住まいと収納について

住まいのダイエットをしてみてわかった!(朝日テレビ調査)

片付け苦手な主婦が口にする、多い言い訳ベスト3

  1. 物がすてられない
  2. 仕舞う場所がないから
  3. いつか使う時がくるから

だそうです。

片付けが苦手な方(私もですが・・)皆さんの心当たりあるのでは?

そして住まいのぜい肉になりやすいものベスト3

  1. 洋服
  2. マグカップなどのコップ類
  3. フライパン&鍋

だそうです。

確かに洋服は何年も着ていないものや、マグカップはあまり可愛くない景品などのマグカップなどが奥に溜まってるな・・・と思いました。(”Д”)

みなさんはどうですか?!

洋服は2年着ていないものは、その先、着る事はないそうです。「ヒト」は「モノ」をため込む事で安らぐ動物なのです。いつまでに着なかったら、使わなかったら・・と、めどを決めて処分すると決めてみるとよいかもしれません。

我が社では住まいの中の『収納』は快適な住まいを保つ為にも、そしてヒトの健康寿命にも繋がる程大事なアイテムの一つだと考えております。

~我が社で独自にまとめた「収納計画の7つのポイント」も参考にしてみてください~

収納について

すまいは「ヒト」と「モノ」の居場所から成り立っています。快適な住まいは、このバランスがうまく保たれています。 しかし、住まいのアンケートで、今の不満を聞くと決まって第一位なのは「収納」です。 時代や暮らし向きとともに、「ヒト」の欲望と心情を映し出すこの収納の問題は「ヒト」が理想的な住まいを求め続ける限り、永遠のテーマかもしれません。

収納計画の7つのポイント

1.一目瞭然が収納の基本

どこに何があるのかが一目で判れば・・・
イ)探し物をしない → 時間のゆとり
ロ)二度買いをしない → お金にゆとり

2.「適・材・適・所」を考える

必要な所に必要な「モノ」と必要な量の収納を。使う場としてしまう場所の動線を最短に。

3.収納計画は現状収納の1.5倍以上に

「ヒト」と「モノ」をためこむことで安らぐ動物です。増えることはあっても減ることはありません。

4.出しやすさよりも、しまいやすさを優先

収納計画の重要なコンセプトに、「ヒトは恐ろしくナマケモノである」というのがあります。
この、ものぐさでめんどくさがり屋さんに、いかに片付けてもらうかが収納計画のダイゴミの1つです。

5.ゴールデンゾーンに使用頻度の高いモノを

「ヒト」が立ったまま手の届く範囲をゴールデンゾーンといいます。
利用する人の身体条件に合わせて、ゴールデンゾーンをレイアウトすることも大切です。

6.踏台を利用する場所には収納しない

特に高齢になっていくにつれて危険です。高いところは、仕舞いっぱなしになります。

7.見せる収納と隠す収納の調和を

見せる収納が多いと雑然として、隠す収納が多いと殺風景です。この辺のバランスは半々が無難でしょう。

 

 

 

『交通死亡事故』と『家庭内の死亡事故』どちらが多い?

こんにちは!今日は皆さんにクイズです!!「交通事故死」と「家庭内の死亡事故」どちらが多いと思いますか??

 

 

 

正解は・・・「家庭内の死亡事故」なのです!!

 

厚生労働省がまとめている「人口動態統計」(2015)によると、1年間に家庭内で発生した不慮の事故死は1万9352人で、この数字は交通事故死亡事故5646人の2倍以上となっているのです!!

ちなみにどのような事故が家庭内で起こっているか具体的な数字を挙げてみると最も多かったのは「溺死及び溺水」で5160人。※だだし、この数字はあくまでも「転落」によるものであって、この中には心筋梗塞や狭心症などの病気によるもの(ヒートショック)は含まれていません。それを入れれば約19000人以上と推定されるといわれています。(H25年厚労省)                      次いで「窒息」の3838人、「転倒・転落」2643人と続きます。

そして最も多い溺死の9割は65歳以上の高齢者になるのです。その多くは冬場の浴槽内で発生しており、住まいと断熱性にも大きな関係があります。体で熱いお湯に浸かるという行動をした時、急激な温度変化が原因で血液が大きく上下し、心筋梗塞や脳梗塞を起こしてしまうのです。自分は健康だから大丈夫!と思っていても、亡くなられた方の中には前日まで元気だったというケースも多いのです。

このような現象は『ヒートショック』と呼ばれ、最近では知られるようになりました。ヒートショックを予防する為に

  • 入浴前に暖房器具で脱衣所や浴室を暖房器具で暖めておく。シャワーの活用も!
  • 熱いお湯に長時間はいらない。適温は38度~40度
  • 高齢者は冷え込む時間帯を避けて入浴する。日没後は冷え込むので要注意!

