小さい家 完成見学会

下記見学会は終了しました。多くのお客様にご来場いただきまして誠にありがとうございました。
小さく建てて豊かに暮らす コンパクトハウス

小さく建てて豊かに暮らす

高度成長期からバブル期を通じて日本の家は一気 に大きくなりました。いまや日本人は、フランスやドイツ イギリスをしのいで、アメリカの次に大きな家に住んでいます。

 しかし、日本の住まいがそれで豊かになったかというとそうではなくて、大きいばかりで西洋の家に比べて品質内容が伴わない傾向にあります。日本の住宅の寿命がそれを物語っています。

■家の平均寿命
アメリカ 55年
イギリス 77年
日  本 30年

 日本の家の平均寿命はたったの30年なのです。つまり、日本の家はライフスタイルの変化に対応できずに、ほぼ一世代で役割を終える消耗品だったのです。というより、家を持つこと自体が夢であったそれまでの日本人にとっては、家の質の追求など問題外だったのかもしれません。
 しかし、近年これまでの家づくりが少しずつ見直されつつあります。

1.住む家から日々のくらしを楽しむ家へ
2.大きい家から小さい(身の丈の)家へ
3.広さから質へ
4.環境プラス利便性(立地)へ
5.子育て重視から生涯住宅へシフト、など

この背景には、少子化、長寿化、人口減少による経 済収縮、アテに出来ない年金、上がらない年収、上が っていく一方の消費税などが考えられます。

 「小さい家」の定義は、特に明確ではなく、おおむね30坪以下の家をいうようですが、この「小さい家」への傾向は今後強まっていって、小さくても豊かな暮らしを追求する家づくりの新時代に突入したと私たちは捉えています。

「小さい家」のメリット

1.建築費が割安ぶん質向上に振向けられる。
2.ぬりかえなどのメンテナンス費用も安上り。
3.構造の区割が小さいので地震に強い。
4.空調費など光熱費が安い。
5.そうじ、片付けが早め。
6.家族の距離感が近くなる。
7.税金(固定資産税など)やローン返済が少なめ。

建築概要

・木造平家(深軒の家)  
・屋根・陶器瓦葺  
・床面積 97.58u(29.5坪)
・建築面積 110.10u(33.3坪)
・収納率 13.49%

小さい家・新築戸建て見学会会場

場所:都城市早水町3384−15 現地携帯電話:070-5272-1937

小さい家見学会のチラシ

お問い合わせはこちら

ページトップへ
Copyright by Sennin Corporation All rights Reserved.