手作りのテーブルをプレゼント

完成見学会をさせていただいたお礼に

宮崎市 M様邸に

県産杉を使った

職人さん手作りのリビングテーブル(座卓)を

プレゼントしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

杉の魅力はたくさんありますが

針葉樹系の木材ならではの

「温かさ」、「柔らかさ」があり

年月を重ねると、どっしりとした風合いに

変化していきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

このテーブルを囲んで

たくさんの「ぬくもり」ある時間を

過ごしていただけたら

嬉しいです☆彡

 

 

今年の忘年会

師走と言えば「忘年会」。。。

今年も残すところあとわずか

幹事さんはお店選びに結構なパワーを使いますよね。

今回のブログでは、都城店・宮崎店それぞれの

忘年会の様子を1度にお届けします。

 

【まずは都城店忘年会】

この日は、炭火焼きのお店でした。

<↑美味しそうな海鮮↑>
<↑美味しそうな海鮮!!↑>

 

 

 

 

 

 

 

 

普段お世話になっている業者さんにもご参加いただき

大変賑やかな会になりました。

<↑参加者16名↑>
<↑参加者16名↑>

 

 

 

 

 

 

その場で焼いて食べるスタイルはやっぱり美味しいですね。

箸が止まりません。(もちろん、会話もお酒も止まりません。)

<↑一度にのせすぎてしまいました↑>
<↑一度にのせすぎてしまいました↑>

 

 

 

 

 

 

 

 

<↑もちろんお肉もあります↑>
<↑もちろんお肉もあります↑>

 

 

 

 

 

 

おなかいっぱいになり、楽しいひと時はあっという間に終了。

この日は大変寒く、お店を出たとたんに

酔いが醒めてしまいそうでしたが

タクシーが捕まらない!!

忘年会の最ピーク日だったかもしれません。

 

【続いて宮崎店忘年会】

こちらも、普段お世話になっている業者さんのご参加で

賑やかでした。

IMG_1978

 

 

 

 

 

 

IMG_1969

 

 

 

 

 

 

お料理は、都城店と似た感じの

炭焼きスタイルのお店。

炭火は遠赤外線効果で

焼き上がりが本当に美味しい!!

みんなでワイワイ言いながらお肉を返すのも楽しいものですよね。

IMG_1989

 

 

 

 

 

 

IMG_1973

 

 

 

 

 

 

こうして都城・宮崎店の忘年会は無事終了。

気を引き締めて

年末までダッシュです☆彡

都城市 安久町 M様邸 新築工事順調に進んでおります。②

都城市 安久町 M様邸のその後です。

M様邸①はコチラ

M様邸は二世帯です。

<↑子供部屋↑>
<↑子供部屋↑>

 

 

 

 

 

 

スジカイの設置や、窓の上下の補強など

木工事の様子です。

窓からの外光は、部屋の明るさや暖かみを感じます。

 

<↑天井断熱材↑>
<↑天井断熱材↑>

 

 

 

 

 

 

寒さが厳しい季節です。

やはり断熱材には目が行きます。

写真は天井ですが

床、壁にも天井のように断熱材が設置されています。

断熱材は、寒さや暑さをカットしてくれるだけでなく

住人の快適さの他に家そのものの劣化抑制や

光熱費の削減にもつながります。

<↑左手のサッシはデッキへ続きます↑>
<↑左手のサッシはデッキへ続きます↑>

 

 

 

 

 

 

写真では、壁の断熱材が目立ちますが

ここからはすぐ、天井と同様の

ボード下地が設置されます。

<↑深軒↑>
<↑深軒↑>

DSCN0391

 

 

 

 

 

深軒(ふかのき)」です。

「軒」とは屋根の下の部分が外部に突き出たところで

内部と外部が重なる空間のことです。

武田M3

 

昔から受け継がれてきた技術である「深軒」を

取り入れられたM様邸。

深軒」あってこその生活も楽しみですね。

 

次回のブログでは更に進行の様子をお伝えします。

お楽しみに☆彡

 

 

都城市 三股町 M様邸 新築工事順調に進んでおります。 ③

三股町のM様邸のその後です。

M様邸 その①はコチラ

M様邸 その②はコチラ

 

【階段です】
<↑県産杉を使用、大工さんによる造作>
<↑県産杉を使用、大工さんによる造作

使用されている木材は、県産の杉。

宮崎県の杉の生産は平成3年から25年もの間、全国1位!!