などがあります。また、リフォームでは断熱材を入れたり、隙間風を防ぐためにペアガラスにしたり、内窓を設置したりと状況に応じて改善方法出来る事もあります。

寒くなる前の冬支度。今のうちにヒートショック予防や対策を検討してみてもよいかもしれませんね。

 

【健康と湿度】について

こんにちは。梅雨に入り湿度が高くなる時期になりました。温度ばかり気にして湿度はあまりに気されない方もいらっしゃるのでは??いやいや、湿度は温度と同様に身体に様々な影響をもたらすのです!!

では、高湿度な環境が人体に及ぼす影響にはどのようなものがあるのでしょうか。

人間の快適湿度の範囲の目安として50~60%といわれています。それ以上を超えると以下のような影響をもたらすことがあります。

1.だるさや疲れやすさ

湿度が高いと汗による体温調節がうまくできなくなります。
そのため、熱は体にこもったままの状態になってしまうのです。
体に熱がこもると体力をどんどん消耗し、疲れやすくなってしまいます。
また、高湿度下では消化酵素の働きが悪くなることから、食欲不振に陥る人も多いのです。

2.カビ・ダニによる病気

これはみなさんが一番気にされてることかもしれません。湿度が高くなるとカビ・ダニが発生しやすくなります。今や国民病とされているアレルギー疾患が深刻化しています。その原因で突出しているのがダニによる疾患。そのダニを育てているのが湿気です。
カビ・ダニは湿度60%を超すと急激に増殖するのです。

3.熱中症

高湿度が人体に及ぼす影響として、熱中症もその1つです。
熱中症は、真夏の屋外で発症する病気であると思っている人がほとんどでしょう。
しかし、屋外よりも高湿度の室内で起こる場合も多いのです。その為特に家にいる事が多い高齢者、こども、主婦に集中して起こりやすい傾向があります。
発汗があっても気化熱の働きがなくなるため、汗が蒸発しなくなり、体温を下げて体温調節を行うことができなくなってしまうのです。

高湿度空間での湿度対策

3-1.換気・通気対策

高湿度空間では、換気をよくすることで湿度を下げることができます。
天気のいい日は窓を開けて風通し良くすることで改善されます。また雨の日はエアコンの除湿モードや、除湿器そのものを使用することで大幅に除湿を下げる事が可能です。

3-2.除湿・防湿対策

新しい家たど、床下の基礎などしっかりされており除湿器だけで大丈夫な事も多いですが、古い家だど除湿器やエアコンの電気代だけがかかってしまうケースも多いです。

例えば20年以上前に戸建て住宅の場合、ほとんどの床下が土のままです。
地盤そのものが水分の多い性質だと床下にカビが発生していることも多いでしょう。そのような住宅には、※防湿コンクリートが最も効果的です。
※こちらの工事は実際、私の家で工事させて頂き湿度も大幅に改善されたので、そのレポートも後日させて頂きますね!!

その他、お客様のお家の状況に応じて調潤クロスの張替え・内窓設置・断熱工事・雨水排泄増設などリフォームする方法は様々あります。

 

健康に生活するために温度だけではなく、湿度はとても重要な指標になります。湿度の高い時期に入り、健康への様々な影響が考えられます。

皆さんもせひ、温度・湿度計をおいて参考になさってみてください!!

『健康ブログカテゴリー』作りました!!

千人では『医食同源』という言葉がある様に、住まいは生命を養い健康を保つために大切な空間『医住同源』であると考えています。

 『医食同源』とは・・
病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、は同じだという考え。

 

 

今後は住まいや身体からみた健康についての情報も提供していこうと思いますのでぜひ、参考になさってください!!

『オシッコに敬礼、ウンコに感謝』

こちらは千人で作成しました。トイレに貼って健康の指標として参考になさってください!!ほしい方は(株)千人までご連絡ください!!

 

20170615144750499_0001