小学生の「まちたんけん」より。

上長飯小学校2年生の社会科見学「まちたんけん」で当社訪問があり、朝から引率の先生とたくさんの小学生がやってきました。

社会科授業の中の一環で、学校の近隣の会社を見学。

大きな声であいさつの後会議室へ移動し、岩川チーフによりプロジェクターで会社や作業の様子を案内します。

<↑会議室は一気に満席↑>
<↑会議室は一気に満席↑>

 

 

 

 

 

 

まだまだ小柄で、みんな可愛らしい。しかし、本当に元気の良い2年生。。。

プロジェクターで次から次に映し出される新築やリフォームの写真もですが、自分たちにとって身近な「家」だけでなく、店舗や病院も手掛けている話も、興味深そうに聞いています。

しばらくすると、質問タイムのスタート。

<↑質問タイムスタート>
<↑質問タイムスタート>

 

 

 

 

 

 

 

 

事前の授業の中で、統一の質問事項をまとめているようでした。小学2年生らしい、率直な質問が飛び交い始めると、これもまた2年生。。。隣り同士の座席での雑談も賑やかに始まります。

内容はシンプルですが、これまた2年生に解るように「ゆっくりと」「優しい言葉」で伝えなければなりません。大人同士の会話のようにはいきません。。。難しいです。。。

■なぜ、「千人力」という社名なのですか?

【1000人分の力に相当する力強い会社のイメージを意味しています。】

■今、どんな家をつくっていますか?

【「木」をたくさん使った、キレイでしっかりとした家をつくっています。】

■仕事をしていてどんな時が楽しいですか?

【お客様が喜んでいる様子を見たり、「ありがとう!!」と言ってもらえた時などです。】

 

質問の返答が伝言ゲームのように、書くスピードが追い付かない子供に伝えられていく様子は、見ていてとても微笑ましかったです。

1時間ほどで、そのすべてを終了し、元気よく学校へ戻っていきました。

子どもたちの帰宅後に、少しでも「千人」での様子が夕ご飯時にでも話されるといいなぁ。。と感じます。

 

家づくりで、お困りではありませんか?

我が社はお客様の「夢」を形にする会社です。
都城市にて創業し今年で42年目を迎えます。地域密着の小さな会社でありますが、今まで小さなリフォームを始め、伝統工法による注文住宅、商業施設の新築、そして古民家再生など多くのお客様のニーズを形にしてきました。お困りのことがあればお気軽にご相談ください。

>> 千人の家づくり
>> 千人の施工実績
>> 千人の長生きするリノベーション
>> 千人のお客様の声