル 0120-1000-76
宮崎南店 TEL 0985-54-1600 都城店 TEL 0986-26-1000
お気軽にお問い合わせください。

 

私たちの企業テーマは「ライフ  アシスト  カンパニー」つまり、
「いのち。 健康。 くらしを支える会社」を目指し家造りをしています。

人生100年時代を迎えこれからずっと元気に長生きに暮らすために今回「長生きしよう、内窓つけよう。」を合言葉に皆様の健康長寿のお手伝いをしたいと思います。

90歳でリノベ挑戦!! ついに完成❕

姫城町にお住いのT様。御年90歳!

「あと10年は生きたい」という希望を

このたび、千人が後押しする仕事をさせて頂きました。

・和室からキッチンに行くのに廊下を通らなければならず面倒

・和室から直接トイレに行けるようにしたい

この2点を改善点として工事を進めていきました。

まずは寝室。

畳張りの押入のある和室でした。

6/30 着工前 寝室

 

6/30 着工前 寝室

 

天井の長押しや子壁がないだけで

天井の高さが感じられ、とても広くなりました。

窓ガラスもペアガラスに交換したことで

断熱効果が期待できます。

        11/16 完成 寝室

 

  11/16 完成 寝室 キッチンへ繋がります

     11/16 完成 寝室

 

 

次にキッチン。

コンロやシンクの場所は変えずに新しいものに取り換えました。

6/30 着工前 キッチン

11/16 完成 キッチン (左端に見えている部屋が寝室)

 

ベッドルームからキッチンに

自由に行き来できるようになっただけじゃなく

収納も確保したので

「物があふれてどこに行ったか分からない!」

なんてこともなくなりそうです。

11/16 完成 キッチン (右のガラス戸反対側が廊下)

 

 

今回、わが社では初となる90代のお客様のリノベーションでした。

—-まさに「人生100年時代」を地で生きる挑戦—-

T様の希望に沿ってお仕事させてもらえたことは

我々千人社員にとっても感慨深い出来事となりました。

これからもT様の元気な姿を見守っていきたいと思います。

 

 

 

90歳でリノベ挑戦!!

 

 

————「あと10年は生きたい」

 

このたび、姫城町(都城市)のT様が

90歳ながらご自宅のリノベーションに着工しました。

当社の42年の歴史の中でも最高齢のリノベーションです。

(過去に83才で新築がありました。)

 

まさに「人生100年時代」を地で行くような挑戦です。

 

リノベーションの内容は

なるべく人の世話になりたくないということで(お一人住まい)

台所、居間、寝室、トイレが

廊下を挟んで別々にあったものを

「リビングベッドルーム」※にして、

他のそれぞれの部屋に

直接往来できるようにするものです。

10月15日に着工して、完成予定は35日後です。

 

 

※リビングベッドルームとは

リビングとベッドルームを一緒にしたもの。

使い勝手の良さが高齢者に受け入れつつある。

 

 

 

 

 

【長生きしよう、内窓つけよう。】内窓キャンペーンのお知らせ!

【長生きしよう、内窓つけよう。】をテーマに

2018年キャンペーン企画開催中です。

●そもそも内窓って?

「内窓」なかなか聞きなれないかもしれませんが、簡単に言いますと今ある窓の内側に新しく窓を設置するものです。

 

 

●なぜ内窓が必要なのか?

家の中で熱の出入りが最も大きいのが「窓」。

窓からの熱が室内にもたらす割合は「冬場で58%」になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

内窓をつけることにより家の断熱を高めて、冬夏快適な温度環境を作るためです。

●「ヒートショック」をご存知ですか?

暖かい部屋から寒い部屋やトイレ、浴室などへ移動するとき、その温度差が体に大きな負担を与えてしまうことをいいます。これが起こると、意識がなくなったり、深刻な場合は、脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こす懸念があります。

以前にもこのブログの中で紹介させて頂きました。

詳しくはこちらへ!「長生きに効く住まいの取扱説明書」ができました!!

