『宮崎市・本郷南方の家 完成見学会』終了致しました!

6/16(土)・6/17(日)に開催された

『宮崎市・本郷南方の家 完成見学会』が無事終了致しました!

リノベーションに興味を持った多くのお客様が見に来てくださいました!

取り壊して、新築を建てるのでなく、親御さんが建てた家をリノベーションし

て住み続ける。それも素敵な生き方だなと感じました。

↑こちらが玄関
玄関引き戸はこんな感じです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

玄関入って正面には上着もかけられる収納があります
キッチン

 

 

 

 

 

 

 

ダイニングから見るキッチン
リビングにある掃除道具入れ

 

 

 

 

 

 

 

 

和室

 

 

 

 

 

 

脱衣室

 

 

 

 

 

 

 

トイレ
収納もたっぷりです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縁側スペース

 

 

 

 

 

この金具は一体何に使うかわかりますか? 実は、ここにハンモックをかけるんです! ご夫婦並んでハンモックに揺られながら、外を眺めるなんて素敵ですね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

36組以上のお客様に見ていただき感謝です!

そして、見学会会場としてご自宅を提供してくださったお施主様にも

大変感謝をしております。アフターフォローもしっかりと行っていきたいと

思います。

来場されたお客様から、「立派にリノベが出来ていて、羨ましい!」と

いう声も頂き、見学会当日、新富町K様から仮契約を頂きました!

もっと、収納を充実させたい!耐震性の向上を考えているという方は

リノベーションを検討されてはいかがでしょうか♪

 

『宮崎市・本郷南方の家 長生きリノベ完成見学会』開催致します!!

6/16(土)・6/17(日)の2日間にわたり、

『宮崎市・本郷南方の家 完成見学会』が開催されます!

今回のテーマは、

『~人生100年時代の「長生きリノベ」~』

「両親が建てた家をリノベして住み続けたい。」とのお施主様の

思いで、築45年の家をリノベーションいたしました。

「建て替え」にならなかったのは、一つにはご両親が建てた家の

「想いを引き継ぐ」ということ、もう一つは、リノベの方が「建て替え」より

もコストが削減できるという理由でした。

このご選択に対して、私たちが目指したテーマは、

ソリューション(問題解決)、築45年の家を

「人生100年時代の家」に生まれ変わらせることでした。

バリアフリーはもちろんの事、筋交い(耐震壁)の量を4倍に

増やし、耐震性も強化いたしました。

リビング①
リビング①
リビング②
リビング②
和室
和室
ダイニング
ダイニング

 

あとは、会場にてご体感ください♪

見学会の詳細はこちら↓

人生100年時代の長生きリノベ~本郷南方の家~

地図はこちら↓

 

 

宮崎市本郷 M様邸 ~井戸のお祓い~

 

 

 

 

 

今現在、リノベーション中のM様邸ですが、

先日「井戸のお祓い」が行われました!

M様邸の和室の下にはもともと井戸があり、今回和室部分を解体し、

リビングへリノベーションするにあたり、井戸のお祓いをする事に

しました。

 

 

 

 

 

井戸には、龍神様、水神様が住んでいると昔から言われており、

埋める時は、きちんとお祓いをしてから埋めないといけない、

今まで生命の源である水を与えてくれていた井戸に、お礼の儀をしてから

埋めないといけないとの言い伝えがあります。

お祓いを怠った場合は災いがふりかかるとも言われています。

今回井戸を埋める事はしませんでしたが、M様の意向により、

お祓いをする事に致しました。

 

 

 

 

 

 

神様にお供え物をし、神主様が祝詞を上げた後、

続いて二礼二拍手一礼をして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お祓い終了です。

 

 

 

 

 

リノベーションのほうは、どんどん完成に近づいています!

次回は、見学会のお知らせと内部を少し紹介致します。

お楽しみに~♪

 

「長生きリノベ」の現場より 宮崎市本郷 M様邸③

宮崎市本郷 M様邸リノベーションの

続きです。

前回までの記事はコチラから
http://www.senninriki.jp/blog/?p=2871

 

今回は断熱工事の様子です。

経年した日本の住宅は

断熱材が不十分だったり

床断熱が全く施されていないなど

家の中の寒さや

床の冷たさの大きな原因です。

 

前回のブログでお伝えした

木工事で張った根太に

床断熱を設置します。

【断熱工事1 床断熱施工】
【断熱工事2 床断熱施工】
【断熱工事3 床断熱施工】

 