この県産の杉を、大工さんが図面通りに

1つ1つカットし、階段に設置します。

プレカット材の使用ではないため

手間暇もかかりますが

大工さんの熟練の技が光ります。

お客様のこだわりをふんだんに取り入れながら

「ぬくもり」のある家を

丹念に作り上げていきます。

<↑大工さん造作中↑>
<↑大工さん造作中↑>

 

【いよいよ足場が撤去され、外観が現れました】

軒も広く、ここにはウッドデッキが設置されます。

 

 

 

 

 

 

着々と作業進行のM様邸。

次回のブログもお楽しみに☆彡

 

都城市 三股町 M様邸 新築工事順調に進んでおります。②

三股町、M様邸のその後です。

M様邸は、店舗や事務所を持ち合わせた大きな家。

着々と夢実現に向かって作業はすすんでおります。

前回のブログでは、むき出しのスジカイや柱が目立った内部も下地が貼られて、一段と「家」らしくなってきました。

<↑天井や壁はボード下地が貼られています↑>
<↑天井や壁はボード下地が貼られています↑>

 

 

 

 

 

 

 

M様邸のリビングとダイニングは、「スキップフロア」です!!

 

 

<↑スキップフロアをつなぐ階段は、大工さん造作、県産の杉板を使用!!↑>
<↑スキップフロアをつなぐ階段は、大工さん造作、県産の杉板を使用!!↑>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”スキップフロア”とは、1.5階や2.5階、いわゆる「中二階」「中三階」
を設ける作り方です。

床の一部に高低差を設け、数段の階段でつなげます。

同じフロアで視界が平坦に通るよりも、数段の差がつくスキップフロ

アは、視覚的に広く見える効果があり、スペース同士(M様邸の様

に、リビングとキッチン)を数段の階段で上下にスライドさせ

ると、視界がずれるために、実質同じ階でありながらもまるで別の部

屋にいるような気分になれます。

スキップフロアのすぐそばには、二階まで伸びる立派な大黒柱が設置されています。

<↑大黒柱↑>
<↑大黒柱↑>

 

 

 

 

 

 

 

2階の廊下(吹き抜け部分)からは、1階のダイニングキッチンを見下

ろせます。

<↑ここからDKを見下ろせます↑>
<↑ここからDKを見下ろせます↑>

 

 

 

 

 

 

<↑天井部分は完成, 2階の床が1階の天井を兼ねています。↑>
<↑天井部分は完成,
2階の床が1階の天井を兼ねています↑>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

随所にみられるM様邸のこだわり。

 

次回のブログも是非お楽しみに!!

 

都城市 安久町 M様邸 新築工事順調に進んでおります。①

安久町 M様邸の工事の様子です。

まずは床下の様子からどうぞ。

 

【床下の作業】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当社のどの現場でも言えますが、度重なる厳しい検査チェックをしながらの作業です。

 

【柱やスジカイ】
<↑タスキ掛けのスジカイです↑>
<↑タスキ掛けのスジカイです↑>

 

 

 

 

 

 

柱と柱の間に斜めに渡す補強材であるスジカイは、地震や台風などの際、横からかかる負荷を軽減してくれる重要な役割を持っています。

スジカイは大抵、この上から壁材が貼られ、その姿をあまり目にすることはありません。このようにしっかりと設置されていれば、いざという時にとても安心です。

 

【屋根部分】
<↑ルーフィングを貼る作業↑>
<↑ルーフィングを貼る作業↑>

 

 

 

 

 

 

屋根部分の野地板に防水用のシート建材(このシートをルーフィングと言います。)が屋根からの雨漏り防止のために貼られていきます。

一般的には、屋根材で雨漏りを防止していると思いがちですが、実は、「雨漏り防止=ルーフィング」とも言われるほど、ルーフィングの役割は重要です。

この後、手際のよいルーフィング貼りの作業から、一気に屋根が仕上がりました。

<↑屋根工事の仕上げ作業↑>
<↑屋根工事の仕上げ作業↑>

 

 

 

 

 

 

M様邸の夢現場も着実に完成へと近づいています。

次回のブログもどうぞお楽しみに!!

