【新築】施工の様子② 宮崎市月見ヶ丘 K様邸

基礎から棟上げと順調に進んでいる宮崎市K様邸です。次に外壁・断熱工事に入りました。

外壁に張っている白いシート。お家を建てている現場に行かれた方は目にした事があるはず。これは「透湿(とうしつ)防水シート」と言いいます略して防水シートと呼ばれています。このシート、何かご存知ですか?

これは・・・家を雨水や湿気から守ってくれる優れもののシートです。水を通さず、湿気(水蒸気)を透してくれます。壁全体に貼っていきます。外壁材を張ってしまえば見えなくなてしまいますが、家の中をずっと快適にする為に無くてはならないシートです。

 

▼防水シートを張り終えた後、外壁材を貼ります。

▼外壁が仕上がりました!

 

▼次に構造補強の為に欠かせない金物(かなもの)です。

▼火打梁(ひうちはり)

木造建築の床組みや小屋組みが、地震や台風などの災害によって変形することを防ぐために斜めに組まれた梁のことです。1本木材を入れる事で三角形を作り、水平面をがっちり固めます。

▼短冊金物

横架材(横梁)同士の継ぎ手補強に使います。

▼筋交いプレート

柱と柱の間に斜めに入っている木材の部分を筋交いと言います。筋交いは地震の時に建物が壊れないようにする為に大切な部分です。筋交いプレートはその木材の端をしっかりと固定する為に使います。地震が起きても耐えられる構造壁にするためです。

▼床断熱材を敷きます。

 

▼壁に断熱材を入れます。

隙間が無いようにしっかりと断熱材をはめます。

天井にも全体に敷き詰めます。

▼屋根裏の様子です。
断熱材により寒さ・暑さから家を守ります。

▼玄関の破風(はふ)です。

 

風を破(やぶ)ると書く破風(はふ)は、その名の通り風が屋根内部へ侵入することを防ぎ、雨水が侵入する事を防ぐ役割を持ちます。

当社では木の文化・日本の伝統文化を大切にしており、ヒノキで作る破風の良さを広めていきたいと考えています。

破風
風が破られし処。船のへさきにも
似て乱気を砕き、鎮め、澄まし、
人の営みを平安ならしめる縁。
人の想いが集合し至りうる端。
人と風土が接合し交歓する境。
人と天が感応し、人と神が相まみえる際。
端正にして秀麗なれば
家運長久が約束されし験。

 

お家を見た時、一番初めに目が行くであろう破風。当社では二重に板を付け破風を作ります。これを二段破風と呼んでおり、少し内側に破風を収め、雨・風を防ぐよう設計しております。

木の温もりや柔らかさが伝わってきますね。

次回は内装工事に入ります。

【新築】施工の様子① 宮崎市月見ヶ丘 K様邸

宮崎市にあります、K様邸新築工事が始まりました。

家造りの始まりは、地盤づくりからです。この工事によって家造りの良し悪しが決まってきます。とても大事な工事です。

【基礎工事 砕石入れ】

基礎工事 砕石入れ
基礎工事 砕石入れ
基礎工事
基礎工事

 

基礎工事をする前に砕石を入れます。基礎が下がらないようにするためです。

【基礎工事】

土台となるコンクリート地盤をつくります。

基礎工事
基礎工事

鉄筋を組み上げコンクリートを打っていきます。鉄筋の部分は見えなくなりますが、だからこそしっかりと丁寧に組み立てを行います。

生コン打設
生コン打設
生コン打設
生コン打設

とても綺麗に仕上がりました!職人さんの技が光ります。
コンクリートが乾いた後は、型枠をはめます。

基礎型枠工事
基礎型枠工事

 

基礎工事完工
基礎工事完工

これで基礎工事は完了です。次に土台を敷きます。

【土台敷】

▼土台の中で緑がかった木部がありますが、これは注入材といって、薬剤が中に入っています。この薬剤の効果により、腐りにくく、シロアリも寄り付かなくなります。

土台敷
土台敷

▼土台と基礎の間に黒い板のようなものが挟んであります。これは「基礎パッキン」といって、基礎に設置する事によって、土台が乾燥しやすくなりシロアリの被害を防いでくれる建材です。

土台敷
土台敷

【棟上げ】

棟上げ
柱を立てます
棟上げ
桁と梁を組んでいきます
棟上げ
棟上げ 桁と梁を組んでいきます
棟上げ
棟上げ 桁と梁を組んでいきます

だんだんと仕上がってきました!

