【広告】宮日新聞に掲載しました!

補助金のお知らせを宮日新聞に掲載しました!

追記:2次募集期間が決まりました!

2次募集が始まります
期間:2019年8月5日から9月13日

▶▶補助金についての詳細はこちら

広告 宮日なびぷら

興味をお持ちの方、詳しく知りたい方はお電話ください!

☎フリーダイヤル 0120-1000-76
宮崎南店 TEL 0985-54-1600 都城店 TEL 0986-26-1000
営業時間 8:00∼19:00 年中無休(※土日祭日は17:00まで)
お気軽にお問い合わせください。

>>千人の家造り
>>千人の施工実績
>>千人の長生きするリノベーション
>>千人のお客様の声

【リフォーム】屋根の葺き替え工事 都城市大王町K様邸 

屋根が雨漏れするということで、お客様からご依頼をいただきました。こちらは築約40年のお宅です。

天井と屋根裏を点検すると、雨漏れの跡を発見!!
▼屋根全体に雨漏れがある事が分かりました。

このまま放っておくと大変ですので、屋根瓦の葺き替え工事を行うことになりました。

【屋根の劣化状況を確認】

セメント屋根瓦です。築40年以上経っているので劣化の箇所があり、雨水が浸水していたようです。屋根は瓦の劣化以外にも瓦のずれや漆喰の劣化なども雨漏りの原因になります。

 

▲屋根瓦を外してみると、防水シートが破れていました。▼この隙間から雨水が侵入してきたと考えられます。

【既存の屋根を撤去】

劣化した瓦を全部撤去していきます。

撤去してみると長年積もった灰や砂が内側まで大量に入り込んでいました。灰や砂を取り除きます。

 

 

 

屋根がきれいに清掃されました。

【野地板の張り替え】

野地板張り替え中の様子です。

【防水シート(ルーフィング)の設置】

野地板の上に防水シート(ルーフィング)を敷いていきます。雨水が入り込まないようにきちんと重ねて設置します。

【新しい屋根瓦の設置】

防水シート設置後に新しい屋根瓦を葺きます。

きれいに並べて屋根材を設置していきます。

【完工】

屋根葺き替え工事完工です。

天窓も取り換えました。下は北側のキッチンになっています。北側のキッチンは暗くなりがちですが、天窓を設けることによって、部屋の中まで光が入り込んできます。

雨樋(あまどい)の勾配テストをしています。

▲こちらの天窓は▼中から見るとこのようになっています。この化粧板は障子紙で出来ており、光を拡散させて柔らかい光を広範囲に届ける効果があります。

 

 

お施主様からお喜びの声を頂きました。ありがとうございました。

家づくりで、お困りではありませんか?

都城にて創業43年目。地域密着の小さな会社ではありますが、今まで小さなリフォームを始め、伝統工法による注文住宅、商業施設の新築、そして古民家再生など多くのお客様のニーズを形にしてきました。お困りのことがあればお気軽にご相談下さい。

☎フリーダイヤル 0120-1000-76
宮崎南店 TEL 0985-54-1600 都城店 TEL 0986-26-1000
営業時間 8:00∼19:00 年中無休(※土日祭日は17:00まで)
お気軽にお問い合わせください。

>>千人の家造り
>>千人の施工実績
>>千人の長生きするリノベーション
>>千人のお客様の声

 

 

【新築】都城市高崎町K様邸 完成致しました!!

都城市高崎町K様邸が完成致しました!!

黒い金属サイディングを使用したガルバリウム鋼板製仕上げで、金属の持つシャープな表情が印象的です。

屋根は深軒で、夏の暑い日差しから守ってくれます。冬は暖かな日差しを差し込んでくれます。

外観 南面
外観 南面

北面は木目の外壁がアクセントになっています。

外観 北面
外観 北面

 

ウッドデッキ
ウッドデッキ
玄関引き戸
玄関引き戸

玄関は木調デザインの引き戸です。

シンプルなデザインが建物を引き立ててくれます。
引き戸なので、開閉スペースを気にせずにスムーズに出入り出来る他、たくさんの荷物を持っていても、楽に扉を開ける事ができます。

