【健康と湿度】について

こんにちは。梅雨に入り湿度が高くなる時期になりました。温度ばかり気にして湿度はあまりに気されない方もいらっしゃるのでは??いやいや、湿度は温度と同様に身体に様々な影響をもたらすのです!!

では、高湿度な環境が人体に及ぼす影響にはどのようなものがあるのでしょうか。

人間の快適湿度の範囲の目安として50~60%といわれています。それ以上を超えると以下のような影響をもたらすことがあります。

1.だるさや疲れやすさ

湿度が高いと汗による体温調節がうまくできなくなります。
そのため、熱は体にこもったままの状態になってしまうのです。
体に熱がこもると体力をどんどん消耗し、疲れやすくなってしまいます。
また、高湿度下では消化酵素の働きが悪くなることから、食欲不振に陥る人も多いのです。

2.カビ・ダニによる病気

これはみなさんが一番気にされてることかもしれません。湿度が高くなるとカビ・ダニが発生しやすくなります。今や国民病とされているアレルギー疾患が深刻化しています。その原因で突出しているのがダニによる疾患。そのダニを育てているのが湿気です。
カビ・ダニは湿度60%を超すと急激に増殖するのです。

3.熱中症

高湿度が人体に及ぼす影響として、熱中症もその1つです。
熱中症は、真夏の屋外で発症する病気であると思っている人がほとんどでしょう。
しかし、屋外よりも高湿度の室内で起こる場合も多いのです。その為特に家にいる事が多い高齢者、こども、主婦に集中して起こりやすい傾向があります。
発汗があっても気化熱の働きがなくなるため、汗が蒸発しなくなり、体温を下げて体温調節を行うことができなくなってしまうのです。

高湿度空間での湿度対策

3-1.換気・通気対策

高湿度空間では、換気をよくすることで湿度を下げることができます。
天気のいい日は窓を開けて風通し良くすることで改善されます。また雨の日はエアコンの除湿モードや、除湿器そのものを使用することで大幅に除湿を下げる事が可能です。

3-2.除湿・防湿対策

新しい家たど、床下の基礎などしっかりされており除湿器だけで大丈夫な事も多いですが、古い家だど除湿器やエアコンの電気代だけがかかってしまうケースも多いです。

例えば20年以上前に戸建て住宅の場合、ほとんどの床下が土のままです。
地盤そのものが水分の多い性質だと床下にカビが発生していることも多いでしょう。そのような住宅には、※防湿コンクリートが最も効果的です。
※こちらの工事は実際、私の家で工事させて頂き湿度も大幅に改善されたので、そのレポートも後日させて頂きますね!!

その他、お客様のお家の状況に応じて調潤クロスの張替え・内窓設置・断熱工事・雨水排泄増設などリフォームする方法は様々あります。

 

健康に生活するために温度だけではなく、湿度はとても重要な指標になります。湿度の高い時期に入り、健康への様々な影響が考えられます。

皆さんもせひ、温度・湿度計をおいて参考になさってみてください!!

『千人三意会』が行われました!!

『千人三意会』が行われました!!

今回は宮崎店での三意会の様子です。
今回は宮崎店での三意会の様子です。

先週金曜日に都城店、今週火曜日に宮崎店で(株)千人と協力業者さんによる「千人力三意会」が行われました。ちなみに三意とは「誠意・創意・熱意」
そもそもは三意を持って仕事に取り組む活動で、わが社では社員と協力業者さんとの間で現場の問題点を双方で改善・共有し、お客様の満足に繋げようと始まりました。この活動は我が社で2か月に1度、10年以上続いている活動でもあります。

 

 

その中で今回は半年に一回行われる上半期協力会社さんによるベスト業者賞・職人賞・社員賞の表彰式が行われました!!

こちらは都城・宮崎店で合計90社以上にご協力頂いてる業者さんの中でお仕事の評価が高かった方・お仕事に対してお客様の評価が高かった業者さんをそれぞれの部門で総合的に評価し、表彰しています。

ベスト業者賞『長友組』様 いつもご協力ありがとうございます。
ベスト業者賞『長友組』様
いつもご協力ありがとうございます。

 

ベスト職人賞!!『今井工務店・今井大工』様 いつもありがとうございます!!
ベスト職人賞!!『今井工務店・今井大工』様
いつもありがとうございます!!
特別賞『カムイ電工 小田』様。いつもありがとうございます。
特別賞『カムイ電工 小田』様。いつもありがとうございます。

 

人は正当に評価され認められることで
達成感や満足感を味わい仕事に誇りを感じます。
鍵を握るのは個人のモチベーションアップ。
賞賛や感謝の気持ちをカタチにして表す事こそが最も大切だと考えています。
確かに表彰はCMや広告のような派手さはありません。
しかし協力会社、取引先など表彰されることで受け取った人の心にも深く刻まれます。

 

協力会社さん、いつもありがとうございます。これからも千人の一員としてお客様により良い住まい造りの提供をよろしくお願い致します!!