棟上げ
棟上げ 桁と梁を組んでいきます

▼真ん中に見える大きな柱が大黒柱です。

棟上げ
棟上げ 大黒柱
棟上げ
棟上げ

「ヘルメット 働く人の心意気!」
「踏むな、濡らすな、汚すな、散らすな。」
「すぐ、やろう。そうじ、片付け、養生、あいさつ。」
「ヘルメット未着用は立入禁止」

協力会社さん、職人さん達の意識を高める為に、現場に標語を掲示しています。毎日目にすると自然と意識していくものです。

【屋根伏せ工事】

屋根伏せ工事
屋根伏せ工事
屋根伏せ工事
屋根伏せ工事

土台から屋根まであっという間に出来上がりました!
▼中はこのようになっています。家の骨組みがよく分かります。この骨組みのことを躯体(くたい)と言います。地震などの災害が起きても、この躯体が大切な家を支えてくれます。

上棟内部
上棟内部 大黒柱
上棟内部
上棟内部
上棟内部
上棟内部

▼深軒の屋根です

軒を深くすることで、暑い夏には日差しを和らげ、寒い冬にはあたたかい光を取り込んでくれます。

※その他にも効果があります。
▼▼詳しくはこちら▼▼
~深軒の屋根~
深軒の家

深軒
深軒

次回は、外壁・断熱工事です。

【新築】都城市高崎町K様邸 完成致しました!!

都城市高崎町K様邸が完成致しました!!

黒い金属サイディングを使用したガルバリウム鋼板製仕上げで、金属の持つシャープな表情が印象的です。

屋根は深軒で、夏の暑い日差しから守ってくれます。冬は暖かな日差しを差し込んでくれます。

外観 南面
外観 南面

北面は木目の外壁がアクセントになっています。

外観 北面
外観 北面

 

ウッドデッキ
ウッドデッキ
玄関引き戸
玄関引き戸

玄関は木調デザインの引き戸です。

シンプルなデザインが建物を引き立ててくれます。
引き戸なので、開閉スペースを気にせずにスムーズに出入り出来る他、たくさんの荷物を持っていても、楽に扉を開ける事ができます。

リビングからキッチンを見ると、天井が高いのでとても開放感があります。ウォールナットの床とアイアン風のシーリングファンが相性抜群です。

高所窓を設けているので、ファンを通して夏の暑い空気を外に逃がすことができます。
化粧梁の木目が美しく、さらに調湿効果もあります。

リビングよりキッチンを見る
リビングよりキッチンを見る

▲キッチンカウンターのペンダント照明がグッと雰囲気を引き立てています。まるでカフェにいるみたいです。ウォールナットの造作バック棚は収納力、作業スペースとしても大活躍してくれそうです。

キッチン
キッチン

▼寝室はグレーのアクセントクロスで、お部屋の雰囲気が変わりました。こちらも落ち着いた空間になっています。

寝室
寝室

 

ウォークインクローゼット
ウォークインクローゼット

寝室の奥にはウォークインクローゼットがあります。

ここは3帖の広さがあり、そして棚はスノコ状に造られており風通しが良くなっています。使い勝手もよさそうです。

 

子供部屋
子供部屋
多目的室
多目的室

 

▼生活していく中で大事になってくるのが家事動線です。

K様邸では家事室、洗面所、脱衣室、浴室と一直線になっており、とても効率よく家事ができます。

家事室→洗面→脱衣→浴室
家事室→洗面→脱衣→浴室
洗面所
洗面所

 

 

浴室
浴室

▼カジュアルなフクロウの壁紙がとても可愛らしく、グレーの壁の色がアクセントになっています。トイレのカウンターは造作したものです。すっきりとしていて、トイレの空間をおしゃれにしています。収納もしっかり確保し、使い勝手もよさそうです。

トイレ
トイレ

 

収納
収納

とても素敵な家に仕上がりました。
これからK様ご家族の新しい生活が始まります。思い出をたくさん作ってほしいと思います。

【新築】都城市高崎町K様邸 施工の様子②~深軒の屋根~

着々と工事も進み、K様邸の外観が出来上がってきました!

しっかりと家を守ってくれる立派な屋根です。このように千人では日本伝統の深軒屋根を作ります。当社の目指す家づくり工法「深軒の家」です!

軒とは…外壁より外側に出た屋根の部分の事です。

 

日本では雨が多いため古来より「深い軒」の家がつくられてきました。

なぜ「深軒」なのか。

それには理由があります。

深軒の屋根にすると

①外壁の保護をしてくれる…軒が深い事で雨風や紫外線の影響を受けにくく、外壁の劣化を防ぎます。

②日差しの調整が出来る…夏は直射日光を遮り、冬は日差しを取り込むので、夏は涼しく、冬は暖かくなります。

③雨よけになる…軒が深いので雨が家の中に入り込むのを防ぎます。

他にも効果があります。詳しくはこちらをご覧ください→【深軒の魅力と七つの効果とは…】

宮崎県は雨の多い県ですね。年間降水量は全国ランキング1位の2721.5㎜でした。(参照:e-stat 政府統計の総合窓口 2017年度)宮崎県は梅雨前線と台風の影響を受けやすい位置にあります。梅雨の季節には梅雨前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込むため、その空気が山地にぶつかって多量の雨を降らせます。夏にはゲリラ豪雨もやってきます。

そんな雨の多いここ宮崎県に適しているのが深軒の家です。

軒下から見た様子です。軒が深く出ており、迫力があります。多少の雨なら濡れません。

わが社の目指す深軒の家とは、自然エネルギーを享受し、それらの恩恵を頂いて「自然との共生」を目指す家づくりです。

次回は内装工事についてお伝えします。

 

 

【新築】都城市高崎町K様邸 施工の様子①

上棟式も無事終わり、工事も順調に進んでおります。K様ご家族です。素敵な笑顔のお写真です。今回は、K様邸の施工の様子をご紹介させて頂きます!