リビングからキッチンを見ると、天井が高いのでとても開放感があります。ウォールナットの床とアイアン風のシーリングファンが相性抜群です。

高所窓を設けているので、ファンを通して夏の暑い空気を外に逃がすことができます。
化粧梁の木目が美しく、さらに調湿効果もあります。

リビングよりキッチンを見る
リビングよりキッチンを見る

▲キッチンカウンターのペンダント照明がグッと雰囲気を引き立てています。まるでカフェにいるみたいです。ウォールナットの造作バック棚は収納力、作業スペースとしても大活躍してくれそうです。

キッチン
キッチン

▼寝室はグレーのアクセントクロスで、お部屋の雰囲気が変わりました。こちらも落ち着いた空間になっています。

寝室
寝室

 

ウォークインクローゼット
ウォークインクローゼット

寝室の奥にはウォークインクローゼットがあります。

ここは3帖の広さがあり、そして棚はスノコ状に造られており風通しが良くなっています。使い勝手もよさそうです。

 

子供部屋
子供部屋
多目的室
多目的室

 

▼生活していく中で大事になってくるのが家事動線です。

K様邸では家事室、洗面所、脱衣室、浴室と一直線になっており、とても効率よく家事ができます。

家事室→洗面→脱衣→浴室
家事室→洗面→脱衣→浴室
洗面所
洗面所

 

 

浴室
浴室

▼カジュアルなフクロウの壁紙がとても可愛らしく、グレーの壁の色がアクセントになっています。トイレのカウンターは造作したものです。すっきりとしていて、トイレの空間をおしゃれにしています。収納もしっかり確保し、使い勝手もよさそうです。

トイレ
トイレ

 

収納
収納

とても素敵な家に仕上がりました。
これからK様ご家族の新しい生活が始まります。思い出をたくさん作ってほしいと思います。

【新築】住宅型有料老人ホーム『グランデ川東』内覧会 無事終了致しました!!

3月29日の内覧会も無事終わり、住宅型有料老人ホーム『グランデ川東』様がオープンしました。おめでとうございます!!

360度カメラでもご覧にいただけます!↓↓をクリックしてください

 

それでは、中の様子をご紹介していきます!

外観
外観

概要

温かい光が差し込む玄関です。横にはベンチが設置されており、靴を履くときに腰掛けたり、送迎を待つ間に一休みできます。

玄関・待合
玄関・待合
階段・ロビー
階段・ロビー

玄関から真っすぐ進むと大きな階段が見えてきます。米松を使用した階段は木の優しい風合いが特徴です。

ロビーは、木の温もりがあたたかく包み込んでくれるような空間が広がっています。

階段・ロビー
階段・ロビー
1階ロビー
1階ロビー
1階ロビー・廊下
1階ロビー・廊下

廊下にはエレベーターが設置されています。木目調のエレベーターは上質で重厚感のある空間を演出してくれます。施設の利便性の向上、安全性の向上にもつながります。

1階廊下
1階廊下

エレベーター
エレベーター

エレベーター内部
エレベーター内部

階段2F→1F
階段2F→1F

2階
2階

2階の廊下には天窓を4か所設け、昼間は電気を点けなくても充分に明るい室内になりました。

2階廊下
2階廊下
食堂
食堂

食堂 キッチン
食堂 キッチン

応接室
応接室

居室には洗面台、トイレ、冷暖房、収納を完備しています。

居室二人部屋
居室二人部屋

居室 二人部屋
居室 二人部屋

二人部屋
二人部屋

二人部屋
二人部屋

二人部屋
二人部屋

一人部屋
一人部屋
一人部屋
一人部屋

介護用の浴室になっており、浴槽の横に腰掛けるベンチが設置されているのでスムーズに入浴できます。

浴室
浴室
トイレ
トイレ

トイレ
トイレ

トイレ
トイレ

外観
外観

外観
外観

非常階段
非常階段

北側
北側

優しい木の風合いが心地よく、太陽の光が部屋全体に降り注ぐ、あたたかくて癒しの空間になりました!ご利用者様もご家族の方もゆったりとした時間を過ごして頂けると思います。

