都城市E様邸 脱衣所・浴室・トイレのリフォームをさせて頂きました!

先日、都城市E様邸のリフォームをさせて頂きました。

お客様の要望として・・

  • 洗面脱衣所・お風呂場を暖かくしたい。
  • お風呂場・トイレのタイルをなくしたい。との事でした。

            【洗面脱衣所 ビフォー】

脱衣所着工前②

脱衣所着工前①

 

 

             【洗面脱衣所 アフター】 

床は張替え、壁・天井は元の壁に重ね張りをして明るくしました。壁には断熱材を入れることで寒さが軽減されます。また※『内窓』をつけることでほこりや冬の冷たい風の侵入を防ぎます。内窓結露が付きにくく、ダニ・カビなどの発生も抑制する効果があります。

また手前にトイレを併設している為、脱衣所との仕切りを作るためにアコーディオンカーテンを設置しました。

 

※内窓とは今ついてるサッシはそのままに、その内側に新たにサッシを取り付けます。

IMG_3867

脱衣所着工前②

 

           【お風呂場 ビフォー】

お風呂場着工前①

お風呂場着工前②

 

            【お風呂場 アフター】     

タイルをなくすことで掃除がしやすくなり、また溝がない分カビなどの発生を抑制します。断熱材・浴室暖房乾燥機を入れることで寒い浴室から解放されます。

IMG_3864(変更)

お風呂場着工後②

            

 

             【トイレ ビフォー】

トイレ場着工前①

 

トイレ場着工前②

            

             【トイレ アフター】

トイレのタイルをなくし、パネルにする事でお掃除しやすくなります。また下窓をなくし、内窓を設置することで寒さも軽減されます。床は防臭機能のあるシートを貼り、飛び散り等による臭いを軽減しています。

トイレ場着工後②

トイレ場着工後①

 

お客様の感想

脱衣所が広くなり、今までは脱衣所とトイレが同じ空間にあったがアコーディオンをつけて仕切りをつくった事で脱衣所使用中でもほかの人がトイレに行きやすくなりました。また焚き風呂からエコキュートにした事でボタン一つで温かいお風呂に入れるので良かったです。今年の冬は脱衣所もお風呂場も温かく過ごせそうで安心です。

また浴室・トイレ共に以前よりも掃除しやすくなりました。

『健康ブログカテゴリー』作りました!!

千人では『医食同源』という言葉がある様に、住まいは生命を養い健康を保つために大切な空間『医住同源』であると考えています。

 『医食同源』とは・・
病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、は同じだという考え。

 

 

今後は住まいや身体からみた健康についての情報も提供していこうと思いますのでぜひ、参考になさってください!!

『オシッコに敬礼、ウンコに感謝』

こちらは千人で作成しました。トイレに貼って健康の指標として参考になさってください!!ほしい方は(株)千人までご連絡ください!!

 

20170615144750499_0001

 

宮崎市加江田 M様邸 上棟式を行いました!

先日、宮崎市加江田M様邸上棟式を行いました!今まで図面でしか見たことがない家が形となり、思いが一層強まる中、お施主様にとってもそして家造りに携わる私たちにとっても特別な一日になりました。

そもそも上棟式とは??・・・棟上(むねあげ),建前とも。木造建築で,棟木をつりあげ取り付けること。またその儀式をもいい,の上に幣(ぬさ)をたてたり弓矢飾ったり餅をまいて祝う。

IMG_2678

こちらはお供えものです。神様に今まで無事に工事出来たことを感謝します。
こちらはお供えものです。棟札に上棟年月日、建築主などを書き、棟梁が一番高い棟木に取り付けなどを行います。

IMG_2521

四隅の柱に酒や塩、米などをまき、天地四方の神を拝みます。
四隅の柱に酒や塩、米などをまき、天地四方の神を拝みます。
東に向かって二礼二拍手一礼します。
東に向かって二礼二拍手一礼します。
餅巻きスタート!! 皆さん必死です!!
餅巻きスタート!!
最後にお布施様で記念写真を撮りました。
最後にお施主様で記念写真を撮りました。

 

~上棟式時の構造の様子はこちらになります~

 

IMG_2678

手前の右側の柱が大黒柱になります。ダイニングキッチンからリビングへつながる写真です。
手前の右側の柱が大黒柱になります。ダイニングキッチンからリビングへつながる写真です。
真ん中の柱が大黒柱です。
真ん中の柱が大黒柱です。
この大黒は伝統的構法による木組みによって支えられています。
この大黒は伝統的構法による木組みによって支えられています。
こちらは深軒きです。
こちらは深軒きです。
木組みにより木の持つ粘り強さやしなやかさをかんじます。
木組みにより木の持つ粘り強さやしなやかさを感じます。

こちらの家は本来の家造りに沿った『伝統的構法』の技術で建築されています。大工さんの知識や技量、経験が必要な家造りになります。ここまで事故やケガもなく建てることが出来、大工さんをはじめマネージャーさんやスタッフの皆さんに感謝します。

そしてこれからも気を引き締めて、お引き渡しまでしっかり工事をさせて頂きます。これからもよろしくお願いします!!