壁や天井の断熱工事です。

暖かい空気は上に流れるので

断熱性が低いと

熱は天井から抜け暖房効果も減少。

また、暖房器具を止めると

すぐに寒さを感じるようであれば

壁の断熱が不十分。

M様邸の天井や壁は

写真の通り

しっかりと工事が施されています。

【断熱工事4 天井断熱施工】
【断熱工事5 天井断熱施工】
【断熱工事6 壁・天井断熱施工】
【断熱工事7 壁・天井断熱施工】
【断熱工事8 壁・天井断熱施工】

冬場の暖房器具のみの寒さ対策は

コストがかかるばかりで

解決は難しいですが

断熱材をしっかり設置することで

器具の使用やコストを軽減できます。

夏場の暑さにも同じことが言えます。

 

浴室の気流止め工事の様子です。

【床施工】
【気流止め1】
【気流止め2】

気流止めにより

壁体内の空気の流れを止め

浴室の断熱効果が得られます。

断熱性能を上げることは

快適さや省エネにもつながると

言われます。

 

次回のM様邸のリノベーションの様子も

どうぞお楽しみに!

 

「長生きリノベ」の現場より 宮崎市本郷 M様邸②

宮崎市本郷 M様邸リノベーションの

続きです。

前回の記事はコチラから
http://www.senninriki.jp/blog/?p=2788

 

木工事の様子です。

床組部分を乾燥した状態に保ち

腐朽やシロアリを防ぐ為だけではなく

湿気によるカビ・ダニの

健康被害を防ぐために

「床下防湿シート」を張ります。

 

【①木工事 床下防湿シート張り1】
【②木工事 床下防湿シート張り2】

 

床板を受ける横木

「根太(ねだ)」を張ります。

【③木工事 根太張り】
【④木工事 根太張り】
【⑤木工事 根太張り】

 

構造補強のための

「筋交い(すじかい)」です。

地震や台風の横揺れ・強風は

建物に対して

横からの力を加えますが

筋交いの入った「耐震壁」は

建物の倒壊を防げます。

【⑥木工事 構造補強筋交い1】
【⑦木工事 構造補強筋交い2】

リノベーション前後の図面から

耐震補強の様子がわかります。

【リノベーション前後の図面】

 

建物の外側の

「防湿シート」です。

外部からの水分を抑え

内部からの湿気を通し

住まいを結露から守ります。

【⑧木工事 防湿シート張り1】
【⑨木工事 防湿シート張り2】

 

構造補強のための

添え梁と挟み梁の設置。

【⑩木工事 構造補強添え梁】
【⑪木工事 構造補強挟み梁設置】

 

構造補強のための金物プレートや

火打ち金物も

しっかりと設置・固定します。

【⑫木工事 構造補強補強プレート1】
【⑬木工事 構造補強金物プレート2】
【⑭木工事 構造補強金物プレート3】
【⑮木工事 構造補強火打金物設置4】
【⑯木工事 挟み梁火打金物5】

 

外からは見えない内部の

防災対策や耐震性の補強で

M様ご家族にも安心してもらえると

嬉しく思います。

 

次回は断熱工事をお伝えします。

お楽しみに!

「長生きリノベ」の現場より 宮崎市本郷 M様邸①

【着工前 外観】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宮崎市本郷のM様邸は築45年。

「長年住んでいなかった家を新築の様にしたい」と

ご主人の退職を前に

リノベーション(長生きリノベ)しています。

 

「リノベーション」はリフォームと違い

既存の設備の取替や模様替え、修復が中心ではなく

間取りの変更を中心に住まいの性能・機能や

価値を高める工事でリフォームより大規模になります。

なかでも「長生きリノベ」は健康寿命にシフトした

住まい改善改良のためのリノベーションです。

「長生きリノベ」に関する詳しい内容はコチラ
http://www.senninriki.jp/technology/renove/

 

着工前の様子です。

【着工前 外観】
【着工前 外観】
【④着工前 リビング】
【⑤着工前 キッチン】
【⑥着工前 和室】
【⑦着工前 洗面】
【⑧着工前 浴室】
【⑨着工前 トイレ】

 

天井や壁床を解体していきます。

【解体中①】
【解体中②】
【解体中③】
【解体中④】
【解体中⑤】
【解体中⑥】

 

ここからさらに

柱や梁の構造材のみを残し

骨組みだけを残して

スケルトン状態へ。

【解体後スケルトン①】
【解体後スケルトン②】
【解体後スケルトン③】

次回は木工事からの様子をおとどけします。

どうぞお楽しみに!