施設概要

~~関連施設~~

デイサービス みらい(地域密着型)

〒885-0012 宮崎県都城市上川東四丁目7号3番地
TEL:0986-25-0551 FAX:0986-36-4022

 

住宅型有料老人ホーム 夢

〒885-0012 宮崎県都城市上川東四丁目7号2番地
TEL:0986-25-0551 FAX:0986-51-4812

 

デイサービス かわせみ

〒885-0012 宮崎県都城市上川東四丁目2号8番地
TEL:0986-51-4811 FAX:0986-51-4812

 

訪問介護事業所みらい

〒885-0012 宮崎県都城市上川東四丁目2号8番地
TEL:0986-51-4811 FAX:0986-51-4812

 

居宅介護支援事業所わたぼうし

〒885-0012 宮崎県都城市上川東四丁目2号8番地
TEL:0986-51-4811 FAX:0986-51-4813

【新築】都城市高崎町K様邸 施工の様子②~深軒の屋根~

着々と工事も進み、K様邸の外観が出来上がってきました!

しっかりと家を守ってくれる立派な屋根です。このように千人では日本伝統の深軒屋根を作ります。当社の目指す家づくり工法「深軒の家」です!

軒とは…外壁より外側に出た屋根の部分の事です。

 

日本では雨が多いため古来より「深い軒」の家がつくられてきました。

なぜ「深軒」なのか。

それには理由があります。

深軒の屋根にすると

①外壁の保護をしてくれる…軒が深い事で雨風や紫外線の影響を受けにくく、外壁の劣化を防ぎます。

②日差しの調整が出来る…夏は直射日光を遮り、冬は日差しを取り込むので、夏は涼しく、冬は暖かくなります。

③雨よけになる…軒が深いので雨が家の中に入り込むのを防ぎます。

他にも効果があります。詳しくはこちらをご覧ください→【深軒の魅力と七つの効果とは…】

宮崎県は雨の多い県ですね。年間降水量は全国ランキング1位の2721.5㎜でした。(参照:e-stat 政府統計の総合窓口 2017年度)宮崎県は梅雨前線と台風の影響を受けやすい位置にあります。梅雨の季節には梅雨前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込むため、その空気が山地にぶつかって多量の雨を降らせます。夏にはゲリラ豪雨もやってきます。

そんな雨の多いここ宮崎県に適しているのが深軒の家です。

軒下から見た様子です。軒が深く出ており、迫力があります。多少の雨なら濡れません。

わが社の目指す深軒の家とは、自然エネルギーを享受し、それらの恩恵を頂いて「自然との共生」を目指す家づくりです。

次回は内装工事についてお伝えします。

 

 

【新築】都城市高崎町K様邸 施工の様子①

上棟式も無事終わり、工事も順調に進んでおります。K様ご家族です。素敵な笑顔のお写真です。今回は、K様邸の施工の様子をご紹介させて頂きます!

上棟式
上棟式

上棟式が終わった後次に取り掛かるのが屋根仕舞いです。

屋根を取り付ける時に下地となる板(野地合板)の上に”防水ルーフィング”というシートを敷きます。この防水ルーフィングには家をつくる際にとっても重要な役割があります。

それは

雨漏りを防ぐことです。

強い雨風を受けるとその隙間から雨水が染み込んでいき、雨漏りが発生してしまいます。それを防ぐためにシートを敷くのです。その上から屋根を取り付けることによって、雨漏りを防ぐことが出来ます。

防水ルーフィングを丁寧に重ねながら敷き終え、屋根を取り付けていきます。

筋交い(すじかい)が入りました。

外壁にもシートを張ります。外壁には”透湿(とうしつ)防水シート”を使います。透湿防水シートとは、水は通さず湿気(水蒸気)を透すシートのことです。外壁材の内側に貼ります。外壁表面で防ぎきれなかった雨水や内部に溜まった湿気を外に逃がす大切な役割があります。

外壁を仕上げていきます。

壁や天井、床に断熱材を取り付けていきます。

今回は特別にK様邸では、床断熱材に気密性の高くて、吸湿しにくい高性能の建材を使っています。

隙間なく断熱材が入っています。このように密閉性を高める事で断熱材の効果が発揮されます。室内の熱が逃げないので冬は温かく、外の熱が室内に侵入しにくくなるので夏は涼しくなります

 

次回は千人の家づくりの特徴である、深軒の屋根についてお伝えします!