●内窓をつけると・・・。

次のような効果が期待できます。
イ)冬 暖かい
ヒートショック抑止

  • 58%の熱が窓から逃げます。
  • 19,000人が浴槽で溺死(厚労省研究班 2013年)してます。
  • 80%が65才以上の高齢者です。

ロ)夏 熱中症にかかりにくい

  • 78%窓から熱が侵入します。
  • 熱中症の8割が高齢者です。
  • 50%が家の中でかかっています。

ハ)冷え症 神経痛 不眠 胃腸不良改善します。
ニ)「冷え」は万病のもと、ガンなどの病気を誘発します。
ホ)高血圧 高血糖 アレルギー改善します。
ヘ)省エネ、ランニングコストの削減に役立ちます。
冷暖房の立ち上がりが早い!早めのオフスイッチでも保温効果がよくなります。

その他、良好な熱環境による免疫力の向上効果により、ガンや肺炎などにもかかりにくいという医学的根拠(知見)も得られています。

又、内窓は省エネ効果がある上に防音効果、結露軽減によるカビ、ダニなどのハウスダスト(アレルギー)の抑止効果など、予防医学の点からもいいことずくめです。

 

今なら国の補助金の活用ができます。

「次世代省エネ建材支援事業」

・補助率は補助対象費の2分の1以内

・補助金額は戸建て住宅で最大200万円

・現在2次公募中で2018年10月31日(水)まで受付。先着順となりますのでお早めにご検討お願いします。

また、現在0%金利ローンのキャンペーンも実施中です。

どちらも諸条件がございますの詳しくは当社までお問い合わせください。

 

『交通死亡事故』と『家庭内の死亡事故』どちらが多い?

こんにちは!今日は皆さんにクイズです!!「交通事故死」と「家庭内の死亡事故」どちらが多いと思いますか??

 

 

 

正解は・・・「家庭内の死亡事故」なのです!!

 

厚生労働省がまとめている「人口動態統計」(2015)によると、1年間に家庭内で発生した不慮の事故死は1万9352人で、この数字は交通事故死亡事故5646人の2倍以上となっているのです!!

ちなみにどのような事故が家庭内で起こっているか具体的な数字を挙げてみると最も多かったのは「溺死及び溺水」で5160人。※だだし、この数字はあくまでも「転落」によるものであって、この中には心筋梗塞や狭心症などの病気によるもの(ヒートショック)は含まれていません。それを入れれば約19000人以上と推定されるといわれています。(H25年厚労省)                      次いで「窒息」の3838人、「転倒・転落」2643人と続きます。

そして最も多い溺死の9割は65歳以上の高齢者になるのです。その多くは冬場の浴槽内で発生しており、住まいと断熱性にも大きな関係があります。体で熱いお湯に浸かるという行動をした時、急激な温度変化が原因で血液が大きく上下し、心筋梗塞や脳梗塞を起こしてしまうのです。自分は健康だから大丈夫!と思っていても、亡くなられた方の中には前日まで元気だったというケースも多いのです。

このような現象は『ヒートショック』と呼ばれ、最近では知られるようになりました。ヒートショックを予防する為に

  • 入浴前に暖房器具で脱衣所や浴室を暖房器具で暖めておく。シャワーの活用も!
  • 熱いお湯に長時間はいらない。適温は38度~40度
  • 高齢者は冷え込む時間帯を避けて入浴する。日没後は冷え込むので要注意!

などがあります。また、リフォームでは断熱材を入れたり、隙間風を防ぐためにペアガラスにしたり、内窓を設置したりと状況に応じて改善方法出来る事もあります。

寒くなる前の冬支度。今のうちにヒートショック予防や対策を検討してみてもよいかもしれませんね。

 

お知らせ【120万円断熱リフォーム補助金受付中!!】

お知らせです!!

【120万円断熱リフォーム補助金受付中!!】
(高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業)

≪ 対象工事 ≫
・断熱材(壁・床・天井)
・内窓設置
・断熱ガラス交換等

※賃貸住宅も対象になります。

・一次公募  受付中!!
・二次公募  7月中旬~8月中旬予定

※予算に達し次第打ち切りになりますので早めにご相談ください。

~寒くなる前にぜひご準備を!!~

詳細は当社  岩川まで