新築工事宮崎市加江田M様邸 明日上棟式を行います!! 

現在、宮崎市の加江田にてM様邸の新築工事をさせて頂いております。

今は機械で木材をカットし、金具などを使用し組み立てる構造の家造りが主流の中、こちらは本来の家づくりに沿った『伝統的構法』の技術で建築されています。『伝統的構法』とは大工職人が木材を加工する為に目印をつけ(墨づけ)した木材のカットや切込みなど(刻み)を職人さんの手で一つ一つ行い、金具がなくても木組みで建てる家造りになります。

伝統的構法には実務経験のある大工さんの知識や技量、経験が必要で今では貴重な家造りの技術のひとつでもあるのです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

職人さんの手でカットされた柱です。職人さんの技術が試される大事な技法です。
職人さんの手でカットされた柱です。この技法で職人さんの技術が試されます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
わが社の家造りの特徴である「深軒の木」です。実際にみると写真よりもその深さを体験できます。

わが社の家造りの特徴である「深軒き」です。実際にみると写真よりもその深さを体験できます。

「深軒の家」とは・・??http://senninriki.jp/technology/fukanoki/
明日、16日の金曜日に上棟式を行います!!当日無事に上棟式が行われるよう現場の職人さんも、担当マネージャーさんも着々と準備を行っております!!

 

当日の様子もまたブログにてご報告しますのでお楽しみに☆彡

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
千人の家造りの想いが形になって現れてます。 これから出来上がっていくのが楽しみです!

三股町大字新築工事M様邸 順調に工事が進んでおります!①

先々週、無事に三股大字M様邸の上棟式が終わり、その後工事も順調に進んでおります(^^♪

本日は建物の中間検査が行われました。

P5240210

 

建築中は必ず現場検査を実施します。検査では建築士の資格を持った検査員が『構造耐力上主要な部分』と『雨水の侵入を防止する部分』等構造上問題なく建築が行われているのかチェックするのです。

JIO担当者との立ち合い検査中です
ハウスプラス住宅保証(株)の担当者との立ち合い検査中です

P5290211

細かいところも隅々チェックします
寸法が規定通りかチェックしています。
P5290212
角の部分にきちんと金物が入っているかチェックをしています。 とても細かい部分までチェックをします。これにより検査で問題が生じたら今後建築は続けられません。

 

これからも引き続き現場の様子をレポートします!!

お楽しみに~☆彡

お知らせ【120万円断熱リフォーム補助金受付中!!】

お知らせです!!

【120万円断熱リフォーム補助金受付中!!】
(高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業)

≪ 対象工事 ≫
・断熱材(壁・床・天井)
・内窓設置
・断熱ガラス交換等

※賃貸住宅も対象になります。

・一次公募  受付中!!
・二次公募  7月中旬~8月中旬予定

※予算に達し次第打ち切りになりますので早めにご相談ください。

~寒くなる前にぜひご準備を!!~

詳細は当社  岩川まで

 

村上クリニック様 『外来トイレ改修工事』をさせて頂きました!

先日、都城市宮丸町にある「村上循環器内科クリニック」様の外来トイレ改修工事をさせて頂きました!
平日は外来患者様がいらっしゃる為、今回職人さんに協力していただき、GW中に工事を行いました。
御依頼主様のご要望として

●男女兼用のトイレから男女別々のトイレへ

●現在のトイレは段差があるので段差をなくしたい。

●モダンなトイレにしたい (ホテルのような)
以上の事がありました。

【ビフォー写真】

入ってすぐに男性便器があり、その奥に女性トイレが併設されていました。

IMG_1279
入り口入ってすぐの手洗い場です
入ってすぐに男性トイレ奥に女性トイレがありました。
入ってすぐに男性トイレ、奥に女性トイレがありました。

 

 

 

 

 

 

 

奥の女性トイレ
奥の女性トイレ
女性トイレ
女性トイレ便器

 

 

 

 

 

 

 

 

アフタ―写真】

茶色を基調としたモダンで高級感あるトイレになりました!!

IMG_2632
入口入って左側が男性トイレ、右側が女性トイレになります。
IMG_2624
男性トイレです。手すりもつけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

入って右側の女性トイレです。車いすも通れます。
入って右側の女性トイレです。車いすも通れます。
女性トイレはドアを閉める事で手洗い場と仕切りができます。
女性トイレはドアを閉める事で手洗い場と仕切りができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

現場を担当した森さんです。生活信条は「人に迷惑をかけない」です!
現場を担当した森さんです。生活信条は「人に迷惑をかけない」です!