上棟式
上棟式

上棟式が終わった後次に取り掛かるのが屋根仕舞いです。

屋根を取り付ける時に下地となる板(野地合板)の上に”防水ルーフィング”というシートを敷きます。この防水ルーフィングには家をつくる際にとっても重要な役割があります。

それは

雨漏りを防ぐことです。

強い雨風を受けるとその隙間から雨水が染み込んでいき、雨漏りが発生してしまいます。それを防ぐためにシートを敷くのです。その上から屋根を取り付けることによって、雨漏りを防ぐことが出来ます。

防水ルーフィングを丁寧に重ねながら敷き終え、屋根を取り付けていきます。

筋交い(すじかい)が入りました。

外壁にもシートを張ります。外壁には”透湿(とうしつ)防水シート”を使います。透湿防水シートとは、水は通さず湿気(水蒸気)を透すシートのことです。外壁材の内側に貼ります。外壁表面で防ぎきれなかった雨水や内部に溜まった湿気を外に逃がす大切な役割があります。

外壁を仕上げていきます。

壁や天井、床に断熱材を取り付けていきます。

今回は特別にK様邸では、床断熱材に気密性の高くて、吸湿しにくい高性能の建材を使っています。

隙間なく断熱材が入っています。このように密閉性を高める事で断熱材の効果が発揮されます。室内の熱が逃げないので冬は温かく、外の熱が室内に侵入しにくくなるので夏は涼しくなります

 

次回は千人の家づくりの特徴である、深軒の屋根についてお伝えします!

【新築】新富町K様邸 完成致しました!

11月に上棟式が行われた新富町のK様邸が完成致しました!!

外観
外観
玄関
玄関

外観は白をベースに黒のラインをアクセントにしたモダンなお家になりました。

玄関庇は、深軒で雨の日も濡れにくいです。

玄関ホール
玄関ホール

玄関も広く、明るい空間が広がっております。

玄関納戸
玄関納戸
玄関納戸
玄関納戸

玄関ホールから続く納戸は、家族の靴の他にもたくさんの物が収納できるようにしました。ご主人の趣味である釣り道具も収納する予定です。

また、小窓の下には郵便受け口があり、新聞や郵便物が届くと下の棚に落ちる仕組みになっておりわざわざ外に取りに行かなくても良いのでとても便利です。

⑥リビングダイニング
リビングダイニング
⑦ダイニング
ダイニング

リビングは天井が高く作られており、開放的な空間になりました。また、収納スペースも2か所設けられ、充実した収納スペースになっています。

洗面近くの天井にはトップライトがあり、柔らかい陽の光が差し込んできます。

ダイニング
リビング

天井は杉板を使用しており木の温もりを感じる空間になっています。

リビング
リビング

キッチンは対面式で、家事をしながら家族の様子を見たり会話をしたりと家族の団らんを楽しむことが出来ます。ダイニングは天井が少し低く設計されています。低くすることにより食事や家族の会話に集中することができるのです。

キッチン
キッチン

 

キッチン納戸
キッチン納戸

キッチン納戸も収納をたっぷり確保しました。

主寝室
主寝室
主寝室クローゼット
主寝室クローゼット

主寝室のウォークインクローゼットは家族みんなの洋服を収納出来そうです。

子供部屋
子供部屋
子供部屋
子供部屋

子供部屋はお子さんが小さいうちは広々と、成長したら仕切りを作り独立した部屋にすることが出来ます。

和室
和室

和室で外を眺めたりゆっくりとした時間を過ごすことも出来ます。

洗面
洗面所

洗面所にもトップライトを設け、日中は電気を付けなくても十分に明るくなります。

浴室
浴室
トイレ
トイレ

小さいお子さんがいらっしゃるとどうしてもお子さんの洋服が増えたり、おもちゃが増えてしまい収納に困ってしまいます。一番の悩みどころが収納スペースです。今回、お施主様は適在適所に収納のある家をご希望でした。リビングも収納がたっぷり作られているのでスッキリ片付けられ、お子さんものびのび遊ぶことが出来ると思います。ご希望通り、適在適所に収納を設けた子育てしやすい家になりました。

これからK様ご家族の新しい生活が始まります。これからたくさんの思い出を作っていって欲しいと思います。

 

『小さな家見学会』無事に終了致しました!

『小さな家見学会』無事に終了致しました!

先週末行われました都城市早水町の『ちいさな家見学会』無事に終了致しました!沢山のご来場ありがとうございました。

見学会を通して、お客様のご感想・ご意見を直接お聞きする事が出来大変うれしく思います。これらのお声を今後の『千人家づくり』に反映させていけるよう努めて参ります。どうぞご期待ください!

今後ともよろしくお願い致します。

DSC00754
 

 

 

 

 

 

DSC00753

DSC00735

IMG_2577-2 (2)

DSC00738
DSC00751