 

 

 

 

小学生の「まちたんけん」より。

上長飯小学校2年生の社会科見学「まちたんけん」で当社訪問があり、朝から引率の先生とたくさんの小学生がやってきました。

社会科授業の中の一環で、学校の近隣の会社を見学。

大きな声であいさつの後会議室へ移動し、岩川チーフによりプロジェクターで会社や作業の様子を案内します。

<↑会議室は一気に満席↑>
<↑会議室は一気に満席↑>

 

 

 

 

 

 

まだまだ小柄で、みんな可愛らしい。しかし、本当に元気の良い2年生。。。

プロジェクターで次から次に映し出される新築やリフォームの写真もですが、自分たちにとって身近な「家」だけでなく、店舗や病院も手掛けている話も、興味深そうに聞いています。

しばらくすると、質問タイムのスタート。

<↑質問タイムスタート>
<↑質問タイムスタート>

 

 

 

 

 

 

 

 

事前の授業の中で、統一の質問事項をまとめているようでした。小学2年生らしい、率直な質問が飛び交い始めると、これもまた2年生。。。隣り同士の座席での雑談も賑やかに始まります。

内容はシンプルですが、これまた2年生に解るように「ゆっくりと」「優しい言葉」で伝えなければなりません。大人同士の会話のようにはいきません。。。難しいです。。。

■なぜ、「千人力」という社名なのですか?

【1000人分の力に相当する力強い会社のイメージを意味しています。】

■今、どんな家をつくっていますか?

【「木」をたくさん使った、キレイでしっかりとした家をつくっています。】

■仕事をしていてどんな時が楽しいですか?

【お客様が喜んでいる様子を見たり、「ありがとう!!」と言ってもらえた時などです。】

 

質問の返答が伝言ゲームのように、書くスピードが追い付かない子供に伝えられていく様子は、見ていてとても微笑ましかったです。

1時間ほどで、そのすべてを終了し、元気よく学校へ戻っていきました。

子どもたちの帰宅後に、少しでも「千人」での様子が夕ご飯時にでも話されるといいなぁ。。と感じます。

 

千人の「人こよみ」を10名様にプレゼント!!

日めくり一ヵ月分が1冊になった「人こよみ」。

<↑これが「人こよみ」です↑>

 

 

日々の短い言葉に

考えさせれられたり

共感したり、元気づけられたり。。。

 

そんな「人こよみ」を作りました。

 

新しい月のスタートは

再び最初のページからめくっていきます。

本日のひとことを読みながら

スタートさせる一日も良いものですよ!!

 

例えば。。。

■小さな手間を省く人のところには幸せはやってこない

■第一印象は二度と訪れない

■今日という日は残された人生の最初の日

などなど。

 

是非この機会に

”読んでみたい!!”

”見てみたい!!”

という方(先着10名様限定)にプレゼント。

 

下記宛にお電話お待ちしています。

㈱千人

☎0986-26-1000(「人こよみ」プレゼントの件とお申し出下さい。)

尚、送料は弊社負担、おひとり様1冊のお申し込みとさせて頂きます。

 

 

三股町樺山 M様邸 新築工事順調に進んでおります。①

<断熱材>

<↑床や屋根に断熱材が入りました↑>
<↑床や屋根に断熱材が入りました↑>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「断熱材」とはその内部に気体を含むことで熱を伝えにくくするものです。動かない空気の層を作ることで、外気温から建物内の熱伝導率を低くしているという仕組みです。

断熱をすることで、冷たい空気の侵入を防ぐだけではなく、暑い空気の侵入を防ぐという効果もあり、そのため、少しエアコンをかけるなどすれば、すぐに過ごしやすい環境を作ることができます。

【断熱材のメリット】

■冷暖房費の削減

■一年中、快適な室温の中での生活

■結露減少により、カビやダニの発生抑制

■内部結露の減少により、家そのものの劣化の抑制

上記以外にも防音などのメリットもあげられており、多くの快適さを感じられます。

 

 

 

 

 

 

 

<↑外観です↑>
<↑外観です↑>

 

<↑破風です↑>
<↑破風です↑>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2MGblog

 

 

 

 

 

 

 

以前のブログでも紹介していますが、破風は、「風を破る板」とあるように、もともとは屋根裏へ風の侵入を防止するためのものでした。
屋根は上から吹き付ける風に対して強い耐性を持っていますが、下や横から吹き込む風に対しては意外と脆いとも言われています。

hafuita_1

 

 

 

 

 

【破風板の主な役割】

■暴風・防水

■防火

■雨どいの下地

このように、家は様々な機能性やメリットを持ち合わせながら作られていきます。

お客様の大切な家の完成まで、現場スタッフも一丸となって、責任ある作業をすすめます。

次回は一段と完成に近づいたM様邸をどうぞお楽しみに!!