新築工事 三股梶山の家M様邸 上棟式が行われました!

先週19日に三股M様の上棟式がおこなわれました。

さて上棟式とは・・『上棟式とは、建物の守護神と匠の神を祀って、棟上げまで工事が終了したことに感謝し、無事、建物が完成することを祈願する儀式』

東に向かって二礼二拍手一礼します。
東に向かって二礼二拍手一礼します。
子供たちがたくさん来ていました!
餅まきスタート!!子供たちがたくさん来ていました!
みなさん取るのに夢中です
みなさん取るのに夢中です

 

IMG_2644
息子さんと記念写真! 息子さんもいい経験できたでしょうね!!

 

こちらの施工担当の武田マネージャー。無事に上棟式が終わりほっとした表情でした!
こちらの施工担当武田マネージャー。無事に上棟式が終わりほっとした表情でした!

ここまで事故やけがなく建てる事が出来、大工さんをはじめ、マネージャーさん、スタッフのみなさんありがとうございます。

これからも完成まで引続き心を込めて工事させて頂きます。

よろしくお願い致します。

三股大字新築工事順調に進んでます!!

3月に地鎮祭が終わり、それからM邸様の工事が着工致しました!

順調に進んでおります。

DSC01147

地慣らしをしています。
地固めをしています。
DSC01154
コンクリートで隠れる部分も寸法を測り管理しています。

 

コンクリートを流し込み。
コンクリートを流し込みです。
DSC01162
コンクリート立上りの養生をしています。
基礎が完成しました!!
    基礎が完成しました!!

基礎の上に家とつながる木材を取付けていく「土台敷き」が行われました。

木材をのせて合板を敷きこんでいきます。

角に黒っぽいのが見えますがこれは基礎と土台との間に貼るパッキンです。完成すると目に見えませんが大事な部分です。
角に黒っぽいのが見えますがこれは基礎と土台との間に置く基礎パッキンです。床下の通風を確保できます。完成すると目に見えませんが大事な部分です。
鋼製束設置。床の水平や床が下らないようにするためです。
鋼製束設置。床の水平や床が下らないようにするためです。束石のかわりをしています。

 

こちらは柱建て。柱にはひとつひとつ、場所印があり、職人さんはそれを見ながら設置して組み上げています。
こちらは柱建て。柱にはひとつひとつ、場所印があり、職人さんはそれを見ながら設置して組み上げています。
P5180197
大工さん炎天下の中、もくもくと仕事をしていました。
わが社では杉の木を使用。丸太の梁の両脇を削り落した「太古梁」をしています。まっすぐな木よりも強度が増します。
わが社では杉の木を使用。丸太の梁の両脇を削り落した「太古梁」をしています。まっすぐな木よりも強度が増します。
少しずつ形になってきました!!
少しずつ形になってきました!!
わが社の特徴である深軒です!!
わが社の特徴である深軒です!!

P5190198

 

 

 

 

 

 

 

 

深軒とは・・??http://senninriki.jp/technology/fukanoki/

 

 

何もない所から少しずつ家の形となってきました。楽しみですね!!

わが社のキャッチコピー「yes,Ican」への思い

我が社のキャッチコピーである「yes,I can」
このキャッチコピーの誕生には一言では語れない思いがあります。

1991年、会社設立して15年目に社長の方針のもとこのキャッチコピーは誕生しました。そう、オバマ大統領選挙選で有名になった「yes,we can」より18年も前にこの言葉は我が社で誕生してます。アメリカは多国籍民族。国家意識を共有したいという意味でオバマ大統領は「we」で表現しています。

26年前の経営計画書に記載されている「yes,Ican」 ノートの古さに歴史を感じます。
26年前の経営計画書に記載されている「yes,Ican」
ノートの古さに歴史を感じます。

最初社長も「yes,we can」を考えたそうです。しかし我々日本人は集団意識が強く横並びで、どちらかというと主体性の低い傾向がある。「私たち」ではなく、「私」一個人として主体性を持って行動し、仕事に取り組む社員であることが今後の千人には必要、そしてどんな仕事も断らないという意思を込めてこのキャッチコピーは誕生したのです。

こんな思いを乗せて、わが社の愛車やオリジナルジャンバーにもこのキャッチコピーが書かれています。
 このトラックを街で見かけたら、ふと「この思い」を思い出して頂けたら嬉しいです。
DSC00776
わが社のオリジナルジャンバー!! 欲しい方わが社にご一報を!!笑
DSC00775
わが社の相棒!!