新築工事三股梶山の家M様邸 順調に進んでおります!②

梅雨の時期に入りましたね。工事中の雨は大変です。

【大工を殺す縫いは刃物はいらぬ。雨の三日も降ればよい。】

このような言葉があるくらい工事中の雨は大工さんにとっては本当に死活問題になります。

さて、こんな雨の中でも大工さんのおかげでこちらの三股新築工事M様邸の工事は順調に進んでおります。

こちらは深軒きです。 そして先端は『破風』になっています。

 

こちらの屋根は※深軒になっており、よく見ると軒先は二段の※破風になっています              ↓

こちらは深軒きです。 そして先端は『破風』になっています。
こちらは深軒きです。
  そして軒先は二段の『破風』になっています。
P6070247
破風とは、その言葉通り「風を破る板」なので、その名称が付けられたと言われています。「風を破る」とは、屋根瓦の下や屋根内部に吹き込む風を防止するという意味です。「破風」とは、風を打ち負かすということですね。

※深軒の魅力と7つの効果はこちら・・・http://senninriki.jp/technology/fukanoki/

※破風とは??
妻側垂木母屋の鼻(部材の先端部)を隠すために取り付ける板(破風板)、 若しくは 部位を指します。屋根形状により、切妻破風、入母屋破風、唐破風などの名称が付けられたいます。

  破風の効果

  • 耐風性を高める
  • 雨水の吹き込みを防ぐ
  • 防火性を高める
  • 化粧性を高める

最近の家は屋根がなかったり(フラットな屋根)軒が浅かったり、あえて作らない家もありますが、私たちは深軒の良さと破風の美しさを大切にしています。また破風は大和時代の米倉から始まった日本建築技術の一つで今後も残していきたい技術でもあります。

今後もレポートしていきます!お楽しみに☆彡

都城市E様邸 脱衣所・浴室・トイレのリフォームをさせて頂きました!

先日、都城市E様邸のリフォームをさせて頂きました。

お客様の要望として・・

  • 洗面脱衣所・お風呂場を暖かくしたい。
  • お風呂場・トイレのタイルをなくしたい。との事でした。

            【洗面脱衣所 ビフォー】

脱衣所着工前②

脱衣所着工前①

 

 

             【洗面脱衣所 アフター】 

床は張替え、壁・天井は元の壁に重ね張りをして明るくしました。壁には断熱材を入れることで寒さが軽減されます。また※『内窓』をつけることでほこりや冬の冷たい風の侵入を防ぎます。内窓結露が付きにくく、ダニ・カビなどの発生も抑制する効果があります。

また手前にトイレを併設している為、脱衣所との仕切りを作るためにアコーディオンカーテンを設置しました。

 

※内窓とは今ついてるサッシはそのままに、その内側に新たにサッシを取り付けます。

IMG_3867

脱衣所着工前②

 

           【お風呂場 ビフォー】

お風呂場着工前①

お風呂場着工前②

 

            【お風呂場 アフター】     

タイルをなくすことで掃除がしやすくなり、また溝がない分カビなどの発生を抑制します。断熱材・浴室暖房乾燥機を入れることで寒い浴室から解放されます。

IMG_3864(変更)

お風呂場着工後②

            

 

             【トイレ ビフォー】

トイレ場着工前①

 

トイレ場着工前②

            

             【トイレ アフター】

トイレのタイルをなくし、パネルにする事でお掃除しやすくなります。また下窓をなくし、内窓を設置することで寒さも軽減されます。床は防臭機能のあるシートを貼り、飛び散り等による臭いを軽減しています。

トイレ場着工後②

トイレ場着工後①

 

お客様の感想

脱衣所が広くなり、今までは脱衣所とトイレが同じ空間にあったがアコーディオンをつけて仕切りをつくった事で脱衣所使用中でもほかの人がトイレに行きやすくなりました。また焚き風呂からエコキュートにした事でボタン一つで温かいお風呂に入れるので良かったです。今年の冬は脱衣所もお風呂場も温かく過ごせそうで安心です。

また浴室・トイレ共に以前よりも掃除しやすくなりました。

『健康ブログカテゴリー』作りました!!

千人では『医食同源』という言葉がある様に、住まいは生命を養い健康を保つために大切な空間『医住同源』であると考えています。

 『医食同源』とは・・
病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、は同じだという考え。

 

 

今後は住まいや身体からみた健康についての情報も提供していこうと思いますのでぜひ、参考になさってください!!

『オシッコに敬礼、ウンコに感謝』

こちらは千人で作成しました。トイレに貼って健康の指標として参考になさってください!!ほしい方は(株)千人までご連絡ください!!