90歳でリノベ挑戦!! ついに完成❕

姫城町にお住いのT様。御年90歳!

「あと10年は生きたい」という希望を

このたび、千人が後押しする仕事をさせて頂きました。

・和室からキッチンに行くのに廊下を通らなければならず面倒

・和室から直接トイレに行けるようにしたい

この2点を改善点として工事を進めていきました。

まずは寝室。

畳張りの押入のある和室でした。

6/30 着工前 寝室

 

6/30 着工前 寝室

 

天井の長押しや子壁がないだけで

天井の高さが感じられ、とても広くなりました。

窓ガラスもペアガラスに交換したことで

断熱効果が期待できます。

        11/16 完成 寝室

 

  11/16 完成 寝室 キッチンへ繋がります

     11/16 完成 寝室

 

 

次にキッチン。

コンロやシンクの場所は変えずに新しいものに取り換えました。

6/30 着工前 キッチン

11/16 完成 キッチン (左端に見えている部屋が寝室)

 

ベッドルームからキッチンに

自由に行き来できるようになっただけじゃなく

収納も確保したので

「物があふれてどこに行ったか分からない!」

なんてこともなくなりそうです。

11/16 完成 キッチン (右のガラス戸反対側が廊下)

 

 

今回、わが社では初となる90代のお客様のリノベーションでした。

—-まさに「人生100年時代」を地で生きる挑戦—-

T様の希望に沿ってお仕事させてもらえたことは

我々千人社員にとっても感慨深い出来事となりました。

これからもT様の元気な姿を見守っていきたいと思います。

 

 

 

都城市高崎町 K様邸にて地鎮祭が行われました!!

我が社で新築工事をさせて頂いているK様邸にて地鎮祭が行われました。

地鎮祭とは…その土地に住む神様を祝い、地を鎮める祭りで

神様に対し「ここに家を建てさせてください」とお願いをする儀式です。

工事の着工にあたり、神職をお招きして神様にお供え物をし、祝詞(のりと)

をあげ、お祓いをして清め、最初の鍬(くわ)入れや鋤(すき)入れをして

これからの工事の安全と家の繁栄を祈願します。

 

地鎮祭 ①

 

地鎮祭②

お施主様が鍬入れをしている所です。

 

地鎮祭③

この日は天候にも恵まれ、無事に地鎮祭を終えることが出来ました。

さあ、これから家造りが始まります。ワクワクしますね。

我が社もこれから安全に気を引き締めて家造りをして参りますので、

K様これから宜しくお願い致します!!

太郎坊町T様邸 新築工事 外壁

 

T様邸、屋根工事の次は

外壁の工事に入っていきます。

窓枠も完成してきました。

 

サッシを取り付けていきます。

 

壁の外側からも防水シートを張ります。

屋根の防水シート同様、結露を防いだり

家の寿命を延ばしてくれる役割があります。

 

 

また、胴縁を施工することで

外壁と防水シートの壁内を空気が流れるため

結露を抑制することが出来ます。

 

外壁も取り付けていきます。

外壁は防火サイディング

 

T様邸では防火サイディングを採用されています。

このサイディングは燃えにくく、火災の被害を最小限にすることが可能です。

全体が見えてきました

しかも、外壁の外側に光触媒が施されているので

付着した汚れの付着力を太陽の力で弱めて、

更にその汚れを雨水が浮かせて洗い流してくれる性質を

持ち合わせています。

高いセルフクリーニング力により

汚れを目立たせず外壁の色の劣化の心配も軽減させてくれます。

メンテナンスの回数を減らしてくれるすぐれもので、

人にも自然にも優しい外壁と言えます。