新富町 K様邸 上棟式

秋晴れが広がる心地よい風が吹く中、

新富町にありますK様邸の、上棟式が執り行われました。

11/4 上棟式

昔の様に完成までに災いが起きないように

願いを込めて行うだけではなく、

最近は工事関係者(棟梁や大工さん達)に

感謝の気持ちを表す「おもてなしの心」が

とても強くなっていると感じます。

家を建てるということは、

大きな厄災を伴うことでもあり、お金や餅をまいて

持ち帰ってもらうことで、厄災を分散する為に行うそうです。

最近よく見られる上棟式は略式という簡単なものになっていますが

建物の四方にお神酒、塩、米をまいてしっかりと祀って清めます。

他の県によっては

棟上げ、四方祓い、もち巻き、よも祓いと呼ばれる儀式ですが

宮崎県では「せんぐまき」と呼ばれています。

たくさんの方に来ていただきました

ご主人様も自然と笑みがこぼれます

K様ご家族と千人の職人

来て頂いたK様親族、ご近所の方々、ありがとうございました。

雲一つないお天気にも恵まれ、とても良い一日となりました。

これからどんな形になっていくのか我々も楽しみです。

90歳でリノベ挑戦!! ついに完成❕

姫城町にお住いのT様。御年90歳!

「あと10年は生きたい」という希望を

このたび、千人が後押しする仕事をさせて頂きました。

・和室からキッチンに行くのに廊下を通らなければならず面倒

・和室から直接トイレに行けるようにしたい

この2点を改善点として工事を進めていきました。

まずは寝室。

畳張りの押入のある和室でした。

6/30 着工前 寝室

 

6/30 着工前 寝室

 

天井の長押しや子壁がないだけで

天井の高さが感じられ、とても広くなりました。

窓ガラスもペアガラスに交換したことで

断熱効果が期待できます。

        11/16 完成 寝室

 

  11/16 完成 寝室 キッチンへ繋がります

     11/16 完成 寝室

 

 

次にキッチン。

コンロやシンクの場所は変えずに新しいものに取り換えました。

6/30 着工前 キッチン

11/16 完成 キッチン (左端に見えている部屋が寝室)

 

ベッドルームからキッチンに

自由に行き来できるようになっただけじゃなく

収納も確保したので

「物があふれてどこに行ったか分からない!」

なんてこともなくなりそうです。

11/16 完成 キッチン (右のガラス戸反対側が廊下)

 

 

今回、わが社では初となる90代のお客様のリノベーションでした。

—-まさに「人生100年時代」を地で生きる挑戦—-

T様の希望に沿ってお仕事させてもらえたことは

我々千人社員にとっても感慨深い出来事となりました。

これからもT様の元気な姿を見守っていきたいと思います。