 

20170615144750499_0001

 

宮崎市加江田 M様邸 上棟式を行いました!

先日、宮崎市加江田M様邸上棟式を行いました!今まで図面でしか見たことがない家が形となり、思いが一層強まる中、お施主様にとってもそして家造りに携わる私たちにとっても特別な一日になりました。

そもそも上棟式とは??・・・棟上(むねあげ),建前とも。木造建築で,棟木をつりあげ取り付けること。またその儀式をもいい,の上に幣(ぬさ)をたてたり弓矢飾ったり餅をまいて祝う。

IMG_2678

こちらはお供えものです。神様に今まで無事に工事出来たことを感謝します。
こちらはお供えものです。棟札に上棟年月日、建築主などを書き、棟梁が一番高い棟木に取り付けなどを行います。

IMG_2521

四隅の柱に酒や塩、米などをまき、天地四方の神を拝みます。
四隅の柱に酒や塩、米などをまき、天地四方の神を拝みます。
東に向かって二礼二拍手一礼します。
東に向かって二礼二拍手一礼します。
餅巻きスタート!! 皆さん必死です!!
餅巻きスタート!!
最後にお布施様で記念写真を撮りました。
最後にお施主様で記念写真を撮りました。

 

~上棟式時の構造の様子はこちらになります~

 

IMG_2678

手前の右側の柱が大黒柱になります。ダイニングキッチンからリビングへつながる写真です。
手前の右側の柱が大黒柱になります。ダイニングキッチンからリビングへつながる写真です。
真ん中の柱が大黒柱です。
真ん中の柱が大黒柱です。
この大黒は伝統的構法による木組みによって支えられています。
この大黒は伝統的構法による木組みによって支えられています。
こちらは深軒きです。
こちらは深軒きです。
木組みにより木の持つ粘り強さやしなやかさをかんじます。
木組みにより木の持つ粘り強さやしなやかさを感じます。

こちらの家は本来の家造りに沿った『伝統的構法』の技術で建築されています。大工さんの知識や技量、経験が必要な家造りになります。ここまで事故やケガもなく建てることが出来、大工さんをはじめマネージャーさんやスタッフの皆さんに感謝します。

そしてこれからも気を引き締めて、お引き渡しまでしっかり工事をさせて頂きます。これからもよろしくお願いします!!

新築工事宮崎市加江田M様邸 明日上棟式を行います!! 

現在、宮崎市の加江田にてM様邸の新築工事をさせて頂いております。

今は機械で木材をカットし、金具などを使用し組み立てる構造の家造りが主流の中、こちらは本来の家づくりに沿った『伝統的構法』の技術で建築されています。『伝統的構法』とは大工職人が木材を加工する為に目印をつけ(墨づけ)した木材のカットや切込みなど(刻み)を職人さんの手で一つ一つ行い、金具がなくても木組みで建てる家造りになります。

伝統的構法には実務経験のある大工さんの知識や技量、経験が必要で今では貴重な家造りの技術のひとつでもあるのです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

職人さんの手でカットされた柱です。職人さんの技術が試される大事な技法です。
職人さんの手でカットされた柱です。この技法で職人さんの技術が試されます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
わが社の家造りの特徴である「深軒の木」です。実際にみると写真よりもその深さを体験できます。

わが社の家造りの特徴である「深軒き」です。実際にみると写真よりもその深さを体験できます。

「深軒の家」とは・・??http://senninriki.jp/technology/fukanoki/
明日、16日の金曜日に上棟式を行います!!当日無事に上棟式が行われるよう現場の職人さんも、担当マネージャーさんも着々と準備を行っております!!

 

当日の様子もまたブログにてご報告しますのでお楽しみに☆彡

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
千人の家造りの想いが形になって現れてます。 これから出来上がっていくのが楽しみです!

三股町大字新築工事M様邸 順調に工事が進んでおります!①

先々週、無事に三股大字M様邸の上棟式が終わり、その後工事も順調に進んでおります(^^♪

本日は建物の中間検査が行われました。

P5240210

 

建築中は必ず現場検査を実施します。検査では建築士の資格を持った検査員が『構造耐力上主要な部分』と『雨水の侵入を防止する部分』等構造上問題なく建築が行われているのかチェックするのです。

JIO担当者との立ち合い検査中です
ハウスプラス住宅保証(株)の担当者との立ち合い検査中です

P5290211

細かいところも隅々チェックします
寸法が規定通りかチェックしています。
P5290212
角の部分にきちんと金物が入っているかチェックをしています。 とても細かい部分までチェックをします。これにより検査で問題が生じたら今後建築は続けられません。

 

これからも引き続き現場の様子をレポートします!!

お楽しみに~☆彡